子どもの英会話、週1回60分と週3回20分はどっちが効果的?

子どもの英会話教室といえば、週1回の通い型のものが多いです。
ですが、週1回のレッスンで話せるようになるの?というのは不安ですよね。
オンライン英会話で人気の週3回コースとの違いや効果の差などをご説明します。

 

代表的なもので、こども英会話のミネルヴァのレッスン内容を見てみましょう。
こども英会話のミネルヴァ

詳しい料金表があったので、年長~小学1年生ぐらいを想定して、ピックアップしてみます。
http://www.minel.jp/hiyou/

※税抜き価格で表示されているので、全て税込みにしています。

<日本人講師>6名前後の少⼈数制
レッスン時間:60分
入会金:10,800円
月謝:8,640円
年会費:6,480円
教材費:20,196円~21,276円

年間では、142,236円。
月々の月謝は、11,853円となります。

<外国人講師>6名前後の少⼈数制
レッスン時間:60分
入会金:10,800円
月謝:9,720円
年会費:6,480円
教材費:5,832円

年間では、139,752円。
月々の金額は、11,646円となりました。

日本人講師も外国人講師もあまり変わりがないようです。

 

シェーン英会話

子ども向けのコースがあるのでその料金はこちらです。
http://www.shane.co.jp/kids/course/earlybird/

2~6名少人数レッスン月謝:10,260円
2~4名少人数レッスン月謝:14,310円
入学金:16,200円
スクール管理費:1,350円/月
教材費:レベルによって異なります

年間では、
2~6名少人数レッスン:155,520円
2~4名少人数レッスン:204,120円

月々の金額は、
2~6名少人数レッスン:12,960円
2~4名少人数レッスン:17,010円
となっていました。

2~4名の少人数だと2万弱でしたが、
ミネルヴァも6名前後、ということだったので、それで比較をすると、
月謝は、1万円前後。入会金や教材費を入れると、月々の金額は1.2万円ぐらいが相場のようです。

同じ学年の友達も一緒に通っているので、「友達に会いに行く」という感覚で楽しく通えそうですが、
もし、「会話を重点的にやりたい」などの効果を求めていくと少し物足りない親もいるのが現状。

なぜかというと、1回60分のレッスンをやっていたとしても、
6人でレッスンをしているとひとりあたりが英語を話す時間は6分の1になってしまうためです。

 

0915_3

 

では、通い型のマンツーマン英会話だったらどうなのでしょうか。
Gaba kidsがマンツーマン英会話で料金が出ていたのでご紹介します。

7aff554adb8a14f1ccc9dbca8c46cb3b

1レッスン:40分間
料金 1レッスン=約¥5,000

とありました。
6名のレッスンと比べると、時間が短いですね。

1対1で60分だと長すぎるのでしょうか。。

 

オンライン英会話はマンツーマンレッスンなので、3つのレッスン内容を比較してみました。

%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e6%99%82%e9%96%93

一般的な通い型の英会話教室は、
1回60分できたとしても、グループレッスンなので、ひとりあたりの時間は圧倒的に少なくなります。

通い型のマンツーマン英会話となると、
1回のレッスン時間が40分なので、みっちりできるけど、やはり短いです。

オンライン英会話で通い型の英会話教室と同じレッスン時間を確保するには週3回以上は必要です。
ですが、オンラインの場合は送り迎えもないので、無理なくできそうです。

英会話の上達には、時間も大事ですが、頻度を高めることはとても重要です。

 

実は、頻度と時間の両方に注目してみても、オンライン英会話が最適なことが良く分かります。
%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e6%99%82%e9%96%93_%e9%a0%bb%e5%ba%a6%e3%83%bb%e6%99%82%e9%96%93

 

1回20分って短くない?

こんな質問もお母さんからよくいただきます。
ですが、グローバルクラウンでは色んな時間を試した上で1回20分とさせていただきました。
15分では短く、一般的名25分ではとても長く感じてしまいます。

これまでの調査でも、1回20分は「最初は短いかも?と思ったけど、やらせてみたらちょうどいい」という納得の声を多くいただきます。

実際、子どもの集中力は10~15分が限界。小学校入学前の幼児ならなおさらです。
1回60分のグループレッスンでも飽きさせないようにゲームをやったり、歌を歌ったりカリキュラムを組んでいるので、
1日で詰め込んで他の日に全く英語に触れないよりは、やはり少しずつ学んでいくほうが効果が高いです。

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)の20分のレッスンでも、
最初の5分は挨拶をして、次の5分で単語カード。10分でイラストを使ったシチュエーショントーク。
と、飽きさせないようにコンテンツを切り分けています。

「楽しかった!もっとやりたい!」ぐらいで終わることが子どもの好奇心を刺激し、次のレッスンにつながっていきます。
何よりも大事なのは子どものやる気ですね。

週1回の英会話教室で少し伸び悩みを感じている方、ぜひグローバルクラウンの楽しいレッスンを体験してみてください。

GLOBAL CROWNトップページ

GLOBAL CROWNのコース紹介

バイリンガルへの英会話教育はゴールを決めることがおすすめ

学校教育でもグローバル化が意識されるなか、バイリンガル教育も様々な情報が溢れかえっています。

子どもには英語ペラペラになってほしい・・・!と願うパパママはたくさんいると思います。
ですが、過度に英語の勉強をやらせすぎて英語嫌いになってしまっては台無しです。
また、「バイリンガル教育」といっても方法は様々。
ご家庭の状況や、子どもが育つ環境に合わせて考えてみましょう。

そもそも「バイリンガル」の定義とは?
large_img_129b2fae-e448-451e-a874-b20f82a1ceb4

バイリンガルとは、「2ヶ国語が自由自在に使える人」を表します。
3ヶ国語を話せる人は、トリリンガルとも言いますよね。
日本に生まれ育っている環境であれば、当然日本語は話せるようになりますよね。
なので、もう1つの外国語を話すことができればバイリンガルになります。

