オンライン英会話

子供の興味を引き付ける英会話レッスンのコツ

子供に興味を持ってもらえないときどうしていますか?

こんにちは!講師のミカです。GLOBAL CROWNのオンライン英会話は、レッスンを受けた子供からも先生を評価できる仕組みがあります。私もレッスンをしている中で、良い評価をいただいたり、子供たちから「もう一度ミカ先生とレッスンがしたい」とリクエストをいただくこともありました。今回は、その時の経験を元に子供の興味を引くコツや私が実際にレッスンで行っていること、大切にしている考え方をご紹介します。

まずは、以下のチェック項目をご確認ください。
□子供とのコミュニケーションを十分に取れていますか
□️レッスン中はできる限り笑顔で接していますか
️□英語学習をする目的は共有されていますか
️□勉強をすることを押し付けていませんか
️□レッスン後にしっかり褒めていますか
️□英語を学習する環境は整っていますか
️□子供扱いしていませんか

いかがでしょうか?

興味を引くために最初にすべきことは?

まず最初にすべきことは、子供との十分なコミュニケーションです。
よく子供が言う事を聞かない・集中してくれない・話を聞いてくれないというお悩みを聞きます。子供は常に意思表示をしています。反抗的な態度をとることで、大人に何かしらのメッセージを伝えようとしています。ですので、何が問題なのか、何に興味があるのかを話していくうちにだんだんと心を開いて教えてくれます。

初めて出会う子供とのレッスンの際、最初に行うことは自己紹介です。そして、自分の自己紹介の後には必ず名前と何に興味があるのか質問します。
好きな事や趣味、現在ハマっていること等を尋ねます。質問しても返事がないときは、漫画、アニメ、ゲーム、youtube、音楽など子供が好きそうな話題を振ってみます。大抵どれかの項目で関心があるので、それをきっかけにたくさん話をし始めてくれることが多いです。

次に趣味が分かったら、そのまま続けて漫画、アニメ、ゲームyoutube、音楽という素材を使ってレッスンを進めていきます。漫画やアニメなら主人公の名前を使って主人公は何ができるのか、どんな性格なのか、どうしてこの主人公が好きなのかを質問していきます。そして、ゲームが好きなら実際に画面を見せてもらいならが、少しずつ英語で一緒に会話をしていくのです。

最初に子供のことを知る努力をする。何に興味があるのかなどサインを出しています。好きなことにはすぐに笑顔になったり、よく喋ったり、興味を持ってくれます。そこから子供の興味のあるものに着目して、興味のあるものを対象に英文を考えていくことをお勧めします。サッカーが好きな子であればサッカーの道具から英語を教えていき、サッカーのルールや役割等や動きを英語で教えると楽しそうに覚えてくれます。

子供に主導権を持たせる方法とは?

子供の興味の引き方とパッとイメージするのは人形やゲームではないでしょうか。
実際に、人形は3歳〜6歳の子供に効果的なアイテムです。話をすることに慣れていない場合、緊張を解きほぐすアイスブレイクとして効果覿面です。また、ゲーム形式の学習方法はどの年齢の子供も楽しんで英語を学んでくれます。

ゲームと一言に言っても年齢や性格、興味によってゲームをカスタマイズしていくのが効果的です。例えば、ゲームといえば一緒にするまたはやらせるという方法がよく取られていますが、私の場合は、ゲームを子供に作ってもらいます。

もちろんすぐにゲームを作ってもらうのは難しいので、まず私がルール説明も兼ねてお手本のゲームをつくります。ゲーム説明が一通り終わったら、今度は生徒ににゲームを作ってもらうように尋ね、主導権を子供に移行します。主導権を子供に持ってもらうことでより興味を持ってレッスンに臨んでくれる傾向があります。

大切なことは「笑顔」で子供に接すること

ご紹介したようにゲームを使って興味を引くというのもとても有効ですが、何と言っても最も大切なことは笑顔です。真剣にレッスンをしていると意外と忘れがちな笑顔ですが、英語学習には笑顔はとても重要な役割を果たします。

真面目な保護者の方が、子どもがちゃんとレッスンを受けているのか気になり、笑顔が極めて少ない傾向があります。レッスン中にタブレットやiPhoneの近くに鏡を置いてご自分の顔をよく見てください。笑顔は子供にとって一番安心を与える表情です。無表情は怒っていなくても怒っているようにみえ、不機嫌な印象を与えてしまいます。子供は保護者の方が思っているよりも保護者の方の顔色を常に観察しています。ぜひ場の雰囲気をよくするためにも、柔らかな雰囲気でレッスンをサポートしてください。

子供にとって、初めてのレッスンや初めて会う大人の先生が相手だと不安な気持ちになると思います。先生は子供が怖がったり、不安にならないよういつも笑顔で接しています。大人もできるだけ笑顔を心がけて、子供とのコミュニケーションを取ってみてください。一番簡単に出来ることですが、ついつい忘れがちです。ぜひ笑顔、もしくはにこやかに接してあげてください。

英語をさらに好きになってもらうコツ

最後に、レッスンや英語をもっと好きになってもらうためのコツについてです。それはたくさん「褒める」ことです。
特にレッスンの最後がポイントです。レッスンが終わった後にたくさん褒めてあげてください。前より発音が良くなった、前よりたくさん単語を言えるようになった、前より集中力があった、英語を大きな声で言えたなど、少しでも気がついたことを褒めてあげてください。些細なことでも構いません。褒められるとまた頑張ろうという気持ちになります。

言葉に加えてチョコレートやアメ等お菓子をプレゼントするのも効果的です。お菓子に限らず、何かしらご褒美を与えることも効果的です。言葉や食べ物やものを通して褒められたという記憶が蓄積されていきます。英語を学ぶと良いことがあると思うと、「次回のレッスン」、「英語」という言葉を聞くだけで笑顔になってまた頑張ろうと思ってくれるでしょう。

以上がレッスンと英語に興味を持たせるコツです。必死に子供の興味を引くように頑張る必要はありません。まずはコミュニケーションを十分にとって何が好きなのか、何をしている時が楽しいのかを探ってください。探った情報を基に会話をしていきましょう。

情報があってもどうしようか分からなければ、いつでもご相談ください。一緒に考えましょう。そしてレッスンや英語が楽しいと感じられるよう、レッスン中は笑顔で、レッスン後はたくさん褒めてあげてください。

GLOBAL CROWNの先生をご紹介します!

