【代表コラム】経済産業省「未来の教室」とEdTech研究会のワークショップに参加してきました

2月22日、経済産業省で行われた「未来の教室」とEdTech研究会のワークショップにお呼びいただき参加してきました。
 
就学前・初等教育において、未来の「チェンジ・メイカー」を生み出すために何が必要なのか、その実現のためにEdTechはどんな可能性を与えられるのか、をテーマにひたすらディスカッションをするという場でした。
 
経済産業省 教育サービス産業室長 浅野さんからのプレゼン
今回は、4つのグループに分かれ、教育現場ど真ん中の方やEdTech事業を行っている方が混ざって熱い議論が繰り広げられていました。
僭越ながら、グループを代表して発表する機会までいただき、普段は自分の事業について考えることが多かったですが、教育業界全体の根本課題から様々な打ち手を考える貴重な経験をさせていただきました。
 
グループからの発表は以下です。
 

<就学前・初等教育に、どんな「未来の教室」が必要か>

選択肢の多様性がある、“開かれた教室”ではないか、というのがグループの総意となりました。
 

<「未来の教室」の実現に、EdTechはどんな可能性を与えるか>

実現において、大きく4つの課題があると考えました。

①現場(先生、保育士)の感覚・感・気合いに頼ってしまっている

→現状は感情論を超えた科学ができていないのではない。しかし、ノウハウや経験を言語化し、データ化することによって優秀な教育が何かを分析してエビデンスを残すことができす。
 

②教育内容が教育ステージ毎につながっていない

→例えば、幼稚園や保育園でよい教育を受けても、小学校で環境や教育方針が変われば引き継ぐことができず分断されてしまう。閉ざされてかつアナログな部分をテクノロジーを使えば、可視化し共有化することができす。
 

③指導者(先生・保育士)の能力や生産性が改善されない

→現在の働き方は余裕がなく、指導者が学び改善する環境が作れていない。また、様々な現場では新しいチャレンジがされているにもかかわらずそれが伝達されていない。業務改善はまさにテクノロジーで改善できる部分であり、空いた時間を能力開発に使うべき。
 
①~③は、あくまでも学校や指導者(=プロバイダー)側の意見であると考え、実際に教育を受ける子どもたちにとってはどうなのか、という論点で④の課題を話しました。
 

④子供にとって教育の選択肢が限られている

画一的な学習方法や学校の進学方法によって、子供ひとりひとりに合った教育環境が提供できていない。選択肢を増やすことによって、教育現場にも競争原理が生まれる。また、EdTechによる新しい学習方法の提供により、「教室」という物理的・時間的な環境から解放され、その選択肢の幅がさらに広げることができす。
 
子供が自ら選ぶことによって、その選択の良し悪しに責任を持ち、失敗したとしてもそこから学ぶチャンスが生まれる。
「チェンジ・メイカー」というのは小さくてもチャレンジすることが大事であり、そのためには「失敗してもいいじゃないか」という環境や周囲のサポートも必要。
 
※あくまでも参加者皆さんからの意見をまとめたものです。このようなテーマに様々なご意見があるので、誰がどのような意見を持っているのかは紐づけないようにさせていただいております。
 
今後、中等教育、高等教育、リカレント教育もテーマにワークショップを開催し、第2回研究会に活かされていくそうです。
 
「未来の教室」とEdTech研究会については、公開資料もあるので興味のある方はこちらからどうぞ↓

GLOBAL CROWN先生インタビュー:アイコ先生

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院に留学しました。オハイオ州にある大学で「英語教授法」と「日本語教授法」を学び、二つのマスター(修士号)を取得しました。その後ノースカロライナ州にある公立小学校で、「日本語イマージョンプログラム」の先生としてアメリカ人の子どもたちを教えました。また平日アメリカの現地校に通う日本人やハーフの子どもたちが通う、土曜日の学校「日本語補習校」でも先生をしました。アメリカから日本に帰国した翌年、今度はシンガポールで日本人小学校の先生をしました。「シンガポール英語」と「アメリカ英語」は全然違って、最初はそれこそ大きな衝撃を覚えました。でも「コミュニケーションできる英語」という意味で、多くのことを学びました。旅行でも世界中あちこちに行くのが大好きです!

どのように英語を習得しましたか?

私の場合は、耳からたくさん聞いて英語を覚えました。中学生の時には、英語の教科書の本文を全て暗記するくらいにCDを聞いていました。また当時「NHKラジオ英会話」を聞くのも大好きでした。この時の大量のインプットが、その後につながっているのだと思います。高校では「外国語科」という英語の授業がたくさんある科に入り、3年間英語漬けの日々を送りました。この時に今度は大量のアウトプットができたことも、強みになっていると思います。大学時代はESSサークルでの英語劇作りを通し、スクリプトを読んだり、発音矯正をしたりしました。海外に留学した後は、それこそ「サバイバル英語」そのものでした。英語で話さないことには、何も物事が進みませんでしたから。このような環境に身を置くことも、英語習得の一つのきっかけになったと思います。

英語を勉強していて苦労したことはありますか?