ですが、「2ヶ国語が話せる」という定義はとても曖昧です。
日本人は謙虚な性格からか、「英語圏のネイティブと同じように使いこなせないとバイリンガルとは言えない」と思っている人が多いようです。発音に対するコンプレックスも多く残っています。

一方で、アジア圏などの方は、「第2言語でコミュニケーションや日常会話ができればバイリンガル」と思っている方が多く、人や国によってバイリンガルの定義は異なるようです。

 

知っておくべきバイリンガルの苦悩

例(1)
一家でアメリカに移住した日本人家族。13歳(男)6歳(女)4歳(男)。15年経った現在、日本語が堪能なのは長男だけ。下二人は完璧に日本語を忘れてしまっているし、アイデンティティもアメリカ人だそうだ。長男は今は日本語で読み書きするより英語の方が楽だという。

例(2)
現在38歳の女性。彼女は父親の仕事関係で小学校3年生から6年生まで4年間アメリカで過ごした。ところが、日本に帰国後、中学生になるとき、日本語がまったくできなくて、1年間ダブったそうだ。英語の発音は完璧ネイティブである。

例(3)
小学校5年生のMちゃん。父親の仕事のためアメリカで生まれ育ち、3年生のときに帰国。「英語の方が簡単。だってアルファベットしかないじゃん。日本語は漢字とかひらがなとかカタカナがあって難しい。」と言っている。彼女が英語を忘れてしまわないよう親も努力している。

 

これらは一例ですが、幼いうちに海外で暮らそう!高いけどインターナショナルスクールに入れよう!など、過度なバイリンガル教育をすることによるデメリットも多く存在します。

子どもの英語教育はただ英語を話すバイリンガルを目指すのではなく、
英語をコミュニケーションツールのひとつとして使いこなすことができればいいのではないでしょうか。

 

焦りは禁物!目的とゴールを決めれば、適切な英語教育が見えてくる

0707_2

子どもの英語教育において大切なことは、「どのレベルを目指すか」ということです。
多くの方はこのポイントを意識せずに焦っているように感じます。

子ども向けの英会話事業を行っていると、「将来困らないように」と考えているパパママが多いように感じます。
この場合に大切なことは、
1.英語に対する苦手意識を持たせないこと
2.英語を話す習慣や機会を増やすこと
の2つです。

 

目的別の英語教育方法とポイント

ネイティブと同じレベルで話せるようにしたい

長期間の海外経験や、インターナショナルスクールなどで長時間英語に触れる時間を作るべきです。
しかし、無理に英語を強要すると英語が嫌いになる可能性もあるので要注意です。

英語で日常会話ができるようにしたい

短い時間でもいいので会話を中心とした実践の場を頻度高く作ってあげてください。
この場合、発音は後回しても大丈夫です。英語を聞いたり話したりすることに慣れることが重要です。

受験対策や試験対策をしたい

旧来の方法ですが、文法や単語学習を中心とした英語塾が効果的です。ただし、最近の試験はリスニング力なども必要になっているかもしれないので、試験に合わせた対策は必要です。

 

このように、やみくもに英語教育を始めず、
どんな風に子どもになってもらいたいかを考えた上で、英語学習の方法を検討してみてください。

幼児期の子どもへの英語の教え方で「小1の壁」を越える

働くママにとって子どもが保育園から小学校に上がるタイミングで直面するのが「小1の壁」。
保育園では、延長保育があり、遅い時間まで子どもを預かってもらえていたのに、小学校に入ると子供たちの生活は大きく変化します。
学童保育は保育園より早い時間で終わってしまうところも多かったり(18時前後)、
日々の宿題のケア、夏休みなどの長期のお休みの対応、とママは大変なことも多いのです。

そして、学童に行かせている子は習い事をどうするか、などの問題も出てきますよね。

実は英語教育においても、小学校の英語の授業が始まる前までに習得しておくべきことがあるのです。
これができないと小学校の英語の授業でついていけなくなるかも・・・!?

 

小学校から英語の授業が始まり、成績もつく

現在の小学校の授業には「外国語活動」が必須になっていますが、これは英語に親しむ程度の時間です。
ですが、2020年の教育改革後からは、英語は必修科目になり、小学5年生からは成績もつくようになるのをご存知ですか?

さらに、小学校の授業は「聞く・話す」の音声中心。ネイティブやバイリンガルの先生が挨拶や自己紹介などを英語で話すような授業が行われます。
子どもたちにとって、急に知らない言語で話しかけられると英語嫌いの原因に・・・。

そうならないように、小学校入学前や家庭内での学習はとても大事になります。では、幼稚園、保育園のうちに何ができるようになるべきなのでしょうか?

 

英語教育の「小1の壁」を超えるためにやるべき3つ

0609_1

<1>英語に好奇心を持たせる、好きにさせる

英語に対する好奇心がないとそもそも語学の習得は難しいです。
絵本やDVDやテレビ、最近はYouTubeにも英語の歌などがたくさんあります。お母さんと一緒に読んだり見たり歌ったりすることで子どもは英語に対して興味を持つようになります。

「親が好きなことは子どもも好きになる」ということを意識して、英語に対する好奇心を養ってあげてください。

 

<2>好きなものを英単語で言えるようになる

数字、色、果物、野菜、食べ物、乗り物、天気・・・など、子ども自信が好きなものや興味があるものが望ましいです。
<1>の好奇心と同様に、興味がないものを一生懸命教えても習得はしにくいからです。

絵本や教材などを使ってまずは英単語学習を始めましょう。
ここで「お母さんに教えて!」と聞くなどして、“子どもを先生にする”のも効果的です。
自信をつけることで子どもの英語に対する好奇心が強くなり、習得が容易になります。

 

