英語教育

バイリテラシーとは?英語教育に取り入れるメリットや身につけるためにできること

子どもの英語教育の中に『バイリテラシー』と呼ばれる言葉があります。バイリテラシーを英語教育に取り入れることでさまざまなメリットがあるといわれていますが、どのような意味や効果があるのでしょうか。

 

本記事では、バイリテラシーの意味や英語教育に取り入れるメリットなどを解説します。また、子どもの英語教育におすすめの方法なども紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

英語教育におけるバイリテラシーとは?

英語教育に取り入れることが推奨されているバイリテラシーにはどのような意味があるのでしょうか。また、バイリテラシーを英語教育に取り入れることで得られるメリットについて詳しく解説します。

 

バイリテラシーの概要

バイリテラシーとは、二つの言語を使って学習できる人を表す言葉です。英語圏以外の国の中には母国語以外に第二言語を持つ場合も多く、子どもの頃から母国語と同時に英語を学んでいます。

 

バイリテラシーに似た言葉にバイリンガルと呼ばれる人がいます。バイリンガルとは、二つの言語を使って日常的にコミュニケーションを取れる人を意味する言葉です。

 

バイリテラシーは、英語圏の同世代の子どもたちが英語を習うのと同様のカリキュラムで学習を進められます。したがって、ネイティブな発音や文法、単語などを子どもの頃から身につけられます。バイリテラシーは言語の習得だけでなく、知識力や論理的思考力、基本的学習能力などを伸ばし、自信につなげることも目的としているのです。

 

バイリテラシーを英語教育に取り入れるメリット

バイリテラシーを英語教育に取り入れた場合、さまざまなメリットがあります。バイリテラシーを取り入れた英語学習を受けると言語の習得だけでなく、関連する知識や論理的な思考力の向上も期待できます。英語脳を自然につくれるため英語に対する自信をつけるのに有効です。

 

バイリテラシーを取り入れた英語教育を受けた子どもは、一つの言語のみを話す子どもよりも思考力が高くなる傾向にあります。なぜなら言語教育は子どもの知性を育てることと密接につながっているからです。

 

また、言語を学ぶ中で異国文化の背景も同時に学べます。言語教育を通して学んだ知識や情報は子どもの思考力にも影響を及ぼし、広い視点を持つきっかけにもなるでしょう。

 

バイリテラシーを英語教育に取り入れることで、物事を客観的に分析できる能力や異なる文化などに対して前向きに受け入れられる能力も養えるのです。

 

バイリテラシーを身につける方法として英会話教室で学ぶメリット

二つの言語で学習できるようになるには、まず英語の聞く力と話す力を伸ばす必要があります。本章では、聞くことや話すことの能力を効率的に学習できる英会話教室で学ぶメリットを解説します。

 

英語を吸収しやすい

英会話教室で英語を学ぶメリットは英語を正しく聞き取れるようになることです。幼少期からネイティブに近い英語を聞くことで英語耳がつくられるため、正しい発音で英語を話し、聞き取りやすくなります。英語耳とは、正しい発音の英語を聞き取れる耳のことです。

 

英語耳を身につけるのに適している年齢は3〜7歳頃です。3〜7歳頃はゴールデンエイジ期でもあるため、英語学習を始めるベストタイミングといえます。ゴールデンエイジ期とは神経系の成長期にあたる時期のことです。一般的に3〜12歳頃までの年齢を指します。

例えば、ゴールデンエイジ期に運動を始めると運動神経が向上するといわれています。運動神経と同様にゴールデンエイジ期に英語の学習を始めることで英語耳をつくりやすくなるのです。

 

ゴールデンエイジ期では、楽しみながら成長できる教育が求められます。そのため、歌やゲームを交えた楽しいカリキュラムがある英会話教室を利用することで、自然に英語を吸収でき、技術の習得につながるでしょう。

 

英語に対して苦手意識がなくなる

子どもを英会話教室で学ばせることによって、英語に対する子どもの苦手意識をなくすことも可能です。日本人は英語に対する苦手意識を持っている人が多い傾向にあります。

 

従来の日本の英語教育は『読み書き』の能力を主軸にした学習が進められていました。聞く能力や話す能力を十分に学んでいないことにより、英語に苦手意識を持っている人が少なくありません。英語に対して自信をつけるためにも、聞く能力や話す能力を学べる英会話教室は有効です。

 

前述したように、子どもを対象にした英会話教室ではカリキュラムに英語の歌やゲームなどを自然に取り入れながら学習する工夫をしています。遊びの延長で英語を学べるため、気が付いたらすっかり英語に慣れていたということもよくあります。

 

幼少期から英会話教室で学ぶことで、英語の授業が始まる頃には英語を特別な言語と構えず苦手意識を感じなくなるでしょう。そこから英語の授業内容も自然に吸収できることが期待できます。

 

英語で意見を述べられるようになる

英会話教室で学ばせることで子どもは英語で自分の意見を伝えられるようになります。英会話教室では、英語の正しい発音や文法、単語などの学習はもちろん、英語で自分の考えを述べるレッスンもカリキュラムに含まれているケースが多いです。

自ら考えて学習していく学習スタイル(アクティブラーニング)を取り入れることで、自分の意見や気持ちを伝えるトレーニングになります。カリキュラムに意見交換などを組み込めば、英語で発信する力や習慣を身につけることができます。また、英語学習を通してコミュニケーションに必要となる、英語で話したり、英語を正確に聞き取ったりする能力を養えます。

