interview_yumiko
先生紹介

GLOBAL CROWN先生インタビュー:ユミコ先生

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

アメリカに計2年、メキシコに2か月滞在経験があります。アメリカではディズニーワールドでのお仕事の機会をいただき、1年目は折り紙などの日本文化を体験できるコーナーでのお仕事をしていました。2年目はゲストリレーションズと呼ばれる総合案内所のような所で、テーマパークの楽しみ方を様々な国からのお客様にご案内したり、レストランなどの予約や日本人のお客さまへの通訳など、困っていらっしゃることを何でもお手伝いしました。メキシコでは、アメリカで出来た友人たちを訪ねて、ビーチから現地の人しかいないような場所まで、約5都市をめぐって来ました。現在はヨーロッパにあるチェコに引越して2ヶ月目、大学院でマーケティングの勉強をしています。

どのように英語を習得しましたか?

間違えることを恥ずかしがらず、とにかくたくさん話すようににしていました。大学卒業後、アメリカでお仕事をしていた時、英語を話す人に囲まれる環境にいたため、日本人の友人もいましたが、外国人の友人とも多く出掛けるようにしました。とにかくたくさん話し、聞き、知らないことがあればその場ですぐ質問していました。また海外の映画を、楽しい勉強としてたくさん観ました。ディズニー映画は比較的やさしい英語が多いので、初めのころは表現方法を覚えるのに役立ちました。日本語で何となく内容を覚えている作品だと、英語で字幕なしでも理解できることが多かったです。海外ドラマは日本でも人気があるほど内容が面白いですし、学校や自宅での場面など自分にも当てはまるシーンが多いので、英語で聞いたフレーズをそのまま真似して使っていました。

英語を勉強していて苦労したことはありますか?

実はアメリカでのお仕事を始めたころは、お客さんやルームメイトの言っていることすらわからない時もあるほど、流暢とは言えないレベルの英会話力でした。大学に入るまでは紙の上で読み書き中心の勉強だったので、大学で初めて外国人の先生の授業を受けたときに、何のトピックかすらも理解できず、パニックに陥ったことを覚えています。それからは英会話教室に通い、少しでも耳を慣らそうと頑張りましたが、週に2回大勢の生徒とのレッスンだったので、あまり変化はないままアメリカでのお仕事を始めてしまいました。初めのころは、頑張って考えた英文を話したのに”Huh?(何?)”と言われただけで恥ずかしくなってしまい、友人に助けてもらってばかりでした。私のルームメイトはメキシコ人だったのですが、彼女は私よりも単語や文法を知らないのに、私よりも自信を持って話していたので、私よりもたくさんの人と話せていました。そこから、英語が第一言語じゃないのだから間違えて当たり前だと考えるようにし、完璧な発音や文法も大切ですが、まずは話してみることに努めました。間違っていれば誰かが直してくれるし、伝わらなくても違う言い回しを覚えることができるからです。そうしてからは会話力の伸びがかなり早くなりました。

英語を話せて良かったエピソードを教えてください

将来自分のやってみたいことやできることが世界中から選べるようになったことです。私は東京ディズニーリゾートの近くで生まれ育ち、小さいころからディズニーの大ファンでした。大学に入ったときに、本場アメリカのディズニーで働くことができるインターンシップの募集があったのですが、もし英語に興味がなかったり、英語を話したことがそれまでに全くなかったら、きっとそこで働くことは出来なかったと思います。ディズニーでのお仕事が終わるころ、次は何をしようかなと考えていた時に、日本で働くことはもちろん、パラダイスのようなメキシコのリゾート地で働くことや、世界中にある他のディズニーパークで働くこと、クルーズ船で働いて世界中を旅することなど、たくさんの選択肢があり、自分が楽しいと思える道を選ぶことができました。特に世界中に友達ができたことは一番誇りに思っていることです。現在は中国から南アフリカまで全大陸に友達がいるので、世界中を旅することを目標に仕事や勉強を頑張っています。

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

これからたくさんの夢をみつけていく子どもたちに、英語が楽しいと思ってもらえるお手伝いがしたいと思ったからです。私は母の職業の関係もあり、中学校で初めて英語を習った時から英語が好きで得意でした。大学に入ってからも、TOEICなどの試験でも良いスコアを取っていたのに、初めて海外で働いたときには自分の英語が全く通じず、英語を話すことが怖いという風に考えるようになってしまいました。初めて英語に触れた時から、読み書きだけでなく話すことにも慣れていたら、もっと早くなじめただろうな、とよく思います。GLOBAL CROWNのように日常的に英語を話す機会が、日本で設けられる今の子どもたちをうらやましく思うくらいです。将来どのような機会であっても、英語を使うことは誰にでも絶対あると思います。その時に、英語を話すことは楽しいことで、英語を話せることが自慢だと思ってもらえるように、楽しいレッスンをしてあげたいと思い、先生になりたいと思いました。

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

生徒さんに質問をして正確に答えられた時の嬉しい顔を見る時です。私も英語を学び始めた時に、母にこんなことを習ったよと伝えては褒めてもらっていたことを思い出します。それから英語は私の自信になって、英語を使う道を選んできたので、私と一緒に学んだことが少しでも自信になってくれていると思うと、やりがいと責任を感じます。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

使える英語を中心に教えて、「できた!」とたくさん思ってもらうことです。学校の内容や本など、教えてほしいことに希望があった場合以外は、身近な場面で使いやすい英語や、その年の子がおもしろいと思う内容を扱うように考えています。英語は勉強というより、楽しく使えるものだと思ってほしいので、レッスン以外の時間でも習ったことを思い返してくれたらいいなと思っています。私が英語を学ぶときに一番時間がかかったことは、知識よりも自信をつけることだったので、私から教えることよりも、知っていることを話してもらう時間をつくるようにしています。日本にも外国人は増えてきていますが、特に小さい子どもは英語を話す機会がない子も多いと思うので、なるべく多くの英語を発してくれるように、興味のありそうな話題や英語のゲームを考えています。

これから英語を始める子どもたちにメッセージをお願いします!

わたしは英語を話せるようになってから、世界中にお友達ができて、そのお友達に会いに世界中を旅行したり、ずっと大好きだったアメリカのディズニーでお仕事ができるようになりました。英語は、日本にいる時よりもずっとたくさんのお友達と、いろんなことをお話しできるようになるとってもかっこいい力です。今将来の夢がある人もまだない人も、英語を話せるとできることは絶対に増えます!大人になる前に話せるようになってたらもっともっと夢が広がるので、難しいと思わずに挑戦してみてください!

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

その他の先生インタビューはこちら

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。

GLOBAL CROWNトップページ

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...