<3>簡単な挨拶が言える、答えられるようになる

英単語が言えるようになったら次は挨拶です。
英語は言語であり、コミュニケーションツールなので単語ばかり知っていても使う機会がなく忘れて知ってしまいます。

初めまして、自分の名前、自分の年齢、元気ですか?程度で十分です。
さらに、英語で聞かれたら英語で答えられるようになるとさらによいでしょう。

ここまでが小学校入学前までにできると英語の授業を楽しむことができます。

 

このように、母国語(=日本語)の習得と同じようにまずは「聞く・話す」を重点的にやることが大事です。
さらに、小学校では基本的なフレーズを使って会話ができる。中学校で道案内レベルの会話力や読み書き。高校でディベートなどの高度なスキルを習得していけば、将来困ることはないでしょう。
ステップを踏みながら、早い時期で少しずつ子どもの英語学習を支援してあげれば、小学校に入って困りません!ぜひ早めに親子で一緒に楽しみながら英語学習を進めてみてくださいね。

オンライン英会話の習慣化は子どもの“EQ”アップに効果的

最近の教育論では、IQだけでなくEQと呼ばれる能力も必要だとされています。

EQっていったい何?どうやって育てればいいの?という疑問に答えつつ、
さらには、オンライン英会話がEQスキルの発達に役立つ理由もご紹介します。

学力や記憶力などのIQ(知能指数)に対して、
IQでは測れないコミュニケーション力や忍耐強さやセルフコントロールなどの性格や潜在能力のことを
「EQ(心の知能指数、英: Emotional Intelligence Quotient)」と呼びます。

頭の良さを示すIQよりも、EQの方が社会的な成功に結びつきやすいという研究結果も出ており、文部科学省の学習指導要領では「生きる力」という表現がされています。

 

仕事で活かされる5つのEQとは?

EQの種類は様々ですが、なかでも注目されているのは仕事や社会で必要とされるEQです。
論文では難しい言葉で書かれていますので、分かりやすく書くと以下の5つが最も大切であるとされています。

■好奇心(新しい知識や経験を追い求める)
■勤勉性(真面目に物事に取り組み、努力する)
■コミュニケーション力(積極性に富み、交渉なが円滑に進む)
■協調性(仲間と協力し、共感できる)
■セルフコントロール(精神を安定させ、緊張や逆境に強い)

確かに、「頭の良さだけでは仕事ができるとは言えない」というのは上記を見れば納得しますよね。

 

幼少期の家庭環境やEQが、子どもの将来を決める

また、幼少期(特に小学校入学前)の家庭環境やEQが子どもの学歴、生涯年収、雇用形態、持ち家比率、犯罪率にも好影響があるという研究結果も多く存在します。

では、いったい幼少期でどのようにしてEQを高めればいいのでしょうか?

 

今日からできる「EQ」を育てる3つの方法

<その1>「勉強しなさい」は時間の無駄。勉強への関わり方を変える。

「学力の経済学」の著者で有名な中室牧子教授らによる研究結果によると、

1.勉強するように言っている
2.勉強する時間を決めて守らせている
3.勉強を横について見ている
4.勉強したか確認している

の方法のうち、「1.勉強するように言っている」というお手軽なものに効果はない、という結果が出ました。
逆に、「3.勉強を横について見ている」「2.勉強する時間を決めて守らせている」という親が子どもへの勉強に深く関与する方法は効果が高いことも明らかになりました。

「忙しくて勉強を見る時間はなかなかとれない…」という方でも、最近は「リビング学習」という方法も注目されています。
一緒に勉強する時間を決めたり、同じ時間にお母さんも別の勉強をする、など関わり方は家族それぞれ考えてみてみてもよいでしょう。

 

<その2>「ご褒美」の制度を取り入れる。

アメリカの小学生を対象にした「ご褒美をあげるべきか」に関する研究結果です。
これはIQにも効果的と言えるでしょう。

1.最初にお金を与えて、結果が出なかったら没収
2.結果が出たらすぐにお金を与える
3.結果が出た場合、お金をあげるのは1ヶ月後
4.結果が出たらトロフィーをあげる
5.何も与えない、励ますのみ

上記5つのうち、その後の学力に効果がなかったものは5と3。
ご褒美が先延ばしになると、何も与えない⑤と同じように効果がない結果となりました。

一方で効果が出たのは、1と2と4です。
やはり大人と同じく、子どももご褒美があったほうが頑張るようですね。

また、小学校低学年では、お金よりもトロフィーの方が効果が大きい結果となりました。
同じく5~7歳を対象にしたIQ検査では、1問正解するごとにチョコレートを1粒上げたほうがスコアが高かったという結果もありました。

「ご褒美をあげなくなると勉強しなくなるのでは?」という心配もあると思いますが、
その後の調査によると、学力が下がることはなかったそうです。

これらを参考に、ご家庭にあったご褒美の制度を取り入れてみてはいかがでしょうか?

0929_2

<その3>親子のルールを一緒に決める

勉強以外にも、寝る時間やテレビを見る時間など、子育てのしつけ方法にはみなさん悩まれていると思います。
上記の研究結果でもあったように、「親の関わり方の深さ」がとても大切なことは明確です。
また、「◯◯しなさい」と毎回言うのは大変ですし、エネルギーを使いますよね。

そんなときには、「親子のルールを一緒に決める」という方法が効果的です。

最近でもTwitterで仲良し家族の家族会議の議事録が大反響となっていました。

http://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/mama-gambatte#.uyeNpylGz

この議事録は、9歳の長女が書いているそうです。

 

「子どもらが月ひとつだけでも何か目標が達成できたらと思い、始めました」
「4歳の長男も目標を達成しほめてもらえることに喜びがあるようで、結果的によかったです」

とお父さんが語っているように、家族みんなで目標を決める場をつくれば、子どもたちも自分でルールを決めることになり守る意識が芽生えます。
一方的に何かを制限したり押し付けるよりも、よほど効果的なことが分かります。

 

実は、オンライン英会話はこの3つのどれに対してもいい影響があります。

<1>「親が勉強をしなさい!」と言わなくても先生が待っているからおのずとレッスンが進む。
<2>毎回レッスンができたらシールを貼ったり、〇回越えたらご褒美をあげる
<3>レッスンを始めるときに、時間や頻度を親子でしっかりと話してから決める

いかがでしょうか?
オンライン英会話は自宅学習ですし、親のコミュニケーションひとつでとてもよい教育効果が出てきます。
ぜひ活用してみてください。

子どもの英語アプリに教育効果はある?ゲームは平気?