私の場合は英語が好きだったので、あまり苦労した思い出はありませんが、留学するのに必要なTOEFLの勉強はさすがに苦労しました。自分の専門以外の言葉をたくさん覚えなければいけないのと、それについての知識が必要だったので、特別な英単語を頑張って覚えたり、新聞や雑誌を読んで色々な知識を身につけたりしていました。 中学生で英語スピーチコンテストに参加した時に、ALTの先生と一緒にスピーチ練習したのを覚えています。最後にALTの先生にもらった「Good job!! Excellent!!」と書かれた英語のカードをお守りのようにして(ちなみに当時はこの意味も分かりませんでしたが)、その後の英語の勉強を乗り越えてきたように思います。また高校の時は、毎日英語でジャーナル(日記)を書き、ALTの先生に見てもらっていました。このノートを提出しに行く時にALTの先生と英語で話せることや、日記のコメントがすごく嬉しかったのを覚えています。英語の勉強を乗り越えられたのも、このような経験を通して「相手に分かってもらえた!」「通じて嬉しい!」という気持ちがあったからだと思います。

英語を話せて良かった良かったエピソードを教えてください

世界中のたくさんの人と話をできるツールをもてることです。アメリカの小学校で働いていた時、同僚の先生たちは日本人も含め世界中から来た外国人の先生たちでした。それぞれ自分の母語をもっていますが、私たちが共通語として使うのはもちろん英語。英語を話せるから、共に考え色々話し合うことができました。これはシンガポールでも同じことでした。シンガポールにも、世界中からたくさんの人たちがやって来て暮らしていましたし、色々な民族がいました。でも公用語として使われるのは英語。英語が話せると、英語のネイティブだけではなく、世界中の色々な人たちとコミュニケーションをとることができます。また私は内閣府の青年国際交流事業「世界青年の船」に参加し、「東南アジア青年の船」にも関わりました。東南アジア、そして世界各国の青年たちと船上で生活を共にし、ディスカッションや文化交流を通して、よりよい社会を目指すリーダーを育成するプログラムです。英語を話せることでこのような事業にも関わり、世界とのネットワークを広げることができました。

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

まず何よりGLOBAL CROWNのビジョンに賛同したからです。英語はこれから必ず必要になってきますが、小さい頃からこのように英語に触れる機会があるのは、本当に素晴らしいことだと思います。また私はこれまで、日本人も外国人も対象に色々な国(日本、アメリカ、シンガポール)で、幼稚園生から社会人まで、外国語としての英語、外国語としての日本語、日本の教科、アメリカの教科を教えることをしてきました。これまでの豊富な外国語教授経験と、学校現場やチューターで子どもたちに教えてきた経験、そして自分が習得してきた大好きな英語を、このCLOBAL CROWNでも活かせると思ったからです。これからも多くの子どもたちと関わり、「英語が楽しい!」と思える生徒たちを増やしていきたいです。

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

生徒たちが「できた!」「分かった!」と目を輝かせる瞬間です。これが何よりの先生冥利に尽きます。自分のレッスンを通して、生徒が成長していくのを見ることはとても興味深いです。また自分自身も、教えることを通して成長することができます。「もっとこうしたらどうだろう?」「次はこんなふうにしてみよう!」とレッスンに工夫や改善を加え、ブラッシュアップしていくことができるのも、先生のやりがいだと思います。人として、誰かに(しかも未来を担う若い子どもたちに)影響を与えることができることは本当に素敵なことです。私はもともと子どもたちには力があると信じているので、その力をうまく引き出すことができた時、自分自身も嬉しくなります。実際の子どもたちや保護者の方からのあたたかいコメントやフィードバックに支え、励まされることもたくさんあります。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

限られたレッスン時間の中で、とにかくしっかりインプットをして、さらに大事なのは生徒からのアウトプットをたくさん引き出すことです。先生が教えることにプラスして、生徒自身が「もっと知りたい、分かるようになりたい、話せるようになりたい、できるようになりたい」と思い、英語をアウトプットする機会がたくさんあることが重要だと思います。なのでレッスンでは、できるだけ生徒にたくさん英語で話してもらうよう意識しています。また褒めることの効果も絶大なので、英語でも日本語でもたくさんの誉め言葉をストックしています。その場その場に応じてこれらを使い、すぐにフィードバックすることを心掛けています。オンライン上だとなかなか伝わりにくいこともあるので、生徒の目を見て笑顔で大げさに褒めたり、顔の表情や手の動きのジェスチャーを大きくしたり、声の抑揚をつけたりなどの工夫もしています。

これから英語を始める子供たちにメッセージをお願いします!

英語が話せるようになったら、楽しいことがいっぱい待っています。世界がどんどん広がります。そしてこのGLOBAL CROWNで、魅力いっぱいの先生たちがあなたたちのことを待っていますよ。さあ、自分の可能性を信じて、英語の世界に飛び込んで来てください。あなたたちの可能性は無限大です。ワクワクする毎日を、もっとワクワクに! キラキラする自分を、もっとキラキラに! みなさんと楽しいレッスンで会えるのを楽しみにしています。

 

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

■アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。

旺文社の教材を用いた英検(R)4級レッスンを提供開始!

本日、旺文社が出版する「英検(R)5級総合対策教本」を教材に用いた英検(R)5級レッスンの提供に続き、「英検(R)4級総合対策教本」を教材に用いた英検(R)4級レッスンの提供を開始いたしました。

英検(R)4級レッスンでは、オンライン英会話レッスンで行う「話す」「聞く」力だけでなく、英検(R)4級対策の問題に触れることで「読む」「書く」を含めた「4技能」を学ぶことができます。『GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)』では2020年の英語教育改革を見据えて、小学生のうちから英語の「4技能」を身に着けていくことを目指します。

■英検(R)4級レッスンの内容

子どものレベルに合わせて日本語でもフォローができるバイリンガル講師がマンツーマンでレッスンを担当します。レッスンでは「英検(R)4級総合対策教本」をスマートフォンやタブレットの画面に表示しながら練習問題を進めていきます。

練習問題では「読む」「書く」練習だけでなく、バイリンガル講師と一緒にネイティブな発音練習や、リスニング練習など「話す」「聞く」練習も行います。

また、練習問題で習ったフレーズを実際に日常生活でも話すことができるように会話練習を行います。

■英検(R)4級レッスンおすすめ年齢

小学校3年生~中学3年生

■英検(R)4級レッスンチケット金額(税込)