GLOBAL CROWNの先生ってどんな人?

オンラインでの英会話って上手くコミュニケーションが取れないんじゃないかと心配ではありませんか?

レッスンを担当してくれるのは日本語・英語両方に堪能なバイリンガル講師なので英語が初めてという方でも安心。先生が優しく日本語でサポートしてくれます。

先生のご紹介

GLOBAL CROWNで活躍されている先生をご紹介します。

いかがでしたか?

実際にどんな雰囲気でレッスンが行われていくるのかぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

今なら無料体験が2回ご受講いただけますのでぜひこの機会にお試しください。

【レッスンの詳細・応募はこちらから】

先生も募集中!

GLOBAL CROWNでは一緒に子供たちにレッスンをしてくれる先生も募集しています。

こんな方にぴったりです!

✓英会話スキルを活かして仕事がしたい

✓子育てや学校の合間を使って働きたい

✓子供に教えるのが大好き!

ご応募お待ちしています。

【講師募集詳細・応募はこちらから】

オンライン英会話のレッスン動画のご紹介

オンライン英会話のレッスンって?

オンライン英会話って最近良く聞くけど実際はどんな教え方をしているの?対面式の教室と比べて学習の効果はどうなの?と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は実際のレッスンの様子をご紹介します!

グローバルクラウンのオンライン英会話は、バイリンガルの先生だから日本語でのフォローもカンペキです。また、先生自身が英語を習得された方たちなので、子供たちへの英語の教え方も上手です。

ぜひレッスンの様子をご覧ください。

グローバルクラウンの特徴

初心者でも安心!

グローバルクラウンは、子どものために考え抜かれたオンライン英会話サービスです。
3歳から始められ、一番大きい生徒で中学生までのお子さんが楽しくレッスンを続けています。レッスンの満足度は97%!!
小さいうちからバイリンガルの先生と接することで、楽しく効果的に英会話を身につけることができます。
初めてで不安という方も先生が日本語でフォローしてくれるので安心です。

パソコンの設定・送り迎え不要!

レッスンは1回20分、専用のアプリを使うため、面倒な予約やパソコン設定も必要ありません。
また、レッスン頻度はご家族によって週1回からお選びいただけるため、忙しいママも安心。

夕飯の前後やお風呂の後など、お子さまの生活リズムのなかに英会話を入れてしまいましょう!
「本当に子どもが楽しめるの?」と不安な方は、まずは無料体験レッスンをぜひお試しください。

【無料体験レッスンに申込む】

GLOBAL CROWN活用法と英語学習の4つのコツ【後編】

レッスンを受ける心構えと英語学習のコツ−後編−

前回に引き続き、GLOBAL CROWNのミカ先生からレッスンに興味をお持ちの方や子供の英語が伸び悩んでいる方へ、レッスンを受ける心構えと英語学習のコツをお伝えします。
今回は前回に引き続きレッスンの進め方のコツ②〜④をご紹介いたします。

【レッスンの進め方のコツ】
①目的を持ってレッスンに取り組む
②レッスン中は受け身学習ではなく自発的に質問し、自分で考える力を育てる努力をする
③毎回のレッスンの復習をしっかりする
④子供に代わって答えをすぐに答えない、答えをすぐに教えないようする

【前編はこちら】

②「自発的に質問し、自分で考える力を育てる努力をする」

日本の小中学校での教育方法は、教壇に先生が立ち、複数の生徒が先生の話を熱心に聞く勉強スタイルがほとんどだと思います。
たまに先生に質問された内容に答えたり考えたりする場合もあると思いますが、思考する時間よりも先生の話を聞いてメモをとり覚える時間の割合が多いのではないでしょうか。

聞く・覚えるという学習スタイルは集団で勉強するにはとても効率の良い勉強方法の一つです。
しかし、マンツーマンのレッスンでは先生の話を聞いて書いて覚えるという一連の動作だけでは、マンツーマンレッスンの良さが最大限に発揮されません。なぜならば、マンツーマンのレッスンでは先生を軸とするのではなく、レッスンを受けられている子供に軸を置いてレッスンが進められているからです。子供自身に思考してもらい、質問文を考え、知らないことを知りたいという好奇心を育みます。

毎回のレッスンでは、子供の体調はもちろん、どんな英単語・フレーズを学びどんなことに興味・関心があるのかについて細かく学習記録を残しています。学習記録を細かく残すことで、次回レッスンを担当する新しい講師は子供の成長記録や学習記録を参考に、子供の興味関心に基づいて質問しやすいレッスンを構成しやすくなります。

子供から先生に質問をすることで、対話する好奇心や表現力を考える思考力を鍛えることができます。知らないことを知りたいと探求する好奇心を育てながら、英語を使って対話力を伸ばす学びの場と考え、どんどん思考力・質問力を鍛えていきましょう。繰り返しになりますが、GLOBAL CROWNのレッスンは集団レッスンではなく、マンツーマンのレッスンです。子供一人一人の性格や習熟度、興味関心に合わせてレッスンを進めています。

③「毎回のレッスンの復習をしっかりする」

レッスンでは毎回新しい英単語やフレーズを学びます。例えば毎回新しい単語を5つ習ったとすると、1ヶ月4回のレッスンなら毎月新しい単語20個に触れ、1年で240単語を学ぶ機会があります。