最近は、子どもの遊び道具としてスマホやiPadなどのタブレットを渡している親が多いと思います。

ご飯を作っているときや、電車の移動中など、ちょっと大人しくしていてほしいときとかにスマホ・タブレットはとても便利です。
また、最近ではYouTuberにはまっていて何十分でも見ている!なんていう子も珍しくありません。

ですが、子どもにスマホばかり触らせて・・・と罪悪感を感じているママもいるようです。

 

昔で言えば、テレビ、ゲームなどですが、
現代で言えば、YouTube、アプリですね。

 

テレビ、ゲーム、アプリは教育にいいの?

そもそも、子育てをする上で親ならみんなが気にする「テレビやゲームは教育によくないのでは?」というテーマがあります。

そんな疑問を明らかにした実験結果があるのはご存じですか?
昨年発売されてから教育業界で話題となっている中室牧子先生による『「学力」の経済学』にその結果が明らかになっているんです!
最近は、テレビにも出演されていて引っ張りだこです。

 

テレビやゲームの時間と学力には相関関係がない

著書によると、テレビやゲームの時間を制限しても、
子どもの学習時間はほんの少ししか増加しなかったという結果になりました。

実際に、テレビやゲームの時間が減ったとしても、
勉強する習慣がない子どもは他の遊びに時間を費やすだけで、
勉強時間が増えることへの直接的な方法にはなりませんでした。

 

テレビやゲームをしている子どもの方が学力が高い!?

medium_6574651159

それどころか、シカゴ大学の研究結果では、
幼少期にテレビを観ていた子どもは学力が高いと結論づけていたり、
米国で行われた別の研究では、幼少期に教育番組を見て育った子どもたちは、就学後の学力が高かったことを示すデータもあるようです。

また、ゲームについても同じく、
ロールプレイングゲームなどは、子どものストレス発散につながり、
創造性や忍耐力を培うのに良い影響があるともされています。

確かに、私自身も漫画やテレビの中で雑学や歴史に興味を持ったり、
ゲームなどで好奇心を刺激されたという仕事仲間もたくさんいます。

しかし、だからといって「テレビやゲームを無制限に観せても問題ない」ということにはなりません。

 

1日1時間程度ならYouTubeもアプリも問題ない

中室牧子さんと学習院大学の教授らによる推計では、
1日に1時間程度をテレビやゲームの時間にしても、
全くテレビを観なかったり、ゲームをしないのと変わらないことが示されているとしています。

一方で、2時間を超えてしまうと、発育や学習時間への影響が大きくなるようです。

確かに、「テレビやゲームの時間が長いから学力が上がらない」というわけではなく、
テレビやゲームの時間が長い」という状況は、家の中でのしつけをしっかりできていなかったり、
勉強する環境でなかったり(騒がしい、整理されていないなど)、別の学力に影響する原因があるのかもしれません。

 

まずは子どもたちと一緒に、「どうすれば、1日1時間のルールを守れるのか」という話し合いをする時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

少し安心していただいたなら、英単語が覚えられるアプリをひとつご紹介します。

こどもえいごずかん 「こどもえいごずかん」はiPad専用の子ども向けの英語図鑑アプリです。(無料) 身の回りのものの言葉を英語と日本語で紹介します。 ずかんとしてお使いいただく以外にも、チャンツ、はめ絵ゲーム、シルエットクイズで遊べて、お子さんの好奇心を刺激しながら、英語が楽しく身につきます。 日本語音声にも切り替えられますので、日本語の言葉を覚えたいお子さんにもピッタリです。

「こどもえいごずかん」はiPad専用の子ども向けの英語図鑑アプリです。(無料)
身の回りのものの言葉を英語と日本語で紹介します。
図鑑としてお使いいただく以外にも、チャンツ、はめ絵ゲーム、シルエットクイズで遊べて、
お子さんの好奇心を刺激しながら、英語が楽しく身につきます。

日本語音声にも切り替えられますので、日本語の言葉を覚えたいお子さんにもピッタリです。

<チャンツ>
チャンツとは、一定のリズムや曲に乗せて英語の発音やイントネーションの練習をする学習方法です。
お手本の音声に合わせて、いっしょに大きな声で発音してみましょう!

<はめ絵ゲーム>
上の影(シルエット)にぴったりと合う絵を下から選んで、影のところに重ねるゲームです。
言葉を覚えると同時に、形を「見分ける力」を養います。

<シルエットクイズ>
最初に、英語(または日本語)で言葉を読み上げます。読み上げられた音声に一致する絵の影(シルエット)をタップしましょう。
だれが先に見つけてタップできるかを、親子やきょうだい、お友だちと競いながら、遊んでもいいですね。

無料で使えるのは、どうぶつえんのどうぶつ、みぢかなのりもの、かぞく、いろ、かずの図鑑のみです。
それ以外の図鑑は1ジャンルずつ追加で購入ができます。

 

知っている英単語が増えてくると、子どもは英語に自信がついてきます。

ちょっと得意げになってきたら英会話レッスンの始めどき!
そのときにはぜひグローバルクラウンの「聞く・話す」に特化したオンライン英会話を試してみてください。

子どもの初めての英語教育は英会話教室?DVD?オンライン?

以前の記事で子どもの英語の通信教材についてまとめさせていただきました。

DVDなどの子どもの英会話教材。実際の値段と使い方は?