 

小学校からの英語の授業に備えられる

2020年度に学習指導要領が改訂され、小学校5~6年生から英語が必修科目に指定されました。小学校3~4年生は授業ではなく、外国語活動の実施が定められています。小学校5~6年生が英語を学ぶのは年間75時間、小学校3~4年生は年間35時間の外国語活動が義務付けられています。

 

これまで英語に触れる機会がなかった子どもの場合、英語に対して苦手意識を持つ場合も少なくないでしょう。上述したゴールデンエイジ期に英語を学ばせる有用性からもわかるとおり、幼少期に英会話を学べる環境を用意してあげることが重要です。

 

幼少期に英会話を学んだ子どもは英語に対して苦手意識を持たず、小学校で授業を受けたときにも自信を持って英語を学べるようになるでしょう。

 

子どもの英会話はオンラインで学ぶ方法もおすすめ

自然に楽しく子どもに英会話を学ばせるなら自宅で気軽に英語を学べるオンライン英会話教室がおすすめです。ここでは、オンライン英会話教室を選ぶメリットを紹介します。

 

費用を抑えつつ質の高い英会話が学べる

オンライン英会話教室では費用を安く抑えながら質の高い英会話を子どもに学ばせられます。インターネット環境さえ整っていれば、自宅からでも英会話を学べるため交通費が不要です。また、自宅から英会話教室に移動する時間や手間も省けます。教材費やレッスン料が安く抑えられるため、いつでも気軽に始められるでしょう。

 

オンライン英会話教室の種類はさまざまですが、マンツーマンによるレッスンやバイリンガル講師から直接指導を受けられるものがおすすめです。マンツーマンによるレッスンであれば子どものレベルに合わせたカリキュラムで進められます。

 

オンライン英会話教室「GLOBAL CROWN」は、日本語と英語がどちらもネイティブレベルのバイリンガル講師とマンツーマンレッスンが受けられます。

 

学習スケジュールを立てやすい

オンライン英会話教室を利用すれば、子どもの学習スケジュールを立てやすくなります。オンライン英会話教室は自宅にいながら英語のレッスンを受けられるため、子どもの生活リズムや時間に合わせた学習をおこないやすいメリットがあります。

 

一般的な英会話教室の場合、事前に決められたレッスン日に予約を入れる必要があり、予約が空いていないと別の日を選ばなければなりません。一方で、オンライン英会話教室は事前に「〇曜日の〇時から」とレッスンの日程を決められるケースが多いです。たとえレッスン日に急用が入ってしまった場合でも、振替日を決められるため安心です。

 

オンライン英会話教室「GLOBAL CROWN」では、レッスン前日の23時59分までならアプリから簡単に振り替えができるため安心です。

それぞれの子どもに合わせたカリキュラムを作成できる

子ども向けのオンライン英会話教室では、それぞれの子どもが何に興味や関心があるのかを見極めた上で楽しく学習できるカリキュラムを作成するのが一般的です。

 

株式会社ハグカムが運営しているオンライン英会話教室「GLOBAL CROWN」では、英語の能力を測ることができる国際基準のCEFR(セファール)や、日本の学習指導要領に基づいて定められた「CAN-DO目標(何ができるようになるか)」を目安にカリキュラムが構成されています。

 

「GLOBAL CROWN」で英語を学ぶことで、英語の習得に必要な4技能(聞く力・話す力・読む力・書く力)を自然に身につけられます。

 

子どもの英会話の上達を実感できる

一般的な英会話教室に通う場合、子どものみがレッスンを受けられるため「子どもの英会話がどの程度上達しているのか」など成長のプロセスを保護者が実感できないケースも多いでしょう。

 

オンライン英会話教室では自宅にいながらレッスンを受けられるため、保護者は子どもの英会話の上達ぶりをそばで確認できます。また、子どもの英会話の上達を褒めたりレッスンで学ぶ内容の予習・復習を見てあげたりするなど、共通の話題をきっかけとした親子のコミュニケーションにもつながるでしょう。

 

まとめ

バイリテラシーとは、二つの言語で学習できる人を指す言葉です。幼少期から日本語と一緒に英語を学ばせることで、知識力や論理的思考力などを伸ばすことも可能です。

 

株式会社ハグカムが運営しているオンライン英会話教室「GLOBAL CROWN」は、幼少期の子どもでも楽しく英語学習を続けられる「夢中メソッド」を取り入れたカリキュラムを実施しています。

 

日本語と英語のスキルがネイティブレベルのバイリンガル講師のレッスンを受けられるほか、ゲームなどを取り入れたレッスン内容を用意しています。まずは、無料体験をお試しください。

ただいまGROBAL CROWNでは無料体験レッスン(2回)を行っています!お気軽にご参加くださいませ🌸

子どものためのオンライン英会話GLOBAL CROWNの無料体験レッスンの詳細はこちら>>

また、公式SNSでもレッスンの風景や英語にまつわる豆知識など、たくさんの情報を配信しています。

キャンペーン情報もございますので、ぜひチェックしてみてください!

公式 Instagram

公式 Facebook

 

The following two tabs change content below.

Hugcome

株式会社ハグカムは<子どもの「夢中の力」を信じる>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

おすすめ