代表メッセージ

理想的なオンライン英会話レッスン、保護者のサポートは必要?

理想的なオンライン英会話レッスンについて

 前回、理想的なオンライン英会話レッスンとしておすすめの頻度や自習についてお話しをしました。今回は頻度や自習に次いでよく質問をいただくポイント、保護者のサポートは必要かどうかについてをお伝えいたします。

 

保護者のサポートは必要か

 お子さまの性格や年齢にもよりますが、基本的には保護者のサポートなしでレッスンを受講いただくのをおすすめしています。GLOBAL CROWNのバイリンガル講師は、英語と日本語が話せる、という点だけでなく子どもと接するのが好きかどうかも重要な採用基準を設けて選考しております。子どもの心を掴み、先生とうまく打ち解けた上でレッスンをすすめていきますので安心してレッスンをお任せいただければと思います。入会いただいている生徒たちの場合は、リビングで一人でレッスンを受けていて、保護者は離れたところで家事をしている、または生徒は自分の部屋で一人でレッスンを受けているということが多いです。

 

なぜサポートなしがおすすめ?

 これまで十万回以上のレッスンを行ってきた状況からも、保護者のサポートなくレッスンを楽しんでいただけている場合の方がよりレッスンへ集中してくれていたり、自主的に取り組んでくれるようになっているという傾向がわかっています。

 英会話のレッスンでは英語を使いながら、先生とごっこ遊びをしたり、こんな話がしたい、というのを英語で言える練習をしていきます。楽しんで取り組むためには、緊張をほぐし、先生と打ち解けてもらうことが重要です。すぐ隣に保護者がいると、どうしても親の目を気にしてしまって打ち解けにくくなってしまうことや、間違えないようにという気持ちが強くなってしまってなかなか英語が出てこなくなってしまうというケースがあるようです。先生と仲良くなり、その先生と会話するためにも英語を頑張ろう!という気持ちになってもらえると自主的にレッスンに参加してくれて、成長もより効果的になりますので、リラックスして先生の会話を楽しめる空間を用意してあげることをおすすめしています。

 

サポートが必要なケース

 一方で、まだ年齢が低くてどうしても一人では画面の前に座っていられない、という場合や初めたばかりで緊張があり、保護者が側にいた方が安心という場合には、無理に一人で受ける必要はありません。隣で見守っていただいたり、画面の前で先生にお顔を見せていただけるようサポートをお願いします。緊張してしまってなかなか話せないという時には、先生から「お母さんと一緒に言ってみよう!」と促しますので、一緒に答えてもらえると安心感が生まれて緊張がほぐれるかと思います。

 

サポートするとき気をつけること

 サポートいただく場合、保護者が答えを横で教えてしまったり、間違えたときに指摘してしまうことは少しご注意いただけると良いと思います。私も親なので気持ちはとてもわかるのですが、やはり先に答えを言われてしまうとどうしても今後も甘えてしまったり、反対にやる気を削いでしまうことに繋がるケースが多いです。先生もペースに合わせてすすめてくれるので安心してお任せしていただければと思います。また、間違ってしまったときに指摘してしまうのもご注意ください。まずは英語で答えてくれたということを褒め、先生から正しいフレーズや発音をお伝えしますので、そこで一緒に練習をしていきましょう。

 レッスンに慣れてきたり、打ち解けた先生となら一人で受けられるという状態になりましたら一人で受けてみよう!という日をつくってあげながら様子を見ていただければと思います。この場合はサポートした方が良いのか、わからないということも多いと思います。運営事務局までご連絡をいただけましたら、状況に合わせてより良いサポートについてお伝えいたしますので是非お気軽にご相談ください。


OBAL CROWN無料体験レッスンへのお申込みはこちら

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNトップページ

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...