送り迎えもないし、定期的に家に教材が届く。
金額的にはとても手ごろで始めやすく、
自宅で好きなときにできる!

というのが強みですが、一方で親が頑張らないと定着できない、というのもデメリットです。

 

ハグカムでは、グローバルクラウンという子ども向けのオンライン英会話を運営していますが、
実は2~3割のお子さんが「ほぼ初めて英語を習う」というのが真実です。

ちょこっとだけ絵本やお試しのDVDで見せたことがあったり、
通っている幼稚園で月に数回英語の時間があって英語の歌を歌っていたり、
普通に子育てをしていてもけっこう英語に触れる機会がある時代になりました。

 

ですが、

幼児期に通信教材のDVDを購入しましたが、結局ほとんどやらず、身につきませんでした。
数ヶ月ほど英語教室に通ってましたが、下の子どもがいて通うのが大変で辞めてしまいました。

なんていう声を周りから聞くことも多いのです。
となると、

結局使わなくなる通信教材をまとめ買いするのはリスクが高い・・・
家の近くで教室を見つけるのが大変。急に生活スタイルが変わったりすると続けられない・・・

なんていう不安が出てきます。

 

意外にもそんな方が、「オンライン英会話 子供」なんていうキーワードで検索してGLOBAL CROWNを発見してくれます。

初めての英語学習でオンライン英会話を選ぶメリットをいくつかご紹介します。

yui7

メリット1:1ヶ月から始められる

通信教材のほとんどが一括購入。
また、英会話教室も入会金や教材費が別途かかることが多いです。

そうなると、最初にお金がかかってしまって、「続かなかったら・・・」なんていう不安が出てきます。

ほとんどのオンライン英会話は、入会金や教材費はゼロ。
更新は月々なので、いざというときに再検討したり、長期の旅行などが入ったら1ヶ月だけ休会、なんていうこともできます。

 

メリット2:マンツーマンだから子どもに合わせられる

英会話教室のほとんどが集団でのレッスンです。
話す子もいればそうでない子もいます。
レベルが高い子と一緒にレッスンをやると自信をなくす原因にもなりかねません。

オンラインレッスンは、先生とのマンツーマン。(それ以外は聞いたことがないですね)
子どものレベルに合わせて先生を選んだり、レッスンを進めることができます。
また、カリキュラムによっては子供が好きな話題もできるので、集中度や定着度が違います。

 

メリット3:親がレッスンの様子を見ることができる

自宅でやる会話中心のレッスンなので、イヤホンなどをしていなければ、
レッスン内容は親も聞くことができます。

英会話教室は、送り届けたあとは何をやっているのか分かりません。
ほとんどのママは教室でのレッスン内容を知らず、久々のレッスン参観で自分の子が全然話していないことに愕然としたとか・・・

通信教材は、自宅でできるので横で何をやっているかをチェックしていれば内容は把握できますが、
さすがにずっと見続けるのは大変ですし、監視っぽくなって子どもも勉強しづらいでしょう。

 

 

メリットばかりだと怪しいので、デメリットも挙げさせていただきます。

 

・パソコンの使い方や、万一の通信トラブルが不安

ほとんどのオンライン英会話はSkypeをパソコンにダウンロードして使います。
しかも、ヘッドセット(イヤホンマイク)が必要だったりします。

グローバルクラウンはアプリを使うので、パソコンいらずですが、
それでも自宅のWi-Fi環境が遅かったりすると繋がらない、なんていうことはあります。

そういうときにどうすればいいのか、振替はできるのかなど、
レッスンを提供する会社によって少しルールが違うかもしれないので、事前にチェックしておきましょう。

・初めての先生だと不安。日本語で伝わる?

事前予約で先生を選べるものが多いですが、実際に話してみないとどうしても先生との相性は分かりません。

また、フィリピン人の講師は英語しか話せないので、
親が日本語のフォローをしないといけない、という話は良く聞きます。

いい先生を見つけられたら、先々までどんどん予約しちゃいましょう。

※GLOBAL CROWNはバイリンガルなのでレッスンは先生任せでOKです!

・自宅だとテレビやおもちゃがあって集中できないのでは?

これは、通信教材も同じことが言えます。
さすがにレッスンの時にはテレビを消したり、集中力がそがれるものは遠ざけましょう。

相手に先生がいるので、子どもも少し緊張感を持ちながらレッスンをできますが、
「自宅学習」という観点では同じなので、やはり最低限の親のフォローは必要です。

いかがでしょうか?
デメリットを考えればもちろんいくつかはありますが、ママが働いていたり、他の習い事で忙しい子どもなら、
英会話教室や英語教材よりはメリットに感じる方もいるのではないでしょうか?

DVDなどの子どもの英会話教材。実際の値段と使い方は?

子どもの習い事は家の近くや地元の通える教室、というのが一般的ですが、
進研ゼミやこどもチャレンジ、ドラゼミなど、子ども向けの通信教育も数多くありって非常に充実しています。

通わなくても、定期的に自宅に教材が届くというのが魅力のひとつですが、
習い事の教室探しをしなくても、豊富なカリキュラムや色んな教科を選んで購入できるのもよいところです。

子どもの習い事の悩みの種のひとつが送り迎えが大変なことなので、
英語教育に関しても、通信教育を使ったことがある、購入したことがある、という方も多いのではないでしょうか?

英語に特化して通信教育の種類をピックアップさせていただきます!