しかし、この単純計算は少し現実的ではありません。
子供は機械ではありません。調子の悪い時や調子のいい時があります。興味がある英単語や全く興味のない英単語もあります。毎回のレッスンの時間は同じですが、レッスン内容や量は子供の状況や気分によって様々です。

もちろん、毎回のレッスンで少しずつ確実に成長しています。最初は覚えにくかった英単語も他の英単語やフレーズを学ぶことによって知らないうちに覚えていったり、英語の単語の癖や性質を少しずつ理解していったりする過程で、だんだんと早く英単語を覚えられるようになります。そしてその成長は、復習を意識の有無で差が現れ、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月と月日が経つほど効果に違いがでてきます。
毎回のレッスンを有意義に活用するためにも、毎回のレッスンで覚えにくかったものや、新しく習った単語・フレーズを意識的に次のレッスンまでに復習してみましょう。

長時間の復習はしなくてもいいので、レッスンが終わった後、「今日のレッスンでは何を新しく習ったかな?」「どの単語がすぐに答えられなかったかな?」などと3分程度の短い間でも構いませんから簡単に思い出すきっかけを提供してみてください。

④「子供に代わって答えをすぐに答えない、答えをすぐに教えないようする」

最後はレッスンを受けるにあたって保護者のみなさまへのお願いです。子供のレッスン中はたとえ答えがわかっていても子供が答えるより先に答えないであげてください。
すぐに答えを言いたくなる気持ちは良くわかりますし、私も講師としてすぐに答えを言いたくなるような時があります。答えを言うと次の新しい単語にすぐに進めるので早く言いたくなります。ただ、答えを言ってしまうと、子供は考える時間がありません。答えを出してしまうことは子供の考える時間を奪っていることと一緒です。答えを言いたくなった時は、ぐっとこらえて、答えの代わりにヒントを出してあげましょう。
一見、答えをすぐに出さないことは当たり前のことだろうと思われるかもしれませんが、レッスン中に子供よりも保護者の方が先に答えをポロっと口に出してしまう場面を目にすることもあります。

何回練習しても同じ英単語を覚えないからという理由で、すぐに答えを子供より先に出してしまうと子供の学びに繋がりません。集団授業のように先生が言ったことを繰り返す形式のレッスンであれば、マンツーマンレッスンをする必要がなくなってしまうので、ぐっとこらえてみてください。

レッスン中、子供は頭をフル回転させて一生懸命に考えています。20分という時間は大人にとってはすごく短く感じる時間ですが、子供にとっては長く感じる時間です。時間を無駄にしたくないから答えをすぐにいって次の単語を学ばせてあげたいという気持ちは十分わかりますが、ぜひ子供目線で時間と英語について再度意識をお願いできればと思います。

 

以上、レッスンを楽しく活用的に進めるコツをご紹介いたしました。お気づきかもしれませんが、GLOBAL CROWNでの英会話は、英語を通してコミュニケーション能力を引き出すための一つの学習方法です。コミュニケーションは話す相手がいてはじめて会話が成立します。子供達には日本語以外の言語を使ってコミュニケーションを取ることの楽しさや嬉しさをより体験していただきたいと思っております。

4つのコツをぜひ活用して今後のレッスンや英語学習に役立ててみてください。少しでも楽しく英語を勉強する手助けになっていれば幸いです。

【GLOBAL CROWN無料レッスンのお申込みはこちら】

GLOBAL CROWN活用法と英語学習の4つのコツ【前編】

レッスンを受ける心構えと英語学習のコツ

今回は英語学習をはじめる上でよく伺うお悩みについて、GLOBAL CROWNのミカ先生からのアドバイスを紹介します。
レッスンに興味をお持ちの方や子供の英語が伸び悩んでいる方へ、レッスンを受ける心構えと英語学習のコツをお伝えします。

【レッスンの進め方のコツ】
①目的を持ってレッスンに取り組む
②レッスン中は受け身学習ではなく自発的に質問し、自分で考える力を育てる努力をする
③毎回のレッスンの復習をしっかりする
④子供に代わって答えをすぐに答えない、答えをすぐに教えないようする

オンライン英会話GLOBAL CROWNのおさらい

4つのコツの前にまずは、GLOBAL CROWNのレッスンの流れをおさらいします。GLOBAL CROWNのレッスンは初心者でも取り組みやすいようレッスン時間が20分になっています。また、レッスン内容はGreeting Time・Word Time・Phrase Time・Goodbye Timeの4つのセクションに分かれています。

レッスンの最初はGreeting Timeから始まります。Greeting Timeでは挨拶、自己紹介、今日したこと、今日の体調、最近あった出来事などをお話しします。
次はWord Timeです。様々なジャンルの単語カードを使い、5分程度時間をとって新しい単語や前回の復習などをします。

単語の練習が一通り終わると次はPhrase Timeに進みます。Phrase Timeではイラストモードという画面に移り、ディスプレイ画面全体に表示される絵をみることができます。絵にあったシチュエーションのフレーズや表現・会話の練習をします。様々なシチュエーションを想定して動物園、レストラン、街中、公園、学校等の絵を使ってフレーズの練習や会話の練習ができます。

最後にGoodbye Timeです。Goodbye Timeではお別れの挨拶とレッスンで学んだ内容の宿題が先生から渡されます。

以上の4段構成で着実にボキャブラリーとフレーズを毎回のレッスンで増やしていくことを目的として通常のレッスンは組まれています。
一通りGLOBAL CROWNレッスンの流れはつかめたでしょうか?それでは早速レッスンのコツをご紹介します。