1回チケット :2,500円

4回チケット :9,200円

8回チケット :17,200円

12回チケット:24,000円

※チケットの有効期限:購入から60日以内

※入会金なし、教材費含む

■チケット申込み方法

https://www.global-crown.com/lp/campaign/eiken

無料体験レッスン申込みより会員登録後、専用アプリよりチケット申込みが可能です。

※無料体験レッスンの内容は通常レッスンです。英検(R)4級レッスンをご希望の方もご利用いただけます。

■受講生の声

英検(R)5級レッスンでは「英語をどんどん覚えていける」という生徒の声や、「課題がはっきりして自宅での復習をしやすい」「子どもがレッスンについていけなくなったときに、先生がぬいぐるみと日本語でうまくフォローしてくれた」という保護者の声が届いています。

英検(R)4級レッスンでも、生徒一人ひとりに寄り添い目標達成のためのサポートを行っていきます。

※英検(R)は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

株式会社ハグカムでは、「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」を通じて、子どもたちの新しい学びの機会を提供するとともに、会社のビジョンである『子どもの「できた!」を育む。』の実現へ邁進いたします。

GLOBAL CROWNアプリ紹介

GLOBAL CROWNのレッスンでは専用のアプリを使います。

※2018年2月時点では、iOSアプリのみとなります。Androidアプリは鋭意開発中です。もう少々お待ちください!

Skypeや他社のビデオツールを使わないので、「事前の設定がいらず、レッスンを始めるのが簡単」「知らない先生にIDを教えなくて良いので安心」と保護者の方から評価をいただいております。

そんなGLOBAL CROWNのアプリではレッスン以外にも使える機能をご用意しています^^一体どんな内容になっているのか、ご紹介いたします!

 

■マイページ

マイページは生徒が楽しく操作できるようカラフルな画面になっています。

左に表示されているのが次回のレッスンを担当する先生です。時間になったら「レッスンをはじめる」ボタンを押して先生とのレッスンを始めましょう!

 

■レッスン記録

左上にあるノートのアイコンを押すと、レッスン記録を確認することができます。

毎回レッスンが終わると担当の先生がレッスンで使ったワードやフレーズ、生徒へのメッセージを書いてくれます!レッスン記録が届くと、ノートのアイコンに印がつくので、ぜひ確認してみてください。次回のレッスンまでに出された宿題も、こちらから確認できます。

 

■復習コンテンツ

レッスンの時間以外は「ふくしゅうする」ボタンから、ワードやフレーズの復習をすることができます!ワードでは、これまでレッスンで練習した回数も確認できるので保護者の方も一緒に復習するときにも便利です^^

 

 

■レッスン評価画面

レッスンの最後に、先生へ評価とメッセージを記入することができます!生徒が直接メッセージを記入してくれることも多くあります^^また、レッスンへの評価や運営へコメントを記入することができるので、ご要望があればすぐにお送りいただくことが可能です。

 

また、右上のメニューには「保護者の方」向けの機能を揃えています。

・レッスン予定の確認、振替、お休みの連絡

・レッスン予約(無料体験やチケットをご利用の場合)

・入会申込み

・お問い合わせ

・レッスン時間お知らせメール設定

 

そして!更に生徒が楽しくレッスンが続けられる新機能が追加されました!

→詳しくはこちら「生徒のやる気を引き出すアプリ新機能リリース」

 

アプリで簡単に始めて、楽しく続けられるGLOBAL CROWNの英会話レッスンをぜひお試しください。

生徒のやる気を引き出す新機能がリリースされました!

2018年2月17日より待望の新機能がリリースします!

GLOBAL CROWN専用アプリのマイページを開くと…

「あつめたバッジをみにいく!」と「うみのいきものをみにいく!」のボタンが新しく追加されています♪

 

■「あつめたバッジをみにいく!」って?

GLOBAL CROWNでは、生徒の英会話レベルを21段階に分けており、習熟度にあわせてレベルアップしていく仕組みがあります。「あつめたバッジをみにいく!」では、レベル到達ごとにもらえるバッチを確認することができます!

レベル達成をしてバッチがもらえるときには、アプリに紙吹雪が舞ってお祝いムードです^^

 

マイページにある「あつめたバッジをみにいく!」を押すと、これまで集めたバッジのコレクションを見ることができます。

次にもらえるバッジはどんな形だろう?とレベルアップを目指しレッスンや先生から出される宿題へのモチベーションを保つサポートをします。

 

■「うみのいきものをみにいく!」って?

GLOBAL CROWNのレッスンでは毎回同じ先生ではなく、複数の先生とレッスンをして英語でコミュニケーションをとることができます。「初めまして」のコミュニケーションを多くの先生と繰り返していくことで、英語の習得はもちろん英語を使って話す度胸がついていきます!

先生は生徒の性格や他の先生との頻度を調整しながら組まれていきます。

アプリでは7人の先生とレッスンをするごとに、水槽に海の生き物が出現します。マイページの「うみのいきものをみにいく!」を押すと水槽を見ることができます。

少しずつ水槽が賑やかになっていくので、先生と出会うのがより一層楽しみになりますね^^

 

さらに!

■レッスン回数カウント

レッスン5回ごとにアプリに紙吹雪が舞います!

レッスンをするたびにわくわくできる機能でモチベーションを保ちながらレッスンを続けることができます!