 

月々支払う始めやすい通信教材

しまじろうの幼児英語 | こどもちゃれんじEnglish

まずはみんな大好きしまじろう!ベネッセが提供しています。

しまじろうに挨拶を教えてもらった、トイレの行き方を教えてもらったなんて、
幼児時期から何かと接点が多い有名キャラクターです。

しまじろうが英語を教えてくれるなら子どもたちはきっと英語が好きになるはず!
しかも、教材は2歳から使えるおもちゃ付き。上は6歳までラインナップがあります。
月々3,000~4,000円程度でとてもお手ごろです。
http://www.shimajiro.co.jp/english/course/next/

2・3歳 → 受講費は1回あたり 2,880円
4・5・6歳 → 受講費は1回あたり 3,412円

 

さらに、小学生には

Challenge English

というコースもあるので長く続けることもできます。

http://sho.benesse.co.jp/challenge_english/index.html

 

小学校でも受講費は、月3,000円程度。

一般的な英語教室の約1/4の受講費*を維持しています。(*※矢野経済研究所「2016語学ビジネス徹底調査レポート」幼児・子供英会話教室市場における上位3社の小学生向けコース月謝の平均値と、進研ゼミ会員特別価格で12か月分一括払いの場合でひと月あたりの価格を比較)

http://sho.benesse.co.jp/challenge_english/price/

とアピールしているぐらい通うより安い!手軽!というのが売りです。

 

 

やるならガッツリ!まとめ買いの通信教材

実は、月々支払いタイプの通信教材は意外と少なく、それ以外は一括まとめ買いがほとんどなんです。

 

ディズニーの英語システム

最大手!?こちらもみんな大好きディズニーです。
ワールドファミリーというディズニーキャラクターが出てくる英語教材。

「高額」という印象が強いですが、公式ページには明記されておらず、検索すると出てきました。

http://www.dwe-dwe.biz/nedann.html

は、はちじゅうまん・・・!?と目玉が飛び出そうですが、一番安いパッケージで15万というのもあります。
よく聞くのは「30万ぐらいまとめて支払った」「50万は高かった」という話なので、
みなさんドナルドからミッキーぐらいのパッケージを選んでいるのでしょう。

高いことは高いですが、ワールドファミリーを購入していると特別イベントなどにも行ける、というコミュニティが存在しています。
https://world-family.co.jp/community/

私のまわりでこのイベントに行ったことがある人がいないので、詳細は不明ですが、
通信教材だけでなく、実践の場があるのは嬉しいかも。

でも、やはり高いですね。

Benesse

幼児英語Worldwide Kids

同じようなパッケージ型で有名なのはワールドワイドキッズ。これはベネッセが提供しています。

<Stage 0~6>総額 226,800円[税込・送料込]

0歳から始めて小学校入学まで6年間使うと1ヵ月換算で3,436円 ※税・送料込。※6年間(72ヵ月で割った金額です。) ※ワークショップ、オンラインレッスンの利用は別途費用がかかります。

 

総額は20万越えとやはり高いですが、ワールドファミリーよりはちょっと安めですね。

 

もっともっと手軽に!という方は、アルクはどうでしょう?

アルクのabc DVDボックス

DVDのみですが、35,640円とかなり手軽にスタートはできます。

 

親が習慣化をサポートしないと意味がない

「買ったけど使いこなせなかった・・・」
「家のインテリアのようになってしまった・・・」
「最初は楽しく見ていたけど、日本語のアニメの方が好きになってしまった・・・」

なんてママの感想も多く出てくるのが通信教材の盲点です。

もちろん、教材自体は素晴らしく、ちゃんと使い続ければ発音や語威力は身に付きます。
ただし、ママのサポートあってのこと。

DVDを定期的に流したり、一緒に見たり遊んであげたり、
日々の生活の中でちゃんと教材を使う習慣化をしないと宝の持ち腐れになってしまいます。

たくさんのおもちゃやアニメDVDのひとつとして捕らえるのではなく、
必ず毎日20~30分は使う、見せる、など工夫が必要です。

 

ディズニーの英語教材ワールドファミリーの使い方についてまとまった記事を発見したのでご紹介させていただきます。
http://kids-english.wikitoha.com/dwe-junban-tukaikata/#DWE-3

「歌」がかなり大事だという事実が分かりました。子供が「内容はわかっていないが歌える」状況を作り、その後「これってこういう意味だったのね?」と紐付けしていくのがDWE教材のようです。

歌詞がきちんと使える英語になっていて、そのままの音を覚えていれば話として通じる音になっているところ。その為、変な話、「歌えば英語が通じる」ようになるそうです。

とのことです。
「歌える」が「話せる」になるための教材だったんですね。

既に買ってしまった方は、徹底的に歌えるようにサポートをしていきましょう。

子ども向けオンライン英会話の口コミまとめサイトを発見

子ども向けのオンライン英会話の口コミはまだまだ少ないのが現状。
体験談などがばらばらに投稿されていますが、唯一綺麗にまとまっていたのがこちらです。

Glolea!(グローリア)
日本最大級!ちょっとグローバル志向なママのための口コミ情報サイト

グローバルクラウンも掲載いただいておりますが、他社のサービスも投稿件数が数があるものだけピックアップさせていただきました。

 

 

グローバル クラウン

89%のパパ・ママが「満足」!発音がきれいなバイリンガル英語ティーチャーからマンツーマンで学ぶはじめての子供オンライン英会話

マンツーマンでお子様の英語レベルにあわせたカリキュラムで進めていく子供のためのオンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」

お子様のはじめての英語学習におすすめです。日本語でフォローのできるバイリンガルの先生が担当するので、まずは子供に英語を好きになってもらいたい、子供が英語に触れる時間を増やしたいというファミリーにぴったりです。

英会話を中心にプログラムされているGLOBAL CROWN。1日20分のレッスンを頻度高く繰り返すので、お子様は日常会話で使えるフレーズをどんどん覚えていきますよ

4.7点 14件の口コミ

英語も、先生も、大好きになりました!

  • お子様年齢:7歳
  • 受講期間:3ヶ月
  • 入学時期:2015年11月

娘はいつも英語の時間を楽しみにしています。元々、英語に興味があり、習いたいと言っていた娘ですが、こちらで習い始めてから、英語はもちろん先生にゾッコン!といった感じです。

両親や学校の先生より若くて親しみやすい先生たち、また教え方も丁寧ですし、フリートークも楽しんで聞いてくれます。発音がきれいでわかりやすいので、私も少し耳を傾けながら、へぇ〜と思うこともしばしば。一緒に勉強させていただいています!

