子どもがお話ししている。英会話習得
英語教育

子どもが英会話を習得するには?押さえておきたいポイントを解説!

子どもが英会話を習得するには?押さえておきたいポイントを解説!

子どもに英語を話せるようになってほしいと願う方は少なくないでしょう。特に小学校で英語が必修化されたことにより、早いうちから子どもに英語を勉強させる「早期英語教育」が注目されています。英語学習の第一歩として、子どもに英会話をはじめさせようと考えたときにはどのようなことに気をつけた方がよいのでしょうか。

この記事では子どもの英会話は何歳からはじめるべきか、年齢別の英語の学習方法、英語学習をさせるときのポイントについてご紹介します。😄💕

 

子どもの英会話は何歳からはじめるべき?赤ちゃんがお母さんと一緒に絵本を読む

子どもの英会話は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。
早いうちに子どもに英語を勉強させるメリットの1つに「英語脳」が身につくということが挙げられます。

英語脳とは英語を英語として理解する能力です。英語脳を身につけるために適している年齢は0~6歳とされており、大人になってからでは習得が難しいため早期英語教育が大切であるとされています。

しかしながら、英語の習得には本人の意思が必要不可欠です。子どもに英語を話せるようになってほしいという思いから英会話をはじめさせるのであれば、子どもが英語を学びたいと思うような工夫をする必要があります。

例えば遊びを交えて英語は楽しいものという意識づけをする、日常で英語に触れる機会を増やして英語への抵抗感を減らすなどです。子どもに英会話をはじめさせる際には、はじめる年齢よりも子ども自身が学びたいと思ってくれるにはどうするべきかに目を向けましょう。

 

年齢別におすすめの英語学習方法

子どもの英語学習は年齢別に方法を変えることで効率的に行うことができます。年齢に合わない学習方法を行っても子どもが理解できずに飽きてしまい、英語に対して抵抗感を抱いてしまうかもしれません。自分の子どもの年齢に合う学習方法は何か確認してみてください。

 

0~3歳は音を聞かせるヘッドフォンで音を聞く子ども

0~3歳の幼児期には生活の中に英語を取り入れることが大切です。例えば洋楽や映画など、常に英語が聞こえる環境を整えることで自然と英語を聞く力が育ちます。また子どもが成長して遊べるようになったら、簡単なゲームを取り入れてみるのもおすすめです。親子で遊びながら英語を聞いたり話したりする練習ができ、子どもも楽しく英語に触れることができるでしょう。

 

4~6歳は声に出させる

幼児期よりも成長した4~6歳の子どもは文字と発音の理解が深まっているので、アルファベットの読み書き練習をはじめるのがおすすめです。この頃には聞いた単語を真似して声に出すことができるようになっているので、繰り返すことで単語を覚えて語彙が増えていきます。

 

子どもの英語学習のポイント

子どもに英語を勉強させたいと思っていてもどうしたらよいのかわからない、英語学習をはじめさせたけれどちゃんと取り組んでくれないとお悩みの方もいることでしょう。ここでは子どもに英語学習をさせるときのポイントについて解説します。 

カレンダー長期的に続けること

英語は学びはじめてすぐに身につくものではなく、長期的に続けることではじめて身につきます。

しかし、はじめたばかりの頃は興味を持って取り組んでいても、数日経つと別のことに興味が移ってしまうことがあるでしょう。そこで英語学習の習慣化が必要です。子どもが「やりたい」と言ったときにだけ英語学習をするのではなく、「ご飯を食べ終わったら〇〇のアニメを一緒に見ようね」など声をかけることで「ご飯のあとは英語のアニメの時間」という意識づけができます。強制するのではなく自然と英語学習が習慣化するように促すことを意識しましょう。

 

日常的に英語を使う環境を用意すること

日常的に英語を使う環境があることも子どもの英語学習において必要なことです。子どもにとって英語は知らない言語であるため、まずは英語に触れる機会を増やしましょう。

機会が増えれば英語に対して親しみを持ちやすくなります。例えば親が英語で質問をして子どもが英語で答える習慣を作ることができれば、インプットとアウトプットの両方ができるように。子どもが英語に触れる機会が増えるような環境作りを意識してみましょう。

 

