オンライン英会話 英語教育 親子で英会話

大人も子どもも!英語で話す力を楽しく伸ばす方法3選!

こんにちは!
コロナも未だ予断を許さない状況ですが、こんな時だからこそ英語学習のチャンスです!

「英語が少しでも話せるようになりたいけれど、具体的に何をすればいいかわからない・・・」
「英語が話せるようになるには留学や海外経験が必要では?」
「グローバル化が進む現代で、将来子どもに少しでも英語が話せるようになってほしい!」

英語のスピーキングに関して様々な思いがあるかと思います。
英語学習全般においていえることですが、継続はとても大切です。

またスピーキングについては特に、自分の話す英語が相手に伝わった!自分が話したいことを伝えられた!という喜びを実感することも大切になってきます。

そこで今回は、英語のスピーキング力を楽しく伸ばす方法3選 を紹介したいと思います!

この“楽しく”というワードがとても重要で、楽しくなくては継続して行うことができません><
それでは早速見てみましょう!

1.人と英語で話す

パソコンの前に座る外国人女性

第二言語習得に関して、アメリカの言語学者マイケル・H ・ロング氏によって提唱された
“インタラクション仮説”というのがあります。

彼は、第二言語を用いた対話の中でお互いに言いたいことを理解しようと、言いかえや話す速度を緩めるなどのコミュニュケーションを通して、インプットの知識を活用しさらに理解して学習の効果を高めることができる、と主張しました。

 

この理論では、学習者は自身が持っている知識を英会話で実践し、自分の英語が伝わらない、相手の話す内容が理解できないなどの経験から、発音・文法・単語など何が原因で正しく意味を伝える又は理解することができないのかを学ぶことができるというのです。また対話者に間違った部分を直してもらうことで、新たなインプットとなるともいわれています。

英語を話す=アウトプットをするには、まずは英語の語彙力、文法を知っているなどのある程度のインプットの知識があることが前提となっています。
その上で、人との対話で英語のアウトプット+インプットの機会をたくさん設けて、スピーキング力をUPさせましょう!

【英語を気軽にたくさん話したい方向け】

〇国際交流
現状況では海外に行くことはできませんが、この状況を利用して、子どもから大人向けまでオンラインでの国際交流イベントが増えています。ネイティブや外国の方に英語で自分の意見を伝えることができる機会です。多文化交流のイベントでは、異文化を知ることができる+お互い英語が母語ではない可能性もあり、間違いを恐れずに話しやすくなるというメリットがあります。

また大人向けではありますが、Meetupというアプリでは、オンラインでたくさんの英語学習者のためのイベントが開かれています。日本だけでなく海外で開講されている無料の英会話レッスンやオンラインイベントもあります。是非チェックしてみてください!

【どちらかというと正確さを追求したい方向け】

〇英会話スクール
やはり対面で人と話してスピーキング力を高めたい方におススメです!
スクールによって、バイリンガル講師またはネイティブ講師なども選べたりします。
最近では、送迎やお預かりなども兼ねた子どもに特化したスクールも増えてきています。

〇オンライン英会話
大人用から子ども用まで最近需要がとても高まっています。
20~30分などの短時間で1レッスンを受講できるものが多く、毎日継続して英語を話す機会を作るにはもってこいです!
様々な要望を講師に伝えることができ、異なったスタイルや教材でスピーキング力を高めることができます。

(英会話講師への要望の例)
英会話を楽しみたいので、なるべくフリートークをしたい
正確さを求めたいので、間違った文は直してほしい       など。

 

2.映像コンテンツから自然な表現を学ぶ

親子でタブレットを操作しているところ

大人の方は海外ドラマ、映画、リアリティーショーなど、
お子さまであれば、海外アニメ・動画・歌などから

実際に使われている英語を学ぶことができます。
現代ではありがたいことにたくさんの映像コンテンツがあります!

映像コンテンツであれば、興味のあるものや好きなジャンルから選ぶため2つの利点があります。
1点目は英語学習を継続しやすい点です。興味のあるものや好きなジャンルから選ぶため、飽きずに楽しく続けることができます。
2点目は実際に英語話者から自然な表現を学べる点です。特にドラマやアニメであれば、この状況の時にはこんな表現を使うんだ、と状況に合わせて用いる表現や言い回しを知ることできます。

映像を見るだけではなくスピーキング力向上のためには、そのセリフを聞いた後に発音してみたりと実際にその表現を話すよう心がけましょう。
また英会話において大切なリスニング力も同時にUPすることができます♪

 

3.英語で話す&考える時間を作る

黒板に英語が書いてある

突然ですが、Q.日本人が英語を話せるようになるには何時間必要かご存じですか?
答えは後ほどお伝えします!

スピーキング力向上で重要なのは、可能な限り英語を話す時間を継続してたくさん作ることです。

現在、英語を使う力を伸ばすことを目標として、小学校では新学習指導要綱が2020年から全面実施されています。その実施内容としては、週1程度の外国語活動(英語)の授業が小学5・6年生から3・4年生に前倒しになる、小学5・6年生から教科として英語学習が始まるなどが挙げられます。

中学校や高校ではALT(外国語指導助手)といってネイティブの先生が英語の授業に加わり、日本人の英語の先生と共に英会話を中心として学ぶ授業があります。高校によってはグローバル教育に力を入れ、授業を英語で行う高校なども増えています。

日本人が小学生から大学生まで日本で英語を学習したとして、平均で約1,000時間以上費やしているという計算になります。

しかし、日本人が英語話せるようになるには何時間必要か、という先ほどの質問の答えはなんと…
A.およそ2,200時間です。
この時間を確保するためにも、いかに日常で英語に触れる、話す時間を作るかが大切になってきます。

特にお子さまの英語のスピーキングに関して、家でも簡単に英語で話す時間を作ることができます。

例えば、英語学習が進み、ある程度語彙力もあり3文以上の英語を話せるお子さまとは、家で髪の毛を乾かす時間など、ちょっとした時間にゲーム感覚で英語で話す時間を作ることができます。
その日に頑張ったことや学校での出来事を毎日英語で話してみると、お子さまが頑張っていることや学校での様子をさらに知ることができます。

また英語を学び始めたお子さまには、習った単語で答えられるよう“What’s this?” “It’s a/an ~.”という会話をしたり、簡単なYes/Noの質問を問いかけ、例)“Do you like dogs?” “Yes, I do./No, I don’t.”と答えてもらい、
慣れてきたらなぜYes/Noなのか理由も話せるようになるとさらに会話を広げることができます。

そういった少しずつの時間の積み重ねが、英語のスピーキング力向上につながります。

皆さんもこの状況を逆に英語が話せるようになるチャンスだと捉えて、
おうち時間やスキマ時間を利用して是非英語のスピーキング力を伸ばしていってください♪

 

子どもの英語学習は楽しくやるのが一番!こちらも参考にしてみてください。

お友達や家族と遊ぼう!英語を使ったゲーム5選

親子で楽しめる!英語を学べるオススメNetflix動画5選

 

【参照サイト】

■https://englishhub.jp/sla/interaction-hypothesis

■https://englishhub.jp/sla/how-many-hours

 

 

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...