【GLOBAL CROWNのレッスンの詳細はこちら】

①「目的を持ってレッスンに取り組む」

もちろん、子供が英語学習初心者で何を目標にしたら良いのかわからない場合、「英語に慣れること」を目標にレッスンを受講されると良いスタートがきれるでしょう。
子供にとって、はじめて聞く外国の言葉は耳にするだけでもストレスがかかることです。最初はあせらずに英語の音や言い方に慣れていってください。

レッスンに慣れてくると、だんだんとレッスンに飽きてしまいます。しかし、飽きてしまうのは自然なことですので、「飽きた」ということをネガティブにとらえず、ぜひポジティブに考えてみてください。
初心に戻り、初めてレッスンを受けたときと今のレッスン状況を思い出して比較してみてください。初めてのレッスンではきっと緊張していて英語に対して恐怖心や不安な気持ちがあったと思います。もし、今リラックスしてレッスンに臨めているなら、それは子供が成長した証です。子供にとって英語はもはや恐怖心や不安といった対象ではなくなったと解釈できませんか?
「慣れ」や「飽き」が目立ってきたら、子様は次の英語学習のステージに進む準備ができたのだと、ポジティブに思考転換してみましょう。

次に英語の恐怖心が消え去り、次の学習ステージに進む準備が整ったら、目標を設定します。目標は保護者でも講師でもなく、子供自身に自分の目標を設定してもらいましょう。自分で立てた目標に沿ってレッスンを受けると、より学習意欲が高まり、英語がより好きになっていきます。
簡単に目標と言っても、何を目標にしたらいいか最初は難しいと感じてしまうかもしれませんが、以下の目標設定で避けてほしい項目だけを守ることができれば、達成可能な目標をすぐに立てることができます。

英語学習の目標設定で気をつけること

目標設定で気をつけていただきたいことが3点あります。

1点目は目標設定を高くしすぎない。
2点目は目標設定を曖昧にしない。
3点目は目標設定された目標は達成可能であるかどうかを考慮する。

以上3点に気をつけて目標を考えてみてください。

具体的に目標例を挙げると、
「自分で作った英語のスピーチ原稿を上手く言えるようになりたい」という目標。英語のスピーチ原稿音読練習であれば、発音に重点を当てて練習ができます。一つ一つの単語だけの発音ではなく、文章の流れとしての音読練習が可能です。英語独特の音の強弱、音の欠落、連結といった技術的なことを学ぶことができます。
海外旅行に行くなら、「海外旅行先で使えるフレーズをマスターしたい」といった目標を掲げることもできます。空港や飛行機内を想定したフレーズや、初めて会う外国人やホストファミリーの人に対する挨拶の仕方や練習もできます。
旅行に行かなくても、「学校に交換留学で訪れている留学生に英語でインタビューを考えて英語で質問する」という目標も作ることができます。
もっと身近な目標であれば、「近所のスーパーに並べてある野菜を全部英語で言えるようにする」などの目標を立てることもできます。マンツーマンの英語レッスンだからこそできる一人一人のニーズに合った実生活で活用できる英語学習ができます。

目標はどんなに小さくても些細なことでも構いません。子供が「できた」・「わかった」と実感することが大切です。成功体験を得られたことで自ら英語を勉強しようと考え行動します。ぜひ目標を持ってレッスンを受けてみてください。保護者の方がいくら毎日熱心に英語教育をしていたとしても、子供自身に熱心に英語と向き合いたいという気持ちがなければ、英語を勉強し続けることは難しいでしょう。
勉強を強いられると感じるよりも自発的に自ら進んで勉強をしていると感じている子供の方が楽しく英語が身についていく傾向があります。

ぜひ一度レッスンで試してみください。きっと子供達はより楽しく英語と向き合ってくれると思います。
次回、レッスンの進め方コツ②〜④をお伝えします。

【後編はこちら】

【GLOBAL CROWN無料レッスンのお申込みはこちら】

英会話を子どもに習わせる時の注意点。オンラインなら何に気をつける?

「英会話ができるに越したことはない」
きっとみなさんそう思っていると思います。

グローバル化がどんどん進み、やはり英語を話せたほうが仕事や職種の選択肢も広がります。

間違った英会話の勉強方法や無理に英語を勉強させて
英語嫌いになってしまったりすると大変です。

子どもに英会話を習わせるなら、どんなことに注意をすべきかポイントをまとめさせていただきます。

 

子どものモチベーションを引き出す。

勉強にしても、スポーツにしても、やはり子ども自信にやる気が出ないかかぎりは吸収力は低くなってしまいます。
無理やり英語を言わせたり、教材を与えるのではなく
まずは興味を引くようなコミュニケーションをしてみましょう。

では、具体的にはどんな方法があるでしょうか?

13092a212dad0ec5c63bad7cf353e3a9

1.英語のDVD、おもちゃ、絵本などを活用する

小さいときには遊びながらできるものがいいですね。
アニメのDVDなどはよく売られていますし手軽です。

しかし、最初は英語に切り替えて見せていたものの、
子どもも大きくなると「日本語で見たい!」と言い出すとも良く聞きます。

また、絵本の読み聞かせの場合に注意すべきは、
親がカタカナ英語で語り掛けないことです。
発音の吸収力が高い幼児期は音をそのままインプットしてしまうので、
「アップル」や「アッポー」で教えてしまうとそのまま覚えてしまいます。

できれば、ネイティブの発音が出る絵本やおもちゃがよいです。

 

ネイティブの発音が出る絵本

音でまなべるえほんずかん みんなのおうち
音でまなべるえほんずかん みんなのおうち

 

音でまなべるえほんずかん みんなのからだ
音でまなべるえほんずかん みんなのからだ

 

英語で読み聞かせができるアプリ

Who Stole The Moon?フリー
英語でも日本語でも楽しめるしかけ絵本アプリ『Who Stole The Moon?』

 

他にも「英語の 絵本アプリ 」 はここに一覧がまとまっていましたので参考までに。

 