 

先生とのレッスン中だけでなく、アプリの機能でも生徒のやる気を引き出して英語をもっと好きに、楽しく続けていけるよう、これからもサポートしてまいります。

GLOBAL CROWN先生インタビュー:キョウコ先生

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

私の海外デビューは、小学6年生の夏休みに参加した2週間のイギリスでのホームステイでした。家族全員海外渡航経験がなく、英語もまったくしゃべれない私が一人でイギリスに行ったことは、今となっては自分でも驚きですが、そのとき見たバッキンガム宮殿の壮大な雰囲気、英語ができないなりにホストファミリーとジェスチャーでがんばって会話したこと、などは鮮明に覚えています。大学卒業後、オーストラリアのメルボルンに一年間ワーキングホリデービザで滞在していました。大学卒業後すぐに渡航したため、資金があまりなかったこともあり、現地では語学学校に通えませんでした。しかし語学学校に通えない分、家探しや仕事探しの際はエージェントに頼らずにネイティブがいる環境でがんばろうと思い、オーストラリア人の女の子2人とハウスシェアをしたり、オーストラリア人経営のカフェで働いたりすることができました。現在はドイツに住んでおり、滞在2年目です。

どのように英語を習得しましたか?

高校生までは読み書き中心の英語しか勉強していなかったので、大学に入学してからは、様々な国から来る交換留学生と英語で会話をするように努めました。しゃべれるようになりたいという気持ちが強かったので、読み書きはひとまず置いといて、ひたすら英語で会話することに集中しました。高校時代からスピーキングテストは点数が高い方でしたが、自分の好きな海外ドラマや洋画を英語字幕を付けて見たり、シャドーイング(台詞を真似して言う)したりすることで発音により磨きをかけました。その甲斐あってか、荒削りではありましたが、ある程度英語で日常会話をすることができた状態でオーストラリアへ渡航することができました。

英語を勉強していて苦労したことはありますか?

高校卒業するまで、英語は大学に合格するために勉強するものだったので、いざ大学に入って英語で会話しようとすると言葉が全然出てこなくて悔しい思いをしました。受験英語のやり方を引きずったまま凝り固まった考え方で英語を話そうとするあまり、文法や単語はわかっているのになかなか出てこない時期が続きました。しかし交換留学生たちの英語をよく聞いてみると、出身国によってアクセントや発音の違いがあったり、少々文法のミスがあったりしていて、頭で考えるのをやめて口からどんどん出していくように努めました。とにかく間違えることを恐れずに会話を楽しむことを重視しました。オーストラリアに行ってからも、独特のオーストラリア訛りやネイティブが使うイディオムに苦戦しましたが、わかったふりをしないでシェアメイトにどんどん聞いて自分で使えるようにしていきました。私の場合は、しゃべれないことが恥ずかしいという気持ちを捨ててから格段に英語力が上がったと思います。

英語を話せて良かったエピソードを教えてください

オーストラリアにいたときよりも、ドイツに来てからのほうが英語が話せてよかったと感じることは多いです。オーストラリアでは、すべての注意書きや説明はもちろん英語で書いてあり、英語でどう言えばいいのかわからないときも英語の読み書きに頼って乗り越えられた経験は多々ありました。しかし、私はドイツ語が何もできない状態でドイツに住むことになったので、スーパーに行っても野菜や果物の名前が読めずに値段がわからなかったり、電車の遅延や乗り換えの変更情報が読めなくて間違ったホームで待っていたりしたこともありました。そんな時にドイツ人に英語で話しかけると多くの人が気さくに英語で答えてくれて、書かれているドイツ語を英語に通訳してくれたり、それがきっかけで仲良くなれたりすることもありました。オーストラリアにいた時のように読み書きに頼れなくなった今だからこそ、英語が話せるメリットを痛感しています。

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

昔から英語を使った職業に就きたいという気持ちは大きく、大学で英語講師のアルバイトを経験して英語を教えることの楽しさを知りました。当時は受験生を対象にセンター試験対策など読み書き中心の英語を教えていました。しかし、オーストラリアやドイツでの海外生活が長引くにつれて会話中心の英語を教えてみたいという気持ちが強くなりました。ドイツに住んでいることもあり、ドイツ語ができないと英語講師として働くことはできなかったので、諦めかけていましたが、どこに住んでいてもオンラインで英語が教えられるというGLOBAL CROWNを見つけて先生を始めることを決めました。また、レッスンがある時間帯は時差の関係でドイツは朝なので、ドイツ語の語学学校に通っている私にとって働く時間を選べるところも魅力の一つでした。

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

「楽しくて20分間があっという間だった!」「また先生とレッスンしたいな」など子どもたちからメッセージをもらえるととても嬉しくて、もっと楽しいレッスンにしようという気持ちになります。最初は一つの英文を区切りながらゆっくりリピートしてもらっていたのが、次のレッスンではリピートもなしで、ひといきでさらっと言えるようになっていたりするので、子どもたちのポテンシャルの高さに驚かされることも多々あります。前のレッスンでは難しかったことが、次のレッスンではできるようになっている成長を一人一人見られることも私のやりがいの一つです。また、ドイツに住んでいることで英語という言葉のレッスンだけではなく、日本と違う文化や習慣に興味を持ってもらえることもとても嬉しいです。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

英語の勉強や授業という堅いイメージではなく、子どもたちが英語で会話を楽しめるようなレッスンづくりを意識しています。たとえば、英語を使ったゲームで点数を競ったり、子どもたちの好きなことや今流行っていることなどを聞いて、それらをレッスンに取り入れてみたりしています。英語は会話のツールのひとつなので、いつも友達や家族と日本語で話しているような身近なことを英語で話してみるつもりでレッスンをすすめています。あとは、子どもたちにも「どっちをやりたい?」「どれが好き?」というようにその日にやってみたい単語や英語のゲームを選んでもらうことで、私一人でレッスンをつくっていくのではなく、子どもたちと協力してつくりあげていけるようなレッスンを心がけています。

これから英語を始める子供たちにメッセージをお願いします!

