オンライン英会話 英語教育

GLOBAL CROWN活用法と英語学習の4つのコツ【前編】

レッスンを受ける心構えと英語学習のコツ

今回は英語学習をはじめる上でよく伺うお悩みについて、GLOBAL CROWNのミカ先生からのアドバイスを紹介します。
レッスンに興味をお持ちの方や子供の英語が伸び悩んでいる方へ、レッスンを受ける心構えと英語学習のコツをお伝えします。

【レッスンの進め方のコツ】
①目的を持ってレッスンに取り組む
②レッスン中は受け身学習ではなく自発的に質問し、自分で考える力を育てる努力をする
③毎回のレッスンの復習をしっかりする
④子供に代わって答えをすぐに答えない、答えをすぐに教えないようする

オンライン英会話GLOBAL CROWNのおさらい

4つのコツの前にまずは、GLOBAL CROWNのレッスンの流れをおさらいします。GLOBAL CROWNのレッスンは初心者でも取り組みやすいようレッスン時間が20分になっています。また、レッスン内容はGreeting Time・Word Time・Phrase Time・Goodbye Timeの4つのセクションに分かれています。

レッスンの最初はGreeting Timeから始まります。Greeting Timeでは挨拶、自己紹介、今日したこと、今日の体調、最近あった出来事などをお話しします。
次はWord Timeです。様々なジャンルの単語カードを使い、5分程度時間をとって新しい単語や前回の復習などをします。

単語の練習が一通り終わると次はPhrase Timeに進みます。Phrase Timeではイラストモードという画面に移り、ディスプレイ画面全体に表示される絵をみることができます。絵にあったシチュエーションのフレーズや表現・会話の練習をします。様々なシチュエーションを想定して動物園、レストラン、街中、公園、学校等の絵を使ってフレーズの練習や会話の練習ができます。

最後にGoodbye Timeです。Goodbye Timeではお別れの挨拶とレッスンで学んだ内容の宿題が先生から渡されます。

以上の4段構成で着実にボキャブラリーとフレーズを毎回のレッスンで増やしていくことを目的として通常のレッスンは組まれています。
一通りGLOBAL CROWNレッスンの流れはつかめたでしょうか?それでは早速レッスンのコツをご紹介します。

【GLOBAL CROWNのレッスンの詳細はこちら】

①「目的を持ってレッスンに取り組む」

もちろん、子供が英語学習初心者で何を目標にしたら良いのかわからない場合、「英語に慣れること」を目標にレッスンを受講されると良いスタートがきれるでしょう。
子供にとって、はじめて聞く外国の言葉は耳にするだけでもストレスがかかることです。最初はあせらずに英語の音や言い方に慣れていってください。

レッスンに慣れてくると、だんだんとレッスンに飽きてしまいます。しかし、飽きてしまうのは自然なことですので、「飽きた」ということをネガティブにとらえず、ぜひポジティブに考えてみてください。
初心に戻り、初めてレッスンを受けたときと今のレッスン状況を思い出して比較してみてください。初めてのレッスンではきっと緊張していて英語に対して恐怖心や不安な気持ちがあったと思います。もし、今リラックスしてレッスンに臨めているなら、それは子供が成長した証です。子供にとって英語はもはや恐怖心や不安といった対象ではなくなったと解釈できませんか?
「慣れ」や「飽き」が目立ってきたら、子様は次の英語学習のステージに進む準備ができたのだと、ポジティブに思考転換してみましょう。

次に英語の恐怖心が消え去り、次の学習ステージに進む準備が整ったら、目標を設定します。目標は保護者でも講師でもなく、子供自身に自分の目標を設定してもらいましょう。自分で立てた目標に沿ってレッスンを受けると、より学習意欲が高まり、英語がより好きになっていきます。
簡単に目標と言っても、何を目標にしたらいいか最初は難しいと感じてしまうかもしれませんが、以下の目標設定で避けてほしい項目だけを守ることができれば、達成可能な目標をすぐに立てることができます。

英語学習の目標設定で気をつけること

目標設定で気をつけていただきたいことが3点あります。

1点目は目標設定を高くしすぎない。
2点目は目標設定を曖昧にしない。
3点目は目標設定された目標は達成可能であるかどうかを考慮する。

以上3点に気をつけて目標を考えてみてください。

具体的に目標例を挙げると、
「自分で作った英語のスピーチ原稿を上手く言えるようになりたい」という目標。英語のスピーチ原稿音読練習であれば、発音に重点を当てて練習ができます。一つ一つの単語だけの発音ではなく、文章の流れとしての音読練習が可能です。英語独特の音の強弱、音の欠落、連結といった技術的なことを学ぶことができます。
海外旅行に行くなら、「海外旅行先で使えるフレーズをマスターしたい」といった目標を掲げることもできます。空港や飛行機内を想定したフレーズや、初めて会う外国人やホストファミリーの人に対する挨拶の仕方や練習もできます。
旅行に行かなくても、「学校に交換留学で訪れている留学生に英語でインタビューを考えて英語で質問する」という目標も作ることができます。
もっと身近な目標であれば、「近所のスーパーに並べてある野菜を全部英語で言えるようにする」などの目標を立てることもできます。マンツーマンの英語レッスンだからこそできる一人一人のニーズに合った実生活で活用できる英語学習ができます。

目標はどんなに小さくても些細なことでも構いません。子供が「できた」・「わかった」と実感することが大切です。成功体験を得られたことで自ら英語を勉強しようと考え行動します。ぜひ目標を持ってレッスンを受けてみてください。保護者の方がいくら毎日熱心に英語教育をしていたとしても、子供自身に熱心に英語と向き合いたいという気持ちがなければ、英語を勉強し続けることは難しいでしょう。
勉強を強いられると感じるよりも自発的に自ら進んで勉強をしていると感じている子供の方が楽しく英語が身についていく傾向があります。

ぜひ一度レッスンで試してみください。きっと子供達はより楽しく英語と向き合ってくれると思います。
次回、レッスンの進め方コツ②〜④をお伝えします。

【後編はこちら】

【GLOBAL CROWN無料レッスンのお申込みはこちら】

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...