2.英語の歌を聞かせる

子ども向けの歌でもいいですし、大人が聞いている洋楽でもいいですが、
同じフレーズを繰り返し聞かせ、音を真似ることによって効果が出てくるので、
できれば、真似して歌えるようなゆっくりテンポのものがよいです。

子どもが英語に親しむYouTubeの歌5選(歌詞付き)

以前の記事で、大人も聞き覚えがあり歌いやすいテンポのYouTubeの曲をピックアップしたのでぜひ使ってください。

歌を活用した英語の勉強方法では「チャンツ」というのが有名です。
「チャンツ」はリズムに乗せて言葉を表現するものです。
「言葉あそび」のようにで、リズムに乗せて覚えていくとインプットが容易になる、というものです。
日本の575の俳句なども似たようなものですが、音に乗せると覚えやすかったりします。

 

3.海外旅行や外国人との楽しい交流の経験をさせる

家族みんなで出かけると高くはなりますが、せっかく遠出するなら思い切って海外に行ってみてはいかがでしょうか?

いきなりの外国人はびっくりするかもしれませんが、
家族旅行の楽しい記憶と一緒に、海外や外国は面白いところだという印象がつきます。
また、日本人旅行客にフレンドリーな国を選べば一気に外国人への印象もよくなるでしょう。

もし、海外に行くのがハードルが高ければ日本国内でも同じような機会をつくることができます。
会社に外国籍の同僚がいたら思い切って家族ぐるみで遊んだり、
グローバルな交流の場にみんなで遊びに行ってみましょう。

もっと手軽に、、という方は、英語教材などの会社が企画している単発のイベントもあります。
少しの時間でも「楽しかった!もっと遊びかった!」と思ってもらうことで、
その後すぐに英語に対して興味を持つようになります。

 

親が英語を好きになる。

親が英語が苦手だから、、と外国人を避けていては意味がありません。
親が好きになるものは子どもも好きになります。
逆に言えば、親が避けているものは子どももずっと慣れません。

街中に困っている外国人旅行客を見つけたら積極的に話しかける、など、
子どもと一緒に楽しく交流をするように心がけてみてください。

また、子どもの英語の勉強に興味を持ってあげることも大事です。
送り迎えをしているだけでどんなレッスンをしているのかに関心がないと、
子どもの変化や成長に気づけず褒める機会を逃してしまいます。

やはり、親に褒められるという経験はとてもやる気がでることなので、
ぜひちょっとした成長も見逃さずに褒めてあげてください。

0929_1

 

では、オンライン英会話を選んだときにはどこに注意をすればいいでしょうか?

送り迎えがない分、レッスン内容に興味をもって!

送り迎えがなくレッスンを受けられるのが最大の魅力ですが、
だからといってレッスンの様子に興味がないと子どものやる気はなくなってしまいます。
ぜひどんなことが言えたのかをチェックしながら必要に応じて褒めてあげましょう。

 

手軽だからこそレッスン時間を忘れないで!

いつでもどこでも受けられるのも特徴のひとつです。
1回のレッスンは20~25分なので少しの遅刻でレッスン時間は減ってしまいます。
忙しく子育てをするママですが、ぜひレッスンの予定をチェックしておきましょう。

 

先生は子どものレベルや性格に合っている?

グローバルクラウンの先生はバイリンガルですが、他のオンライン英会話はフィリピン人がほとんどです。
日本語が話せなくても大丈夫なのか、は最初にチェックすべきところです。
もし、親のフォローありきで全部英語でレッスンができたとしても、子どもとの会話の相性がいいかもぜひ見てあげてください。

子供のころに英語の歌を聞いてバイリンガルになった

グローバルクラウンの先生は全員がバイリンガル。
普段から英語のみでコミュニケーションができるレベルで、発音もネイティブと同レベルです。

朝日小学生新聞では、そんなグローバルクラウンの先生たちがバイリンガルになった経験や方法を連載として紹介をさせていただいております。

o0480048013650920127

 

ツッキー先生のバイリンガル経験談

http://www.asagaku.com/shougaku/eigo_study/0811.html

大槻歌奈江(国際教養大学4年)

中学校の英語の授業で出会ったALT(外国語指導助手)の先生が、初めて出会った外国人でした。
英語にふれたのも中学校の授業からです。ALTの先生と話すことはとても楽しく、
日本で育った自分とは全くちがう価値観をもっていることに気づきました。
もっといろいろな人と出会ってみたいなと思ったのが英語を勉強し始めたきっかけです。

もともとの趣味でもあった洋楽で英語を勉強しました。
好きなアーティストの曲を選び、徹底的に歌いこむのです。
まずは何度も曲を聴き、英語の歌詞カードを見ながら一緒に歌ってみます。

この歌詞の意味は何だろう?と好奇心が芽生えて翻訳しながらおぼえたので、
自然と単語やフレーズも習得できました。

高校1年生のときに、オーストラリアへ1週間半の短期留学をしました。
初めての海外体験です。
土地の広さも文化もちがうオーストラリアでの体験は衝撃的で、
かつとても居心地が良く感じました。

高校生のときにはリスニング・ヒアリング力をつけるために、
大学入試センター試験のリスニング問題のテープを何度も聞いて一緒に読んだり、聞き取ったりをくり返しました。

中学校のころから、将来は国際的に働きたいと思っていたので、
英語に多くふれられる大学を選びました。大学には留学生も多く在籍しているので、積極的に話しかけるようにしています。
英語が話せることで、出会える人が増え、読める本が増え、視野がとても広がったと実感しています。
また、英語で話しているときの自分に自信がつき、積極さも身についたように感じています。

ツッキー先生の自己紹介ムービーはこちら♪

 

ミヅキ先生のバイリンガル経験談

http://www.asagaku.com/shougaku/eigo_study/0908.html

宗像美月(国際教養大学2年)

