子どもオンライン英会話開発
代表メッセージ

GLOBAL CROWNができるまで−①モニター検証とレッスンの成り立ち−

11月に3周年を迎えるGLOBAL CROWN。3年前、どのようにしてサービスができたのか、現在のGLOBAL CROWNに至るまでの秘話をハグカム代表の道村よりお話しします。
今回は”モニター検証はどのように行ったのか”、”先生と生徒とのレッスンはどのように成り立っていったのか”について聞きました。

■モニター募集はどのタイミングで行いましたか?

GLOBAL CROWNの構想を練っていた2015年の6月頃に、モニターというかたちで実施をしてみることにしました。Facebookで一般の生徒さまに告知をして、3〜5、6歳くらいを対象に「オンラインレッスンに興味のある方」にまずは無料でモニターにご協力いただくかたちで応募を募りました。
同様に、先生も必要だったのでバイリンガルの方々を知人経由で「ご協力いただける先生がいないか」というかたちでアルバイト募集をさせていただきました。

■最初のレッスンはどのような内容でしたか?

当時はオンラインで子どもがレッスンを受けるということが非常に珍しく、大人向けのスカイプ英会話は多くあったのですが、子どもが画面の中で集中できるのかというところにすごく疑問を持たれていたので実際にどんな様子なのかというところを検証しようと思って、画面越しに先生と子どもたちでレッスンをしていただきました。
事前のユーザーインタビューで「スカイプはよく使い方がわからない」、「パソコンは家で開きません」というお話しを聞いていたのでGLOBAL CROWNでは一番最初の段階からスマートフォンやタブレットのアプリを使ってレッスンするということを試しました。
実際にレッスンをしてみると、子どもたちの興味や関心に合わせて先生に歌を歌っていただいたり絵本を読んでいただいたり、イラストのカードをたくさん印刷して用意をしていただいたりというかたちでどれが興味を惹けるのかというところを試していました。

■モニターレッスンを行って気づいたことを教えてください。

先生たちはできるだけ明るくレッスンをしていただいているのですが、画面越しでお互いに顔が見えているだけなのでどうしても上半身だけでは限界があるなと感じました。先生たちにも身振り手振りや、実際に触れられない分オーバーに表現するということはしていただいていたのですが、なかなかそれだけではできないことも多いなと思いました。
また、レッスンの時間についてですが最初は15分レッスンをしてその後に親御さまから5分フィードバックをいただくという形を想定していたのですが、毎回「こういう風にしてほしい」と要望があるわけではなく、先生にお任せしたいという親御さまが多かったのでしっかり20分間をフルにレッスンの時間にするという形で修正をしてみました。
一方で、それ以上の25分や30分というのも相談してみたのですが、20分というのがすごく適切で「楽しい」くらいの気持ちで終わる方が次のレッスンに繋がるというお話しだったので、今のレッスン時間となっています。
歌や絵本を使ったレッスンは女の子の生徒さんからは好評があったのですが、男の子の生徒ですとか、生徒によって好みが分かれてくるので、一般的なカリキュラムに全て入れるのは少し無理があるかなと思いました。
単語カードやフラッシュカードのような単語を見せて覚えていくカードはどの生徒さんからも評価が高く、ごっこ遊びもおもしろいと言われました。「お買い物ごっこ」や「お医者さんごっこ」のようなシチュエーションを想定してレッスンをするのが、英会話フレーズもしっかりと習得できるのでこれは20分の英会話レッスンで非常に効果があるのではないかと思いました。
20分を通しでレッスンするのは先生も大変なので、全体20分の中でまず挨拶をして、単語カードを5分間やって、シチュエーショントークを10分間して、最後の2分でさようならの挨拶をするという今の構成も、そのモニターの時期に考えました。

■サービスに取り入れられた機能はありますか?

モニターレッスンでの生徒の様子や、保護者さまからのフィードバックまたは先生からのフィードバックをふまえて、やはり画面上にカードやイラストを表示させるのは必須だと再認識し、アプリの機能として開発を取り入れました。
それ以外にも、レッスンは集中して先生との会話を楽しんでいるので、時間がよくわからなくなるという声もあったので先生側には時間のカウント表示を画面上に取り入れて、生徒には時間のカウントを出すだけでは集中力が途切れてしまうので、時間のゲージを表示して、カメが歩いていって終わる時間の1分前になったら旗を取るという機能をアプリ上に入れました。これによって、カメが旗を取ったらあと1分なのでレッスン終了ですよと先生からも促しやすいという話しを聞いています。
あとは、レッスン20分間をすべて親御さまは聞いているわけではなく、台所でご飯を作っていたり、他の家事をやっているという話も聞いたのでレッスンの内容を先生に書いていただいて、レポートとしてメールやアプリ上で届けるということも機能として考えました。
また、同じ時間帯にリアルタイムで複数のレッスンが行われているので運営事務局側でしっかりとレッスンが開始されているのか、どういう状況なのか、というところを認識しなければいけないので開始されているかどうかをシステム上からデータを取得できるように開発をしています。

■モニター検証を実施して良かったことは?

やはり大人だけではイメージしきれなかった反応が多く、モニターレッスンをして本当に良かったと思っています。
もう一つ大きな発見は、生徒が先生の空いている時間を見つけて予約ををしていく、毎回時間にバラつきがあるのかなと思っていたのですが、事前にヒアリングをしたところ曜日と時間に関しては一定であることがわかりました。子どもたちの生活リズムは一定なのでレッスン時間を固定して習慣化させることができるなとその時に手応えを感じました。
先生の接し方についてやその後に考えたカリキュラムに関してもとても参考になったので、モニター実施は本当に良かったと思います。

■モニターレッスンに参加してくれた生徒について

参加していただいたモニターの生徒は、その後も長くレッスンを続けていただいていて本当に感謝しています。親御さまからもオンラインレッスンというものを試してみて、「送り迎えがなくて非常に助かった」、「レッスン中の20分間で家事が捗る」など嬉しい声を聞けたのでとても良い実施になったと思います。当時モニターに参加していただいていた3歳の女の子は今でも平日毎日、週5日間ずっと続けていただいていて、今年で小学校に上がったのですが、英語のスキルが上がっていて新しい先生とのレッスンでも自分の夢を英語で話していたりと、今後の成長も楽しみにしています。


GLOBAL CROWN無料体験レッスンへのお申込みはこちら

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNトップページ

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...