それから、娘はわからない時にわからないと言えなかったり、誤魔化したりしてしまうことがあったのですが、ある時、先生が、「わからなかったら、I don’t knowって言えばいいんだよ。そうしたら、先生教えてあげるからね。」と優しく教えてくださり、それまで緊張気味だった娘の顔がほころんで、わからない時は首を傾げたり言い訳をしたりするのではなく、堂々と「I don’t know」と言えることが増えた気がしています。

これからの成長もとても楽しみです。

 

Global Step Academy

「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」! 世界初のオンライン・インターナショナルスクールでネイティブ英語を目指す

通常の日本の義務教育を受けながら中長期的にネイティブと同等の英語レベルを持っていき、将来的には世界で活躍できる人材を育成することを目的としているGlobal Step Academy( グローバルステップアカデミー )の子供向けオンラインレッスン。

3歳から中学生のお子様をメインに将来的にグローバルに活躍できる人材育成を目的とした英語教育や体験プログラムを提供しています。

4.8点 25件の口コミ

長く続けていきたいです。

  • お子様年齢:9歳
  • 在籍期間:1年
  • 入学時期:2015年4月

[受講の目的]
英語に触れる機会を増やし英語力を伸ばしたくて。

[受講のきっかけ]
習い事との両立でオンラインレッスンに興味があったので。

[プログラムや先生・スタッフについて]
先生方は、子供の様子をよく見ながら、レッスンを進めてくださいます。知らない単語や表現があれば、子供の興味のあるもので、わかりやすく説明があったり、工夫して伝えよう、という先生方の熱意を感じます。

本人は最初、「25分間は長いな。ちょっと難しいな。」と話していましたが、レッスンに慣れ、長く続けることで理解も深まり、英語力がついてきたことを実感しています。

[全体的な総評]
カリキュラムが素晴らしいと思います。 レッスン終了後、先生からメッセージが届くのが嬉しくて励みになっているようです。 長く続けていきたいです。

[検討中のママ・パパへのメッセージ]
自宅で、カリキュラムに沿ったレッスンが受けられるのが魅力です。 塾や習い事との両立も無理がなく、続けやすいです。

キッズグローバルイングリッシュ

4.7点 4件の口コミ

自宅で、好きな時間を選んで、通学することなくレッスンを受けられる!

  • お子様年齢:8歳
  • 受講期間:1年2ヶ月
  • 入学時期:2015年3月

自宅で、好きな時間を選んで、通学することなくレッスンを受けられるというのが選んだ1番の理由でした。

曜日、時間が固定されていると、学校の行事や宿題の量、子供の体調や家族の予定などでどうしてもレッスンをお休みしなければならない事もありますが、キッズグローバルなら『お休み』が無く、都合の良い時に予約する事が出来るし、帰省中でもタブレット端末などがあればいつも通りのレッスンを受ける事ができます。

他の英会話教室に通っていた時は子供の習得具合がイマイチ分かりませんでしたが、今はそばでレッスンを受けているので、子供の成長がよく分かります。

そばでレッスンを聞いてる妹達や私も、英語スキルが上がっている気がします。

 

他にも、家電の比較サイトとして有名な価格.comにも、実はオンライン英会話の口コミ投稿ページがあります。

子供向け英会話のクチコミ・評判

 

現時点で90件投稿されていますが、それぞれのスクールのまとめた星の数が見られないのが残念です。
気になる方はぜひ体験者の声をチェックしてみてください。

子どもの英会話をマンツーマンにするといくらかかる?

英語の勉強方法は色んなやり方があります。
今の時代に、学校だけで、、という方はさすがに少ないのではないでしょうか?

ジャンル別に分けてみると、
・英会話教室
・オンライン英会話
・英語教材(DVDや本など)
・留学
というのが思い浮かぶと思います。

さらに、子ども向けには、
・インターナショナルスクール、プリスクール
・親子留学
なども挙げられますね。

 

学校以外の習い事で最も選択されやすいのが英会話教室です。
予備校などでも「個別指導」がブームになっているように、英会話も同様です。
今の時代には、子どものレベルに合わせてマンツーマンレッスンを受けさせたほうが効果的だと考えられています。

オンライン英会話は、マンツーマンが当たり前ですが、一般的な英会話教室は4~5人ぐらいの集団授業が多いです。

 

でも、実際には生徒によってレベルにばらつきがあったり、恥ずかしがり屋の子はなかなか発言できなかったりしませんか?

それでは、もし英会話教室をマンツーマンにしたらいくらぐらいになるのか、を調べてみましょう。

 

55f9aa0aefd9708beea4bb2f9fac8239

料金が分かりやすく出ていたのは、Gaba kidsでした。

7aff554adb8a14f1ccc9dbca8c46cb3b

1レッスン:40分間
料金 1レッスン=約¥5,000 ※購入回数によって前後します。

とあります。チケットをまとめて購入する方法のようですね。

 

参考例として、

小学校2年生 女の子
目標:文章で会話できるようになりたい

受講回数:60回
受講期間:1年3ヶ月

→1ヶ月につき4回の計算なので、週1回のペースということになります。

 

詳しいチケット回数による金額が見つけられませんでしたが、
60回分をまとめて買うと、327,240円(税込)とあったので、1回あたり5,454円となります。

 

1ヶ月の月謝は、2万超え・・・

もし、これを週2回ペースでやると月8回なので、月謝が4万を超えてしまいます。

 

ECCにもマンツーマンレッスンのコースがあるようですが、

学習目的やレベルにより学習プランが異なりますので
詳しくはお問い合わせください。

と記載がありました。それ以外の月謝の金額と見てもGabaと同じぐらいの金額感になりそうです。

http://www.kids.ecc.jp/price/index.html

 