初めて英語にふれたのは小学生のころ。
月に数回、ALT(外国語指導助手)の先生が来て、英語にふれながら遊ぶような時間でした。
でも先生が何を言っているかわからず、英語に苦手意識を持ってしまいました。

そんな私が英語を好きになったのは、中学校で英語の授業がスタートしてからでした。
授業で教わる文法や単語を勉強するのはとても楽しく感じました。

中学2年生のときに10日間、アメリカのホストファミリーの元で生活をしました。
しかし、学校で勉強していたのと実際に使うのとはちがっていて、ホストファミリーとコミュニケーションをとることもできず、とてもくやしい思いをしました。

この体験をきっかけに、もっと英語を話せるようになりたい!と強く思うようになり、
いっそう勉強に力を注ぐようになりました。

高校では国際コースを選び、10か月のイギリス留学へ行きました。
モチベーションを保つためにTOEICやIELTS、英検など資格の受験もしていました。

大学生になった現在は、英語はもちろん、イギリス留学中から学び始めた環境科学や資源・開発の分野を勉強しています。
将来は日本のみならず、発展途上国などでも、安心かつ環境にも良い街をつくりだすような仕事に携わりたいと考えています。
どの国へ行っても続けているのが、4歳から始めたダンスです。

英語が通じないときでもダンスを通じて自分を表現したり、
気持ちを伝えたりすることができるので、まずは自分の好きなことを使ってコミュニケーションをとるのも大切だなと実感しています。
ミヅキ先生の自己紹介ムービーはこちら♪

「朝日小学生新聞」先生たちの紹介動画一覧はこちらから
http://www.asagaku.com/shougaku/eigo_study/movie.html

 

グローバルクラウンの先生たちが口を揃えて言うのは、

「私が小さいときにグローバルクラウンみたいなサービスがあったら最高!」
「小さいときからこれだけ頻度良くレッスンできたら発音に悩まされなかったはず・・・」

ということです。
苦労してバイリンガルになったからこそ、子どもたちのレッスンにも熱が入ります。

ぜひグローバルクラウンの優しい先生たちのレッスンを受けてみてください。

子どもの英会話、週1回60分と週3回20分はどっちが効果的?

子どもの英会話教室といえば、週1回の通い型のものが多いです。
ですが、週1回のレッスンで話せるようになるの?というのは不安ですよね。
オンライン英会話で人気の週3回コースとの違いや効果の差などをご説明します。

 

代表的なもので、こども英会話のミネルヴァのレッスン内容を見てみましょう。
こども英会話のミネルヴァ

詳しい料金表があったので、年長~小学1年生ぐらいを想定して、ピックアップしてみます。
http://www.minel.jp/hiyou/

※税抜き価格で表示されているので、全て税込みにしています。

<日本人講師>6名前後の少⼈数制
レッスン時間:60分
入会金:10,800円
月謝:8,640円
年会費:6,480円
教材費:20,196円~21,276円

年間では、142,236円。
月々の月謝は、11,853円となります。

<外国人講師>6名前後の少⼈数制
レッスン時間:60分
入会金:10,800円
月謝:9,720円
年会費:6,480円
教材費:5,832円

年間では、139,752円。
月々の金額は、11,646円となりました。

日本人講師も外国人講師もあまり変わりがないようです。

 

シェーン英会話

子ども向けのコースがあるのでその料金はこちらです。
http://www.shane.co.jp/kids/course/earlybird/

2~6名少人数レッスン月謝:10,260円
2~4名少人数レッスン月謝:14,310円
入学金:16,200円
スクール管理費:1,350円/月
教材費:レベルによって異なります

年間では、
2~6名少人数レッスン:155,520円
2~4名少人数レッスン:204,120円

月々の金額は、
2~6名少人数レッスン:12,960円
2~4名少人数レッスン:17,010円
となっていました。

2~4名の少人数だと2万弱でしたが、
ミネルヴァも6名前後、ということだったので、それで比較をすると、
月謝は、1万円前後。入会金や教材費を入れると、月々の金額は1.2万円ぐらいが相場のようです。

同じ学年の友達も一緒に通っているので、「友達に会いに行く」という感覚で楽しく通えそうですが、
もし、「会話を重点的にやりたい」などの効果を求めていくと少し物足りない親もいるのが現状。

なぜかというと、1回60分のレッスンをやっていたとしても、
6人でレッスンをしているとひとりあたりが英語を話す時間は6分の1になってしまうためです。

 

0915_3

 

では、通い型のマンツーマン英会話だったらどうなのでしょうか。
Gaba kidsがマンツーマン英会話で料金が出ていたのでご紹介します。

7aff554adb8a14f1ccc9dbca8c46cb3b

1レッスン:40分間
料金 1レッスン=約¥5,000

とありました。
6名のレッスンと比べると、時間が短いですね。

1対1で60分だと長すぎるのでしょうか。。

 

オンライン英会話はマンツーマンレッスンなので、3つのレッスン内容を比較してみました。

%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e6%99%82%e9%96%93

一般的な通い型の英会話教室は、
1回60分できたとしても、グループレッスンなので、ひとりあたりの時間は圧倒的に少なくなります。

通い型のマンツーマン英会話となると、
1回のレッスン時間が40分なので、みっちりできるけど、やはり短いです。

オンライン英会話で通い型の英会話教室と同じレッスン時間を確保するには週3回以上は必要です。
ですが、オンラインの場合は送り迎えもないので、無理なくできそうです。

英会話の上達には、時間も大事ですが、頻度を高めることはとても重要です。

 

実は、頻度と時間の両方に注目してみても、オンライン英会話が最適なことが良く分かります。
%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e6%99%82%e9%96%93_%e9%a0%bb%e5%ba%a6%e3%83%bb%e6%99%82%e9%96%93

 

1回20分って短くない?

