学研

キッズ専門のオンライン英会話8社の特徴をまとめてみました

大人向けが主な対象者のオンライン英会話ですが、実は「子ども専門」を掲げているところはいくつかあります。
調べている方は金額の違いぐらいしか比較しづらいと思いますが、それ以外の特徴やオプションについて分かりやすくまとめてみました。

グローバルクラウン含めて、計8サービスをピックアップしてみました。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e5%90%91%e3%81%91%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8

 

まずは、当社のグローバルクラウンから、比較表で見てもらったとおり、バイリンガルを採用していたり、Skypeを使わずに専用アプリを提供しているのはグローバルクラウンだけなんです・・・!

logo03

グローバルクラウンは子どもたち専門のマンツーマン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるスキルを持ったバイリンガルの先生たちと英会話レッスンを初めてみましょう!iPhone, iPadがあれば受講可能です!

<特徴>
バイリンガル講師
予約がいらないシステム
iPadやiPhoneでレッスン可能

※追記
他が25分のレッスンなのに対して、20分という少し短めの時間です。
ですが、子どもの集中力は10~15分が限界と言われているため、使っている生徒のお母さんからは「20分がちょうどいい」とおっしゃっていただいています。
レッスンの進捗を記録しているため、月謝につき子どもひとりのみですが、小さい弟妹が横で一緒に聞いていたり、お母さんがレッスンに入ってもかまいません。

 

Hatchlink Jr

ハッチリンクジュニアは子供専用のオンライン英会話スクールです
レッスンはパソコンを使用して、ご自宅とフィリピンのHatchlink-Learning Centerに勤務するフィリピン人講師とを結び無料テレビ電話Skype(スカイプ)を使用して行うオンライン授業です。

ハッチリンクジュニアは講師、カリキュラム、レッスン内容、レッスン時間を幼児、小学生、中学生、高校生(3才~15才)のお子様に焦点をあてました子供専用のオンライン英会話スクールです。

ご自宅からオンラインにて英語授業を行うため、従来の英会話教室に必要であった面倒な送り迎えもいらず便利で、安心な習い事です。レッスンの予約はクリック1つで簡単に予約ができます。

<特徴>
3歳から高校生まで使える
フィリピン人講師
講師の研修による指導力
1つのアカウントで兄弟、家族も使える

※追記
フィリピン人講師や仕組みは他とあまり変わりはありませんが、高校生までカバーしているのが特徴です。
また、ひとつのアカウントで家族が誰でも使えるのもお得感があります。

 

COCO塾ジュニア オンライン英会話は、COCO塾ジュニア独自のメソッドを凝縮させたレッスンで、英語での「対話力」を養うとともに、
「楽しい!」「通じた!」の感動を、親子で一緒に、ご自宅で体験できます。
“やりたいことは、英語の先にある。”その一歩をCOCO塾ジュニア オンライン英会話で。

<特徴>
チャレンジしやすい価格設定
フィリピン人講師
小学生以上が対象

※追記
他よりも対象年齢が少し高めで、小学生以上に設定されています。
元々はCOCO塾が母体なので、幼児向けのカリキュラムや講師ではないためかな、と思います。
親子で一緒にレッスンを受けても大丈夫だそうです。

 

大人向けのオンライン英会話QQ Englishが学研と共同で運営している子ども向けのオンライン英会話サービス。

<特徴>
学研の教材が使える(教材費別)
フィリピン人講師
講師にはTESOL(国際教育免許)取得を義務付け

※追記
少し金額は高めですが、学研の教材を使ってレッスンを受けられるのが特徴です。
月4回と月8回は休めですが、その次のコースが毎日1回でいっきに値段が上がります。
どのプランを選択するか悩みどころですね。

 

子ども専門英会話教室 KIDS STAR ENGLISH キッズスター★イングリッシュ

3才から始められる英会話レッスンなので、学習がスムーズ!
英語教材のテキストをもとに学習を進めるレッスンに加え、カードを使ったり、歌を歌ったりする「フリートークレッスン」もご用意しております。
お子様一人ひとりのレベルに合わせて、無理なく英会話力を高めていくことが可能です。
今まで英語を習ったことのないお子様もご安心ください。

<特徴>
3才からが対象
フィリピン人講師
月額2980円~

※追記
金額や仕組みはハッチリンクジュニアなどと同じくオーソドックスなものです。
フィリピン人講師でいいからとにかく手軽に始めてみたい人向けだと思います。

スカイプでオンライン英会話。子供専門英会話「リップルキッズパーク」

日本初の子供専門スカイプ英会話。オンライン英会話「リップルキッズパーク」。無料通話ソフト「スカイプ(Skype)」で好きな時間に外国人講師のマンツーマンレッスンが受講でき、初めてでも安心して英会話が始められます。