英語を遊びにつなげること

子どもの英語学習では遊びにつなげて楽しいと思ってもらうことが重要です。子どもは勉強として英語学習をさせても集中させるのは難しいものですが、遊びであれば長時間でも集中します。英語を遊びにつなげることで子どもは自然と英語に慣れ、抵抗を感じずに受け入れてくれるでしょう。

 

 

英語を強制しないこと

子どもが「嫌だ」と拒否したときに無理やり英語を勉強させると英語が嫌いになってしまう可能性があります。小さい頃から英語を勉強させないと習得に影響があるからと焦るのではなく、どうしたら子どもが興味を持って自主的に英語学習に取り組んでくれるのかを考えましょう。

 

親子で一緒に楽しむこと

子どもの英語学習は親も一緒になって楽しむことが大切です。教材を子どもだけでさせるのではなく、親も積極的に取り組むことで子どもの英語学習への意欲向上が期待できます。

英語を使ったゲームをしたり、英語の歌を歌ったり、英語の絵本の読み聞かせを行ったりと一緒にできる英語学習をすることで子どもも興味を持って取り組んでくれるでしょう。

子どもと親が一緒に勉強している

 

 

 

 

 

 

 

英会話習得に役立つ学習方法

英語の勉強方法は様々あるため、子どもに楽しく学んでもらうためにはどれを選んだらよいのか迷う方もいるでしょう。ここでは子どもが英会話を習得するのに役立つ学習方法について解説します。子どもが楽しみながら英語を勉強できる方法もあるので、できることから取り入れてみてください。

英語の絵本を読み聞かせる男の子と女の子が一緒に絵本を読んでいる

短い時間でも毎日絵本の読み聞かせをすることで子どもは自然と英語を覚えていきます。読み聞かせのときには親が楽しい気持ちを表現することで、子どもも楽しいと感じるでしょう。

絵本の英語は難しいものである必要はなく、単語だけのものや簡単な文章が並んでいるもので構いません。仕掛け絵本を選べば仕掛けを動かす楽しみもありますし、単語だけの絵本でも「これは英語で何だっけ?」など声をかけることでアウトプットの練習にもなりおすすめです。

英語の正しい発音を学んでほしい場合にはCDが付属している絵本を選ぶとよいでしょう。

 

動画配信サービスを活用する

月額で費用を支払うと配信されている作品が見放題になる動画配信サービスは子どもの英語学習にもおすすめです。アニメや映画を見ながら英語に触れられるため抵抗が少なく、繰り返すことで英語を聞き取る力が身についていきます。

作品は子どもがすでに何度か見ていてストーリーを理解しているものがおすすめですが、知らない作品でも映像から理解することができるでしょう。気軽に取り入れられる方法なので、子どもも勉強をしている感覚にはならずに英語に触れられます。

 

ゲームで遊びながら学ぶ子どもがタブレットでゲームを遊ぶ

この場合の「ゲーム」とはアプリではなく、カードゲームや身体を動かすゲームなどのアナログなものを指します。

子どもの頃の英語学習は「楽しめること」が重要です。ゲームであれば親子で楽しみながら英語が学べます。例えばアルファベットを書いたカードを作ってトランプのようにして遊んだり、英語で指定されたものを持ってきたりするなどです。

 

オンライン英会話を利用する

オンライン英会話はスマホやパソコンを使って、家にいながら英会話レッスンが受けられます。英会話教室への送り迎えの手間がなく、レッスンの予定を自由に決められるため、英会話教室が遠くて通うのが難しい方や教室のレッスン日に予定が合わせられない方でもはじめることができます。またオンライン英会話の様子を親が見守ることができ、学習内容も一緒に確認できるメリットもあります。

 

子どもが英会話を習得するには「楽しく続けられること」を意識する

子どもに英語学習をはじめさせたいけれど何をしたらよいかわからない、子どもに英会話を習得させるには何が必要なのかわからない、といった悩みを持つ方は少なくないでしょう。

子どもに英会話をはじめさせるときに意識したいのは「楽しく続けられること」です。特にはじめのうちは英語への抵抗をなくし、親しみを持てるようにサポートすることが大切。

幼児期の英語学習は勉強よりも遊びにつなげることで子どもに「英語は楽しいもの」と覚えてもらいます。また英会話を短期間で習得することは難しいです。時間をかけて短い時間でも毎日コツコツと続けて英語学習が長期的な習慣にできるようにサポートしましょう。

 

楽しく勉強できる子どものためのオンライン英会話「GLOBAL CROWN」はこちら>

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...