英語はとっても難しい!英語がしゃべれないから外国人に話しかけられると困る!今となっては英語の先生として働いている私もそんな風に思ったことが何度もあります。でも、英語をちょっと話せるようになるとアメリカやイギリスだけじゃなくて世界中の人とおしゃべりができて、日本では見られないいろいろなニュースや今まで知らなかった他の国の文化を知ることができます。英語はどんな国に行っても通じる魔法の言葉なので、一緒に魔法の言葉を使ってお話ししてみましょう!!

 

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

■アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。

【代表コラム】新学年になる前に英会話をスタートすべき3つの話

こんにちは、株式会社ハグカム代表の道村です。

新学年に向けて習い事を見直している方が多い時期です。GLOBAL CROWNを体験している生徒の保護者の方からも毎日多くのお問い合わせをいただいています。

 

お問い合わせいただいた中から、新学年になる前に英会話をご検討する上で参考になりそうなお話を3つご紹介いたします。

 

Q:小学1年生の息子と一緒に、今年の夏に親子で語学留学に行きたいと考えています。今から始めて半年でどれぐらいレベルアップしそうですか?

こちらの生徒は、家の近くの英会話教室に2年近く通ったものの、会話力のレベルアップにはならなかったそうです。しっかりと会話の練習をするためにマンツーマンかつレッスンの頻度を上げられるGLOBAL CROWNを検討いただいています。

GLOBAL CROWNでは、生徒ひとりひとりの英会話レベルを成長マップでチェックしています。毎回のレッスンで先生がレベル判定をし、月に1回、総合的に判断してレベルが上がっていきます。

■成長マップ(例)

成長マップでは、

・「過去のレベルの到達履歴」 または 「過去のレベルをいつ達成したのか」
・「今のレベル」 または 「現在のレベルがどこか」

をアプリから確認できるようになっています。

 

ご相談いただいていた生徒は小学校1年生。GLOBAL CROWNの無料体験レッスン2回を終えて、

レベル3「名前・年齢・天気が言える」

に判定されています。

 

留学先で出会った相手と、簡単な質問のやりとりをするためには、相手に質問するというスキルを身に着ける必要があるので、

レベル7「相手にLv6までの質問ができる」

まで頑張ってレベルアップしたいですね。

 

半年間でレベル4つアップなので、できれば週4回コース、少なくとも週3回コースを選択していただきたいです。

(本人の性格にもよりますが)小学校1年生なので集中力には多少のバラつきが出てきます。毎回のレッスン後に先生から出される宿題をしっかりと復習していただき、ご自宅でもレッスンに集中できるようにサポートをしていただければ半年間での上達も可能です!

 

続いてのお問い合わせです。

Q:6歳の娘ですが、最近英語に興味を持ち始めました。きりよく小学校に入学した後の4月からスタートしようか迷っています。

子供の興味が出たのはいい傾向ですね!興味関心が出たタイミングでスタートできれば英語を好きになり、吸収するスピードも速くなります。

また、時期を逃すと他のことに子供の興味が移ってしまう可能性もあるので、できれば早くスタートすることをお勧めします。

特に、「4月から…」と思っていると、新生活になってお友達と遊びたくなったり、他のことへ興味がいってしまったり、習慣化することが困難になります。

英会話は習慣化が非常に大事です。今のうちからレッスンに慣れておくことで、4月以降もスムーズに続けることができますよ。

GLOBAL CROWNでは、毎月コースや曜日・時間の変更が可能です。

英会話に慣れる、英語を楽しんでほしい、という目的なら週2回コースでゆっくり始めてみるのもおすすめです。次第に「もっと先生とお話ししたい!」となったら頻度を増やしてみてください。

 

3つ目のお問い合わせです。

Q:4月で小学校3年生になる息子がいます。3年生から学校で英語の授業が始まるようです。これまで英会話を全くやってきませんでしたが大丈夫でしょうか?

お問い合わせいただいた生徒のレベルは、まだ果物や色などの簡単な英単語が分かる程度です。

小学校で行われる英語の授業は「外国語活動」と呼ばれていて、ALTの先生による「聞く」「話す」を中心とした授業です。

”こんにちは”、”初めまして”、”名前は何ですか?”などの会話を多く使うので、英単語を少し知っていてもあまり役に立ちません。それどころか、いきなり外国人の先生に英語で話しかけられて英語に対して苦手意識を持つ子供も多いです。

さらに、これまでに英語の勉強をしていた同い年のお友達も少なくありません。「友達は英語ができるのに自分はできない…」と子供ながらにショックを受けて自信をなくしてしまいます。

こうなると英会話はマイナスからのスタートになるので大変です!

実は、GLOBAL CROWNには英語に対して苦手意識を持ってしまったという生徒も多く入会しています。

選ばれる理由は、マンツーマンで生徒に合わせたスピードで進められることや、いざとなったら日本語フォローができるバイリンガル講師によるレッスンのため、安心してレッスンを進めることができるからです。また、少しでもできたことはしっかりと褒めてもらえるのでどんどん自信がついて、英語を積極的に学んでいくようになりまます。

ご相談いただいた生徒は英単語を少し知っている程度、先ほどの成長マップのレベル2「好きなものの英単語がわかる」です。

2月後半からスタートできれば新学期まで1ヶ月半あります。しっかりレッスンができればレベル3「名前・年齢・天気が言える」まで確実に到達できます!新学年になる前にレベルアップしておきましょう。

 

 

GLOBAL CROWNでは、生徒ひとりひとりのご要望に合わせてレッスンを行うことができます。

「英語が苦手なので、たくさん褒めてまずは英語を好きにさせてほしい」

「恥ずかしがり屋なので、英語の質問のあと、答えるまで少し間を開けてほしい」

「ヒアリングはできるので、全部英語でレッスンをしてほしい」

などなど、レッスン内容についてお困りのことやご希望があればぜひ運営事務局にお問い合わせくださいませ!