<特徴>
日本初の子ども専門オンライン英会話
フィリピン人講師
一人分の月謝で兄妹もレッスン可能

※追記
日本初、ということで一番長く運営されているはずです。
講師や仕組みは他と同等なので、似たようなサービスは体験レッスンを受けてみていい先生に出会えるか、がキモになりますね。

 

hanaso_logo

hanasoでは厳しい基準・研修をクリアした講師のみを採用しております。
また、多くの英語教師の方の意見を元に試行錯誤の結果完成したOxford社出版の Let’s Go を推奨教材とし、 皆様のお子様へ「楽しくきちんと学ぶ」をしっかりと提供できる環境を用意いたしました。
体験レッスン2回、もしくはレベルチェック1回+体験レッスン1回を無料でご利用いただけますので、 お気軽に hanaso kids レッスンをご体験くださいませ。

<特徴>
体験レッスンでレベルチェック可能
フィリピン人講師
Oxford社の教材使用

※追記
こちらもフィリピン人講師でSkype利用のオーソドックスなものです。
体験レッスンでレベルチェックをしてもらえるのがちょっと気になります。

 

こどもチャレンジ English会員専用のオンラインレッスンプログラム。〈しまじろうTALK〉は、毎号の教材にプラスして、外国にいる先生から直接英語を学べる新サービス。先生との楽しい会話で英語がもっと好きになれます。

<特徴>
会員専用のオプションサービス
2ヶ月で2,916円(ただし、3レッスンのみ)
フィリピン人講師

※追記
こどもチャレンジ Englishの教材を購入している方のみのオプションサービスです。
2ヶ月で2916円と安いですが、3回しか受けられないので1回あたりは高く感じます。
あくまでも通信教材の補完授業といった印象です。

参考になりましたでしょうか?
どこのサービスも無料体験を実施しているので、ぜひまずは試してみることをおすすめします!

子ども向けのオンライン英会話6サービスを比較

子ども向けのオンライン英会話サービスも少しずつ増えてきましたが、
よく名前を聞くところは限られてきたように感じます。

各社のホームページを見ても書いていることがばらばらなのでなかなか比較しづらく、
無料体験レッスンまでもたどり着けない方もいるのではないでしょうか?

ハグカムが運営するグローバルクラウンも含め、
よく名前を聞く6サービスを徹底比較してみようと思います。

比較するのは、

  • DMM英会話
  • Talking Time(学研×QQ English)
  • GLOBAL CROEN(グローバルクラウン)
  • リップルキッズパーク
  • hanasoキッズ
  • こどもチャレンジEnglish

の6つです。

 

まずは一覧を!!

%e5%9b%b31

 

 

これを踏まえて、1社ずつ特長をまとめてみました。

 

DMM英会話

そばで成長を実感できる! オンライン こども英会話! 1回あたり 124円~

大人向けとしては最もメジャーではないでしょうか?
「オンライン英会話知ってますか?」と聞くと、「あぁ、DMMの…」と答える方多いです。

こども英会話専用のページもあります。
http://eikaiwa.dmm.com/kids/

レッスン内容とかを調べてみたら、
基本的には、大人向けと同じ料金プランや受講方法です。

予約画面に

61cb7c4971865c3ef1c5d029d1cae5c9

「キッズ向け」のマークがあり、これで絞り込んで先生を予約します。

 

2f121b8aab25fd56596fef36388c140a

スタンダードプランは、<60ヵ国の講師と毎日話せる>
フルネイティブプランは、<60ヵ国+ネイティブの講師と毎日話せる>
というのが金額の違いです。

聞いた話によると、60カ国の講師と書いてありましたが、やはりフィリピン人などのアジア圏の講師が多いようです。
ネイティブというのは、英語を母国語として使っている人を指すので、
イギリスやアメリカの国籍の先生でしょう。

そうなると、さすがに3倍の値段になります。
それでも、1レッスン510円はやはり安いです。

 