こんな質問もお母さんからよくいただきます。
ですが、グローバルクラウンでは色んな時間を試した上で1回20分とさせていただきました。
15分では短く、一般的名25分ではとても長く感じてしまいます。

これまでの調査でも、1回20分は「最初は短いかも?と思ったけど、やらせてみたらちょうどいい」という納得の声を多くいただきます。

実際、子どもの集中力は10~15分が限界。小学校入学前の幼児ならなおさらです。
1回60分のグループレッスンでも飽きさせないようにゲームをやったり、歌を歌ったりカリキュラムを組んでいるので、
1日で詰め込んで他の日に全く英語に触れないよりは、やはり少しずつ学んでいくほうが効果が高いです。

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)の20分のレッスンでも、
最初の5分は挨拶をして、次の5分で単語カード。10分でイラストを使ったシチュエーショントーク。
と、飽きさせないようにコンテンツを切り分けています。

「楽しかった!もっとやりたい!」ぐらいで終わることが子どもの好奇心を刺激し、次のレッスンにつながっていきます。
何よりも大事なのは子どものやる気ですね。

週1回の英会話教室で少し伸び悩みを感じている方、ぜひグローバルクラウンの楽しいレッスンを体験してみてください。

GLOBAL CROWNトップページ

GLOBAL CROWNのコース紹介

オンライン英会話の習慣化は子どもの“EQ”アップに効果的

最近の教育論では、IQだけでなくEQと呼ばれる能力も必要だとされています。

EQっていったい何?どうやって育てればいいの?という疑問に答えつつ、
さらには、オンライン英会話がEQスキルの発達に役立つ理由もご紹介します。

学力や記憶力などのIQ(知能指数)に対して、
IQでは測れないコミュニケーション力や忍耐強さやセルフコントロールなどの性格や潜在能力のことを
「EQ(心の知能指数、英: Emotional Intelligence Quotient)」と呼びます。

頭の良さを示すIQよりも、EQの方が社会的な成功に結びつきやすいという研究結果も出ており、文部科学省の学習指導要領では「生きる力」という表現がされています。

 

仕事で活かされる5つのEQとは?

EQの種類は様々ですが、なかでも注目されているのは仕事や社会で必要とされるEQです。
論文では難しい言葉で書かれていますので、分かりやすく書くと以下の5つが最も大切であるとされています。

■好奇心(新しい知識や経験を追い求める)
■勤勉性(真面目に物事に取り組み、努力する)
■コミュニケーション力(積極性に富み、交渉なが円滑に進む)
■協調性(仲間と協力し、共感できる)
■セルフコントロール(精神を安定させ、緊張や逆境に強い)

確かに、「頭の良さだけでは仕事ができるとは言えない」というのは上記を見れば納得しますよね。

 

幼少期の家庭環境やEQが、子どもの将来を決める

また、幼少期(特に小学校入学前)の家庭環境やEQが子どもの学歴、生涯年収、雇用形態、持ち家比率、犯罪率にも好影響があるという研究結果も多く存在します。

では、いったい幼少期でどのようにしてEQを高めればいいのでしょうか?

 

今日からできる「EQ」を育てる3つの方法

<その1>「勉強しなさい」は時間の無駄。勉強への関わり方を変える。

「学力の経済学」の著者で有名な中室牧子教授らによる研究結果によると、

1.勉強するように言っている
2.勉強する時間を決めて守らせている
3.勉強を横について見ている
4.勉強したか確認している

の方法のうち、「1.勉強するように言っている」というお手軽なものに効果はない、という結果が出ました。
逆に、「3.勉強を横について見ている」「2.勉強する時間を決めて守らせている」という親が子どもへの勉強に深く関与する方法は効果が高いことも明らかになりました。

「忙しくて勉強を見る時間はなかなかとれない…」という方でも、最近は「リビング学習」という方法も注目されています。
一緒に勉強する時間を決めたり、同じ時間にお母さんも別の勉強をする、など関わり方は家族それぞれ考えてみてみてもよいでしょう。

 

<その2>「ご褒美」の制度を取り入れる。

アメリカの小学生を対象にした「ご褒美をあげるべきか」に関する研究結果です。
これはIQにも効果的と言えるでしょう。

1.最初にお金を与えて、結果が出なかったら没収
2.結果が出たらすぐにお金を与える
3.結果が出た場合、お金をあげるのは1ヶ月後
4.結果が出たらトロフィーをあげる
5.何も与えない、励ますのみ

上記5つのうち、その後の学力に効果がなかったものは5と3。
ご褒美が先延ばしになると、何も与えない⑤と同じように効果がない結果となりました。

一方で効果が出たのは、1と2と4です。
やはり大人と同じく、子どももご褒美があったほうが頑張るようですね。

また、小学校低学年では、お金よりもトロフィーの方が効果が大きい結果となりました。
同じく5~7歳を対象にしたIQ検査では、1問正解するごとにチョコレートを1粒上げたほうがスコアが高かったという結果もありました。

「ご褒美をあげなくなると勉強しなくなるのでは?」という心配もあると思いますが、
その後の調査によると、学力が下がることはなかったそうです。

これらを参考に、ご家庭にあったご褒美の制度を取り入れてみてはいかがでしょうか?