GLOBAL CROWN先生インタビュー:イブキ先生

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

インド(小1-4 7~10歳) 日本人学校がない地域のため、平日はインターナショナルスクールにて英語で授業を受け、土曜日だけ補習校にて日本語で国語と算数を学んでました。インターナショナルスクールに転校したことが私の英語を学ぶきっかけとなりました。課外活動としてボリウッドダンスや乗馬に励んでいました。 タイ(中1-高3 13~18歳) 二度目の赴任の上、すでに英語を学んでいたためインターナショナルスクールへの転校を決めました。高2、高3はIBの授業を受けていました。小学生の頃から続けていた合唱を継続したく選択授業で合唱を取ったり、合唱クラブに入ったりもしました。また、学校で半年に1回行われる舞台プロダクションでヘアスプレーというミュージカルに挑戦しました。舞台に携わることが好きで、音響照明クラブに所属し副代表を務め、舞台裏の管理、舞台への小道具の出し入れ、音響照明の管理、舞台マネージャーをしていました。

どのように英語を習得しましたか?

在籍したインターナショナルスクールにてEnglish as a Second Language class (ESL)が提供されていたので、他の英語を母語としないクラスメートたちと英語の習得に励みました。また学校の授業だけでは足りないと思い、英語のチューターのレッスンを学校後に週1程度で受けていました。インターナショナルスクールに通っていたため、授業が英語である上、クラスメートも英語で会話をしているので、自然と毎日英語を聞く環境にいるようになりました。そのおかげもあり、耳からネイティヴの発音を聞き、聞きよう聞きまね(見よう見まね)で自らクラスメートの輪に入り頑張って話すようになり徐々に英語を習得しました。10~13歳の間は日本で公立校に通ったため英語に触れる機会も減り、少しずつ英語を忘れてしまい、タイに引っ越した時には会話がとてもぎこちなかったです。前なら自然と出てきたのにというフレーズも時間をかけて考えないと出て来ず、とっさの対応ができなくてとても悲しかったですが、半年もインターナショナルスクールの授業を受け、慣れてきたら元々の会話力を取り戻し、また、学校の授業にて中学生レベルの英語を習得するようになりました。

英語を勉強していて苦労したことはありますか?

一番苦労したことは「思ったことを表現できない」という壁です。「こう言いたいのに!」「そう言いたかったわけではないのに!」と、どうしても伝えきれない時は本当に悔しかったです。また、rの発音だったり、日本語にはない発音は難しいです。やっと英語を学び始めて10年以上経ち、聞いたり話したりするうえでネイティヴに近づいているのかなと思いますが、NHK worldのキャスターの発音を聞くとまだまだだなと思います。私が自分の思いを伝えられない壁と、発音においての困難は「英語を嫌いにならない!」ことをモットーに、達成できないことは途中で諦めてしまったり、できないことはやめたりしがちですが、毎日少しずつ向き合いました。クラスメートとの会話で自分の思いを伝えられないことは本当に悔しかったのですが、いつか言えるようにと、話す前に「聞くこと」を重視しました。7歳と小さいこともあり、想像力も豊かなおかげか、聞いたりその人を見ているだけでなんとなく言っていることがわかっている気でいました。(実際正しかったのかわかりませんが。)そこで、クラスメートたちが言っている言葉を覚え、自分も使うようになり、徐々に慣れていき、表現と発音両方耳から覚えたと思います。

英語を話せて良かった良かったエピソードを教えてください

英語を話せてよかったエピソードはいくつかあります。1つ目に外国人の友達ができたということです。インターナショナルスクールに通っていたので多国籍の人が在籍しているのは当たり前なのですが、その人たちとコミュニケーションを取るには英語が必要不可欠でした。英語を話せるようになったからこそ、日本人の友達と会話するように、他の言語を話す人とも会話することができ、週末には一緒に映画を見に行ったり、買い物に行ったりするようになりました。様々な国籍の友達ができたことにより、それぞれの国の文化だったり、お祭りなどの祝い事、食べ物を学ぶことができ、経験もしました。イスラエル人の友達の家に招待されユダヤ教の行事ハヌカーのお祝いをしたり、韓国人の友達の家で韓国寿司のキンパやチジミをよばれたこともあります。このように多文化に触れられた経験は私の中でとても大切な思い出で、大学受験においても武器になりました。2つ目に情報源が増えたということです。日本語しか知らないと、新聞も日本語で読み、ラジオも日本語で聞き、テレビや映画も日本語で見ます。しかしそれだと日本からの視点のみになってしまいます。どうしても、言語は訳すとニュアンスの違いで小さなことが伝えられなくなってしまいます。また、歴史的な話はどうしても国の主観が入ってしまい、情報の伝えられ方が異なってきます。印象的だったのは、高校生の頃第二次世界大戦について社会の授業で学んだことを母に伝えると、母は「日本ではそのように学ばないよ」と言いました。とても衝撃的でした。同じ歴史的出来事について語っているはずなのに、教えられている事実は異なっていました。他の言語も話せたら尚いいのでしょうが、私は大学の課題に取り組む際、トピックにもよりますが、日本語でも英語でも資料を読むこともあります。そこで、違う意見や情報もあり、新しい発見を見つけられることができます。言語は「情報収集」に強みをもたらしてくれたと思っています。

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

小学校6年生の頃の夢が英語の先生になることでした。大学では教育学専攻ではないので、英語の先生になることはきっとないのですが、バイトであれば私の夢を叶えることができると思いました。高校では日本人生徒に日本語や日本文化を忘れないでほしいと継承日本語活動に携わっていました。また、大学に入学したばかりで曜日固定のバイトをするのは不安で、家で空いている時間に気軽に仕事ができるというGLOBAL CROWNは私にぴったりだと思い応募しました。私は習い事で英語を学んだわけではなく、学校での授業が英語だったため必然的に学びましたが、英語を習得したことに後悔はなく、むしろ今話せてとても嬉しく思っているので、そんな嬉しさ、英語が話せて外国人と話すことができる楽しさ、また、海外旅行に行っても空港などであれば使える言語を教えてあげたいと思い、GLOBAL CROWNの先生を始めました。