Talking Time

”話せる”英語が必ず身につく!学研のオンライン英会話 Talkin Time

続いて、学研のオンライン英会話です。
運営や講師はQQ Englishという大人向けのオンライン英会話を提供している会社が請け負っているようです。

なので、講師はみんなフィリピン人です。
仕組みはDMM英会話と同じで、講師予約のときに子供対応OKな先生を選ぶのでしょうね。

月4回       3,780円
月8回       6,361円
毎日1回受け放題   19,224円

※税込みに計算しなおしています

この金額だけ見ると同じようなフィリピン人講師でDMM英会話と3倍の値段になるのでちょっと高い?
と思ってしまいますが、一番の魅力は、学研のテキストが使えるということです。

 

db20b834c54cd624e0af5998ee59803e

しかし、教材費は別・・・それぞれ1,800円でした。

となると、この教材を使えるような講師の質が気になるところですね。

 

 

グローバルクラウンを飛ばして・・・

リップルキッズパーク

hanasoキッズ

昔から子どもに特化したページや講師の質をプッシュしていたオンライン英会話サービスです。

 

講師は他と同じくフィリピン人。
子ども向けに育成をしているのが売りだそうです。

営業時間が子どもに合わせて少し短いですね。

 

DMM英会話やTalking Timeと違うのは料金プランです。

リップルキッズパークは、
週1回プランから週5回プランまで選べます。
hanasoキッズは、週1回と週2回しか基本プランがありませんでした。

金額感はほぼ同じです。

 

子どもの習い事、と考えると英会話の曜日を決めて予約をしておきたいですね。
その週にレッスンを予約して使わないと消化されてしまう仕組みなので、忘れてしまうともったいない!

もっとやりたい!という方はチケット購入の方法があります。

リップルは各プランの人が買えるチケットの単価が決まっています。
表がややこしいので詳しくはそちらを見てください。
http://www.ripple-kidspark.com/user/payment/payment.php

 

hanasoキッズは一律で分かりやすいです。
多く買えば買うほどお得になります。

5枚 3,240円
10枚 5,940円
15枚 8,100円

ただし、有効期限が90日間なので、
15枚買ったなら、やはり週1回以上は使っていかないといけません。

実際の講師の質は子どもとの相性にもよると思います。

通い型の英会話教室よりもオンライン英会話を選ぶ理由は、
週3回とか頻度を上げたいからだと思います。

 

ちょっと経路が違うのは、しまじろうEnglishの会員がオプションで申し込めるしまじろうTalkです。

しまじろうTALK(チャレンジEnglish会員のみ)

 

img_mainttl

2ヶ月で2,916円、という2ヶ月単位の料金です。

安い!と思いきや、この金額で受けられるのは3レッスンのみ・・・。

 

ふだんはこどもチャレンジEnglishの教材を使ってももらって、
オンライン英会話は腕試し、というぐらいの立ち居地なんですね、きっと。

教材でしっかりと取り組めていればいいかもしれませんが、
話す習慣を作る、という意味では少し頻度が低すぎる気がしますが、ベネッセの信頼度はやはり絶大です。

 

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

最後に、ハグカムが運営するグローバルクランの特徴は、

・バイリンガル講師

発音のチェックをクリアし、かつ子どもにモテるかどうかを基準に採用をしています。
日本語フォローができるというだけでなく、子どもたちの気持ちを汲み取りながらレッスンを進めてくれる
コミュニケーション力の高い先生たちです。

・予約不要。決まった時間にレッスンスタート

他の習い事と同じように曜日と時間を決めていただきます。
相性のよさそうな先生とのマッチングは運営で行っていきます。
「先生を選べなくて残念」という方もいますが、予約忘れがないのでちゃんとレッスンを続けられます。

・アプリで手間無し

他がSkypeを利用するのに対して、完全アプリ対応。
スマホやタブレットにアプリをインストールするのみで、あとはレッスン時間を待つだけです。
時間が来たらアプリを起動。先生が画面に出てきますのであとは楽しくレッスンをしてください。

%e5%9b%b31

他社より金額が高い!といつも言われますが、
子どもたちによい教育を提供したいという思いで運営しています。
また、お母さんたちの手間もなくして運営側でサポートをしておりますので、ぜひ金額だけでなく中身で選んでいただきたいです。

子どもの英語教材を選ぶには目的をもって!

