代表メッセージ

2020年から大きく変わる「教育」、ポイントをお話します!

いよいよ来年2020年からの教育改革について、センター試験が変わるとか小学校でも英語が始まるなどはメディアでも取り上げられる機会が増え、知っている保護者の方も多いのではないでしょうか。どのような改革がされるのか、しっかり要点を知っておくことで特の小学生のお子様の教育や習い事、家庭での接し方にも役立つと思います。

なぜ教育改革がされるのか?

グローバル化やIT技術の進歩はこれからの未来もすすんでいきます。よく話題に挙がるように、AI技術の進歩などによりなくなる職業が増えるのでは、といった話などもふまえ、未来を生きるためにはグローバル化に対応できる語学力や、以前非認知能力のお話でもお伝えしたような、主体的に考え、動くことのできる力を養う必要があるとされています。日本では子どもたちがこれらの力を身につけられるよう、教育改革を行うこととなりました。

英語の教育改革

これまでの英語教育はアルファベットを覚えて「書く」ことや英語の教科書を「読む」、文法を覚えるといった読み書きに特化していました。グローバル化がすすむ将来、英語を活用し表現できる力を身につけるため、改革後は「話す」「聞く」を重視し、英語4技能を身につけることが目標とされます。
小学校では3・4年生から外国語活動が開始され、5・6年生では教科として英語の授業が行われます。教科なので成績もつくようになります。
中学・高校では英語の授業はすべて英語で実施することが原則となります。
そして、高校・大学受験時には「読む」「書く」だけでなく「話す」「聞く」力も試す4技能評価が導入されます。

学校教育の改革

学校での教育も、知識だけでなく、思考力や表現力、知識をどう活かすかといった非認知能力が求められるものに変わります。いわゆるアクティブラーニングと呼ばれる、生徒たちが主体的に学ぶことを取り入れた授業が実施されるようになります。

GLOBAL CROWNでは約4年前のサービス開始当初より、この教育改革を見据えたカリキュラムを導入し、子どもたちが主体的に英語を学べること、英語学習を通して非認知能力を養うことに取り組んできました。「話す」「聞く」力を伸ばし、4技能すべてに苦手意識を持つことなく英語を身につけていくことができるカリキュラム、そして、子どもたちが主体的に話し英語を学ぶレッスンノウハウで、子どもたちを支援していきたいと考えています。


GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWN無料体験レッスンへのお申込みはこちら

GLOBAL CROWNトップページ

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...