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じる時はいくつかあります。1つ目はレッスン後に生徒もしくは生徒の親御さんからシステムを通していただける評価コメントです。評価コメントにて「今日は楽しかった!」や「ハキハキしていてリピートしやすそうでした!」などと言ってもらえるとやりがいを感じます。英語を学ぶことが「楽しい」と思ってもらえたら少しでも長く継続してくれるかなと思っています。2つ目はレッスン中の生徒の楽しそうな姿です。ゲームやシチュエーションのレッスンをすると生徒は実際英語を使えているみたいで楽しそうです。「日常会話で使えそうなフレーズを家で使ってみてね」と言うと「使ってみる!」と元気に言ってくれるとやりがいを感じます。3つ目は最後にレッスンをしてからしばらく経った生徒と再度レッスンした際、発音が上手になっていたり、言えるフレーズが増えていることを実感した時です。自分だけでなく、もちろん他の先生も担当したからこそ英語を習得できたのですが、少しでもその英語を学ぶ過程において貢献できたと思うともっと頑張ろうと思えます。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

生徒とレッスンするときに意識することは英語を学ぶことを義務と思わせないことです。あくまでも「楽しく学ぶ」ものだと感じていてほしいです。当てっこするゲームだったり、絵の中で宝探しかのように探すゲームを通して遊び感覚で学んだり、観光局と地元の人との道案内、店員と客との店でのやりとりなど実際ありえるシチュエーションを生徒に考えてもらって使えるフレーズをたくさん吸収できるよう、全てのフレーズを1回で覚えられなくても複数1レッスン中に紹介し、レッスン回数を重ねすべて覚えられるようになってほしいと思っています。また、GLOBAL CROWNのレッスンは20分とよくある英語レッスンと比べて非常に短いので、いかにその20分に充実して満足できる英語レッスンを提供できるかを考えています。20分でも集中力が持たない子供もいるので、カード、ゲーム、フレーズとテンポよくレッスンすることを心がけています。

これから英語を始める子供たちにメッセージをお願いします!

学校で英語を学ぶとどうしても「文法重視」のレッスンになると思います。だけど、GLOBAL CROWNはビデオ通話を用いる遠隔授業であることもあり、「会話力」を重視しています。「文法がわからないから、英語が嫌い。」とは思って欲しくないです。英語の先生とのコミュニケーション、街中で外国人に道を聞かれたとき、自分が外国へ旅行に行きどうしても何かを尋ねないといけないとき、そんな時は正しい文法で話せているかはあまり関係ないと思います。必要なのは、「聞き取る力」、そして「話す力」。必要な単語やフレーズを知っていれば、文法が正しくなくとも伝わります。また、聞き取ることができれば、相手が話す文章を覚えることができます。そうすると自然と語順を学ぶことができ、文法の習得にもつながります。たくさん聞いて、たくさん話して、英語を自分のものにしてほしいです。Let’s have fun with English together! Good luck!

 

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

■アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。

GLOBAL CROWN先生インタビュー:マナ先生

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

海外経験は約6年でカリフォルニアとハワイで大学に通っていました!カリフォルニアもハワイも日本人留学生がとっても多い場所なので日本人の友達作りは控えて出来るだけ英語のネイティブスピーカーと時間を過ごすように心がけていました!留学前にしっかりと英会話力を上げてから渡米したので初めのESLに入っても12レベル中、1番上のクラスに入ることが出来、すぐに他のアメリカ人学生にまじって同じようにクラスを取っていました!大学からは成績優秀者に送られる授業料免除も頂くことが出来ました!余暇はフラやサーフィン、ボディーボードなどをして楽しみました!忘れられない学生生活になりました!

どのように英語を習得しましたか?

英会話教室に通ったこともありますが、子供の頃から両親が英語の歌を家の中で頻繁に流していてくれたり、毎週末映画館に連れて行ってくれて英語の映画を見せてくれたので自然に英語に興味を持ちました! 両親は英語が話せないのですが、絵本も英語のCDをかけてくれたり、親戚が国際結婚していたりと英語に触れる機会がたくさんあったので、日本人訛りがほぼないキレイな英語を話せるようになりました!

英語を勉強していて苦労したことはありますか?

英語を数年習っていてぶつかるのは、自分の言いたい事はある程度言えるようになっても、相手が言っていることがわからないというものがあります。この問題を乗り越えるのに必要な訓練がシャドーイングです。検索するとすぐに意味が出てくるのですが、要するにネイティブの発音を聞いて同じように繰り返す、音読するのです。そして自分の声を録音してネイティブとどう違うのか聞き比べてみる。この地道な作業を1日10分でもいいから毎日やっていました。そして洋楽や洋画をたくさん見て英語のシャワーを浴びつづけ英語脳を作ることです。これは子供のころから始めるのに超したことはないと思います。

英語を話せて良かった良かったエピソードを教えてください

数えきれないほどあります。世界中に友達が出来るということ。また様々な国を旅行しました英語が話せるおかげ楽しみが広がり、文化や歴史を知る面でも日本語で書かれた情報だけでなく英語で様々な国の人が書いた記事だったり書籍だったりを読むことが出来るので得られる情報量の違いはケタ違いだと思います。選択肢が広がり私的な事ですが国際結婚の機会にも恵まれました!