0929_2

<その3>親子のルールを一緒に決める

勉強以外にも、寝る時間やテレビを見る時間など、子育てのしつけ方法にはみなさん悩まれていると思います。
上記の研究結果でもあったように、「親の関わり方の深さ」がとても大切なことは明確です。
また、「◯◯しなさい」と毎回言うのは大変ですし、エネルギーを使いますよね。

そんなときには、「親子のルールを一緒に決める」という方法が効果的です。

最近でもTwitterで仲良し家族の家族会議の議事録が大反響となっていました。

http://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/mama-gambatte#.uyeNpylGz

この議事録は、9歳の長女が書いているそうです。

 

「子どもらが月ひとつだけでも何か目標が達成できたらと思い、始めました」
「4歳の長男も目標を達成しほめてもらえることに喜びがあるようで、結果的によかったです」

とお父さんが語っているように、家族みんなで目標を決める場をつくれば、子どもたちも自分でルールを決めることになり守る意識が芽生えます。
一方的に何かを制限したり押し付けるよりも、よほど効果的なことが分かります。

 

実は、オンライン英会話はこの3つのどれに対してもいい影響があります。

<1>「親が勉強をしなさい!」と言わなくても先生が待っているからおのずとレッスンが進む。
<2>毎回レッスンができたらシールを貼ったり、〇回越えたらご褒美をあげる
<3>レッスンを始めるときに、時間や頻度を親子でしっかりと話してから決める

いかがでしょうか?
オンライン英会話は自宅学習ですし、親のコミュニケーションひとつでとてもよい教育効果が出てきます。
ぜひ活用してみてください。

子どもの初めての英語教育は英会話教室?DVD?オンライン?

以前の記事で子どもの英語の通信教材についてまとめさせていただきました。

DVDなどの子どもの英会話教材。実際の値段と使い方は?

送り迎えもないし、定期的に家に教材が届く。
金額的にはとても手ごろで始めやすく、
自宅で好きなときにできる!

というのが強みですが、一方で親が頑張らないと定着できない、というのもデメリットです。

 

ハグカムでは、グローバルクラウンという子ども向けのオンライン英会話を運営していますが、
実は2~3割のお子さんが「ほぼ初めて英語を習う」というのが真実です。

ちょこっとだけ絵本やお試しのDVDで見せたことがあったり、
通っている幼稚園で月に数回英語の時間があって英語の歌を歌っていたり、
普通に子育てをしていてもけっこう英語に触れる機会がある時代になりました。

 

ですが、

幼児期に通信教材のDVDを購入しましたが、結局ほとんどやらず、身につきませんでした。
数ヶ月ほど英語教室に通ってましたが、下の子どもがいて通うのが大変で辞めてしまいました。

なんていう声を周りから聞くことも多いのです。
となると、

結局使わなくなる通信教材をまとめ買いするのはリスクが高い・・・
家の近くで教室を見つけるのが大変。急に生活スタイルが変わったりすると続けられない・・・

なんていう不安が出てきます。

 

意外にもそんな方が、「オンライン英会話 子供」なんていうキーワードで検索してGLOBAL CROWNを発見してくれます。

初めての英語学習でオンライン英会話を選ぶメリットをいくつかご紹介します。

yui7

メリット1:1ヶ月から始められる

通信教材のほとんどが一括購入。
また、英会話教室も入会金や教材費が別途かかることが多いです。

そうなると、最初にお金がかかってしまって、「続かなかったら・・・」なんていう不安が出てきます。

ほとんどのオンライン英会話は、入会金や教材費はゼロ。
更新は月々なので、いざというときに再検討したり、長期の旅行などが入ったら1ヶ月だけ休会、なんていうこともできます。

 

メリット2:マンツーマンだから子どもに合わせられる

英会話教室のほとんどが集団でのレッスンです。
話す子もいればそうでない子もいます。
レベルが高い子と一緒にレッスンをやると自信をなくす原因にもなりかねません。

オンラインレッスンは、先生とのマンツーマン。(それ以外は聞いたことがないですね)
子どものレベルに合わせて先生を選んだり、レッスンを進めることができます。
また、カリキュラムによっては子供が好きな話題もできるので、集中度や定着度が違います。

 

メリット3:親がレッスンの様子を見ることができる

自宅でやる会話中心のレッスンなので、イヤホンなどをしていなければ、
レッスン内容は親も聞くことができます。

英会話教室は、送り届けたあとは何をやっているのか分かりません。
ほとんどのママは教室でのレッスン内容を知らず、久々のレッスン参観で自分の子が全然話していないことに愕然としたとか・・・

通信教材は、自宅でできるので横で何をやっているかをチェックしていれば内容は把握できますが、
さすがにずっと見続けるのは大変ですし、監視っぽくなって子どもも勉強しづらいでしょう。

 

 

メリットばかりだと怪しいので、デメリットも挙げさせていただきます。

 

・パソコンの使い方や、万一の通信トラブルが不安

ほとんどのオンライン英会話はSkypeをパソコンにダウンロードして使います。
しかも、ヘッドセット(イヤホンマイク)が必要だったりします。

グローバルクラウンはアプリを使うので、パソコンいらずですが、
それでも自宅のWi-Fi環境が遅かったりすると繋がらない、なんていうことはあります。

そういうときにどうすればいいのか、振替はできるのかなど、
レッスンを提供する会社によって少しルールが違うかもしれないので、事前にチェックしておきましょう。

・初めての先生だと不安。日本語で伝わる?

事前予約で先生を選べるものが多いですが、実際に話してみないとどうしても先生との相性は分かりません。

また、フィリピン人の講師は英語しか話せないので、
親が日本語のフォローをしないといけない、という話は良く聞きます。

いい先生を見つけられたら、先々までどんどん予約しちゃいましょう。

※GLOBAL CROWNはバイリンガルなのでレッスンは先生任せでOKです!

・自宅だとテレビやおもちゃがあって集中できないのでは?

これは、通信教材も同じことが言えます。
さすがにレッスンの時にはテレビを消したり、集中力がそがれるものは遠ざけましょう。

相手に先生がいるので、子どもも少し緊張感を持ちながらレッスンをできますが、
「自宅学習」という観点では同じなので、やはり最低限の親のフォローは必要です。

いかがでしょうか?
デメリットを考えればもちろんいくつかはありますが、ママが働いていたり、他の習い事で忙しい子どもなら、
英会話教室や英語教材よりはメリットに感じる方もいるのではないでしょうか?