月2~4万円と考えると高く感じますが、
一方で大学生になってから留学で英語を学んだ人は、留学費も高くかかります。
留学先にもよりますが、渡航費や生活費含めて100万ぐらいは見込んでおいた方がいいのを考えると、
Gaba kidsの30万ぐらいは少し安くは感じるかもしれません。

 

小さいうちにしっかりと続けていくか・・・
大人になってから一気にやるか・・・
となりますが、60回分のチケットを勝って途中で子どものやる気がでなくなったら!?と思うとやっぱり勇気が要りますね。

 

このような方のために、オンライン英会話はやはり利便性が高いと思われます。

参考までにグローバルクラウンの週2回、週4回コースとマンツーマンの英会話教室を比較してみました。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e6%af%94%e8%bc%83

1回のレッスン時間が異なるので、頻度を合わせて計算してみています。

<マンツーマン英会話教室>
■週1回
1回40分×月4回:1ヶ月160分
1ヶ月の月謝:21,816円

■週2回
1回40分×月8回:1ヶ月320分
1ヶ月の月謝:43,632円

<オンライン英会話>
■週2回
1回20分×月8回:1ヶ月160分
1ヶ月の月謝:12,800円

■週4回
1回20分×月16回:1ヶ月320分
1ヶ月の月謝:17,800円

 

マンツーマン英会話は、1回20分に換算しなおすと2,727円となります。
グローバルクラウンのオンライン英会話なら週4回コースだと1,112円、週2回コースでも1,600円なので、非常に安くマンツーマンレッスンを受けられます。

自宅でのレッスンなので、送り迎えや、電車で通ったりする不安もありません。
金額や利便性を考えるととても効率的だと思いませんか?

 

実際に会った方がいい!と頑なに思う方は仕方ないですが、オンライン英会話もぜひ試してみていただきたいです。

オンライン英会話、iPadとiPhoneで学習効果に違いは?

Skypeを使ってパソコンでレッスンをするのがオンライン英会話では一般的ですが、
グローバルクラウンではiPadはiPhoneのレッスン専用アプリを提供してます。

(実は、専用アプリを提供しているところはほとんどないのが驚きです)

 

Skypeはパソコンにダウンロードしたり、Skypeへの登録が必要だったり、
その後、新しく担当する先生と毎回Skype名を使って友達登録をしないといけないのがかなり手間です。

一方で、スマホのアプリダウンロードは誰でもやったことがあるので、ママでも簡単に準備することができます。
また、アプリへのログインはグローバルクラウンへの登録情報と同じなのでパスワードを忘れる心配もありません。

 

iPadやiPhoneを持っていれば、<どこでも>レッスンを受けられるというのもおすすめポイントなので、
旅行先やお出かけ先、実家帰省中には、おじいちゃんやおばあちゃんちからもレッスンをすることができます。

(2016年10月現在はAndroidアプリのご提供はしておりません。お待ちの方申し訳ございません!)

 

iPhoneの画面でもレッスンはできるの?子どもは集中できるの?

なんて、声を聞きますが、以外にもグローバルクランの生徒の半分近くの方はiPhoneでレッスンを受けています。
生徒さんがSNSに投稿してくれた写真を拝借させていただきました。

 

10歳の男の子の様子です。
ちょっとはにかんだ笑顔が素敵です。
e69fd9b2e9aa6caca25559daec5771c8

 

別の角度でも見てみましょう。
確かに、iPhoneだと立てるのが少し苦労しそうですが、こちらのお母さんの洗濯ばさみを使ったアレンジiPhone台!
66bf22e57403ac32a3a74aadaf1caea5

奥にiPadがあるようですが、なぜかiPhoneを使っていますね。
やはり普段からお母さんが使い慣れているのでiPhoneの方がいいのでしょうか?

 

7歳の男の子と、4歳の女の子の様子です。

14484717_1153069114786159_4013956675880363706_n

14520505_1153069121452825_528296839116201340_n

この家では窓際に立てかけてくれています。

iPhoneケースによっては、動画が見れるようについ立の機能があるものもありますが、
カバーだけのものだと、みなさんのアレンジ力が光ります・・・!

大人から見ると、「画面が大きいほうが、、」と思うかもしれませんが、
iPhoneでも小さい子どもたちはじっとYouTubeを見続けたりしていると思います。

レッスンに集中できるかどうかは、画面の大きさよりも先生の質に影響することの方が大きいです。
その点、グローバルクラウンのバイリンガル講師なら自信がありますのでご安心ください。

 

学習効果に差はある?

肝心の学習効果ですが、正直に言って差はありません。

実際、iPhone PlusやiPad miniなども販売されていて、画面のサイズは人によってまちまち。
吸収力は、子どものモチベーションに影響しますので、iPhoneでもiPadでも変わらないのです。

レッスンの受け方で、学習効果があるとすると、英会話レッスンを受ける頻度がとても大事です。

一般的には、週1回の英会話教室が主流ですが、他の曜日に英語に触れないと上達はしません。
他の習い事も同様ですが、ピアノのお稽古もそれ以外の日に練習をしないと1時間のレッスンだけでは不十分。

日々、少しずつでも積み重ねることが学習効果のアップにつながります。

 

グローバルクラウンでも、元々は効果を高めるために週3回、週4回、平日毎日の3つのコースのみでしたが、
「ゆっくりペースの成長でもいいから、送り迎えなく自宅で英会話を受けさせたい」という声にこたえて今年になってから週1回、週2回のコースも追加しました。

週1回は正直あまりおすすめはしません・・・。オンライン英会話をまずは試してみたい、ぐらいの方向けです。
ゆっくりペースでもよければ週2回でもいいかもしれませんが、
もし今のうちにちゃんと英会話をインプットさせておきたい!と思うならぜひ週3回以上を選んでください。

あとは、子どものやる気と成長スピードを求めて回数を上げていってください!