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

塾の英語講師もやっているのですが会話する楽しみを子供たちに知ってほしい!という強い気持ちと、子供たちが将来学生生活の中で何かの壁にぶつかった時、例えばそれがいじめだってり、受験失敗だったり、進学問題であってり、英語が話せる事により別の世界を見せてあげる事が出来る、違う選択肢、(例えば留学であったり)をとらせてあげる事が出来ると思うんです。そのお手伝いが出来たらと思いGLOBAL CROWNで先生をやらせて頂いています!

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

「楽しくて20分間があっという間だった!」「また先生とレッスンしたいな」など子どもたちからメッセージをもらえるととても嬉しくて、もっと楽しいレッスンにしようという気持ちになります。最初は一つの英文を区切りながらゆっくりリピートしてもらっていたのが、次のレッスンではリピートもなしで、ひといきでさらっと言えるようになっていたりするので、子どもたちのポテンシャルの高さに驚かされることも多々あります。前のレッスンでは難しかったことが、次のレッスンではできるようになっている成長を一人一人見られることも私のやりがいの一つです。また、ドイツに住んでいることで英語という言葉のレッスンだけではなく、日本と違う文化や習慣に興味を持ってもらえることもとても嬉しいです。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

英語の勉強や授業という堅いイメージではなく、子どもたちが英語で会話を楽しめるようなレッスンづくりを意識しています。たとえば、英語を使ったゲームで点数を競ったり、子どもたちの好きなことや今流行っていることなどを聞いて、それらをレッスンに取り入れてみたりしています。英語は会話のツールのひとつなので、いつも友達や家族と日本語で話しているような身近なことを英語で話してみるつもりでレッスンをすすめています。あとは、子どもたちにも「どっちをやりたい?」「どれが好き?」というようにその日にやってみたい単語や英語のゲームを選んでもらうことで、私一人でレッスンをつくっていくのではなく、子どもたちと協力してつくりあげていけるようなレッスンを心がけています。

これから英語を始める子供たちにメッセージをお願いします!

英語はとっても難しい!英語がしゃべれないから外国人に話しかけられると困る!今となっては英語の先生として働いている私もそんな風に思ったことが何度もあります。でも、英語をちょっと話せるようになるとアメリカやイギリスだけじゃなくて世界中の人とおしゃべりができて、日本では見られないいろいろなニュースや今まで知らなかった他の国の文化を知ることができます。英語はどんな国に行っても通じる魔法の言葉なので、一緒に魔法の言葉を使ってお話ししてみましょう!!

 

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

■アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。

GLOBAL CROWN先生インタビュー:ルナ先生

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

カナダでの生活2年間は高校生としてホストファミリーと過ごしながら現地の高校に通っていました。現在はアメリカの大学に進学し、インテリアデザイナーになるために日々勉強をしています。 英語に触れるのは学校だけでなくステイ先の家族や友達との会話はもちろん、ベビーシッター、ボランティア活動もしています。

どのように英語を習得しましたか?

私は長いこと机に向かって勉強することが苦手です。そんな私が現在まで話せるようになった、エッセイがかけるようになった、文法が改善された理由はただ1つ。私は日本語のみを話していた時からおしゃべりが大好きでどこの国に行っても「ルナの口が閉まる(静かになる)ことってあるの?」と言われるほどひたすらおしゃべりをしていました。すると留学1年目にして私の英語力に大きな変化があったと先生から告げられました。確かに言われてみれば自分の言いたいこと(口論)が言えるようになったし、話すスピードも違う、なんなら英語で口癖もできていたので自分でも驚きました。 私はそんな個人的な楽とも言える勉強法を約4年間、大学の英語の授業に加えて続けています。

 

英語を話せて良かった良かったエピソードを教えてください

英語が話せてよかったと思ったのは英語が話せたおかげで、ブラジル、メキシコ、カナダ、アメリカ、フィリピン、ドイツ、中国、韓国など各国の人と友達になれました。
他には英語を母国語として話す話さない関係なく海外に留学、旅行に行った時にひとまず英語が話せればなんとかなってきたことです。経由時にアメリカの空港で迷ったこと、カナダの入国審査の用紙記入を誤り入国するのに3時間かかって1人で不安だったこと、飛行機に乗り遅れてしまったこと、荷物が航空会社の手違いで行方不明になったこと、海外でバスの乗り方がわからなくて迷子寸前だったこと、色々ありましたが英語が話せたおかげで全て乗り越えルことができました。

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

私は幼稚園(2歳から)日本のインターナショナルに通い、小学校6年生まで英会話と塾に通っていました。GLOBAL CROWNの生徒さんのように幼い頃から英語に触れてきたというのもあり生徒さんに対して親近感が湧きました。幼い時の記憶はあまり残らないことが多いとは思いますが、発音(舌)やリスニング(耳)のように記憶としてではなく体で覚えているものはいつになっても覚えているということを自ら実感し、それが大きく今の私の英語への興味、実力へと繋がっていることを知りました。なので私と同じスタートラインに立っているGLOBAL CROWNの生徒さん達の将来「英語やっててよかった」のためにお手伝いがしたいと思いました。

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

生徒さんが私のことを覚えていてくれたり、もう時間だと伝えると「あっという間だった」「楽しかった」と言ってもらえた時、それと生徒さん本人からはもちろんたまにいただける親御さんからのコメントでお褒めになって頂いた時のように目に見える楽しんでいる生徒さんを見るととてもやりがいを感じます。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

できるだけ生徒さんの興味にあるものを取り入れてみたり、先生と生徒という面もありつつ基本はお友達のように話しかけるように心がけています。英語を難しい勉強と思ってしまったり、緊張、プレッシャーを感じることのない空間を作り、生徒さんが少しでも英語に興味を持ってもらえるように私が使った単語の覚え方をシェアしています。

これから英語を始める子供たちにメッセージをお願いします!

I know you can do it!! 楽しいって思ったらなんだってあっという間にできるようになるからね!諦めないで一緒に頑張ろう;))))

 

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

■アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。