子供たちの英語教育は高まる一方です。

特に首都圏などは幼稚園や保育園でも英語の時間を取り入れたり、
小学校によっては、1年生から授業の科目に入れているところもあります。

英語に対してコンプレックスが強い世代が親になり、
「子どもには苦労させたくない」
「学校だけでは足りない」
「早いうちに英語に慣れておきたい」」
と思って学校外に英語教育に力を入れている家庭が多いです。

学校外でやる英語の勉強方法は、
・英会話教室、英語塾
・オンライン英会話
・家庭用英語教材
・留学
などが主流ですが、今回は家でできる英語教材を取り上げてみたいと思います。

 

もちろん、英語教材もやまほどあるので、どれにすればいいのかが悩みの種ですが、
どの教材を使うかというよりは、
何を目的にして、どうやって使うか。
がとても大切です。

英語はいきなり話せるようにはならない

まず、はじめにここを意識してください。
短期的に英会話スキルを高めたいなら、生活のほとんどを英語で使うような環境にしなければなりません。
それには留学や海外移住・・・をしないと到達できないレベルです。

 

では、改めて英語学習の目的とステップはなんでしょうか?
大まかにまとめると、

  1. 英語を好きになる
  2. 英単語をどんどん覚える
  3. フレーズを言えるようになる
  4. コミュニケーションができるようになる

の4つのステップがあります。

2の「まずは英単語なの?」と疑問にもつ方もいるかもしれませんが、
英語はひとつの言語なので、日本語の習得と同じです。

幼少期に、単語だけで会話をしていたように、英語もまずは単語ずつでも言えるようにならないと、その先の文章(フレーズ)には到達しません。

 

そのため、家庭用の英語教材で最も効果的なのは
2.英単語をどんどん覚える
という目的です。

 

もちろん、目指すのはその先の3や4だと思いますが、
実際のところ、英語教材はインプットがメインなので会話のやりとりはとても難しいです。
会話まで習得させることを目的として英語教材を一括購入するのはあまりおすすめできません。

子どもによっては、教材についてくる動画などを見て、
一人芝居のように会話を練習できる子もいるかもしれませんが、
そこまで熱心にひとつの教材を使い続けてくれるかは正直賭けのようなものです。

できれば、子供の成長や好みに合わせて選んであげましょう。

 

遊びやゲームっぽく遊ぶのが好きな子どもには?

まずは代表的なものをピックアップさせていただきます。

音が出るペン付き アルクの2000語えいご絵じてん(14,606円)

pen_ledybug_small

http://ec.alc.co.jp/book/otoejiten/

アメリカテイストのイラストが数十枚つまった図鑑のようなものです。
<アルクが厳選した12歳までに身につけたい語彙「アルク児童語彙2000」を収録>とありますが、
順番に覚えなくても子供が好きなジャンルのみをピックアップして覚えていくのがよいでしょう。

 

ディズニー おしゃべりイングリッシュ(13,900円)
619p9fkiy-l-_sx425_

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CTAL3AK/freebird0a-22/ref=nosim/

英語を習い始めに覚えておきたい英単語500語と100フレーズが収録されています。
アルクの教材よりは単語数が少ないですが、ディズニーが好きな子供は多いのではまる可能性は大です。

それぞれ1万以上はしますが、「もっと手軽に安いのはない?」という方にはこちらです。

 

ベビー&キッズえいご絵じてん500(5,130円)

51gn4-8977l-_sx315_bo1204203200_

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4010646160/freebird0a-22/ref=nosim/

旺文社のシンプルな絵辞典です。
500単語ですが、基本的な単語は詰まっているので手始めに使ってみるならコスパはいいですよね。

 

 

スマホアプリが大好き!な子どもには?

スマホでYouTubeのアニメばかり見せているのは気が引けますよね。

せめて同じ時間で英単語を、学ばせてみませんか?

こどもえいごずかん(無料+課金)
mainscreen480x480

http://www.gakken.jp/dc/kodomozukan/

 

無料アプリなので、「どうぶつえんのどうぶつ」「みじかなのりもの」「かぞく」「いろ」「かず」はダウンロードするだけで見ることができます。
また、ゲームやクイズなどの機能もあるので、音を聞いたり、はめ絵ゲームをしたり、シルエットクイズができます。

ただし、すべての図鑑を見るためには、ジャンルごとに課金が必要です。
みじかなどうぶつ
くだもの
うみやかわのどうぶつ
やさい
はたらくくるま
むし
たべもの おやつ
そら・しぜん
たべもの だいすきメニュー
たべもの いつものごはん

それぞれ1つのジャンルごとに120円なので、全部購入しても1200円!
子供が好きなものだけでも購入できるので、非常にお得です。

単語の数は公式ページには記載はありませんでしたが、300語ぐらいだと予想されます。
また、iPhoneなどにもインストールができるので外出先でも手軽に見せられるがよいですね。

まずは、インプットの量を増やすための方法として、身近なところから取り入れてみてください。