英語教育

幼児におすすめの英語教育の方法とは?具体的なやり方を解説

幼児におすすめの英語教育の方法とは?具体的なやり方を解説

「子どもには、幼児の段階から英語に触れさせたい」と考えている人は多いでしょう。小学校でも英語学習が必修化され、早い時期から英語に力を入れる親は増えています。今回は、幼児期に英語学習を進めるメリットや注意点、おすすめの学習方法について解説します。お子さんに効果的な英語教育を行うために、お役立てください。

 

幼児のタイミングで英語教育を始めるメリットとは

子ども達が遊ぶ様子

1歳から小学校就学前の幼児は物事ののみこみが早いため、英語教育を始めるのに適していると考えられています。周囲の世界を観察し、新しいことに興味を示す時期です。周りの人の真似をしながら、早いスピードでいろいろなことを覚えていきます。

英語に対する抵抗感も少ないため、歌や遊びなどを交えた楽しいレッスンを受けさせてあげると英語を好きになってくれるでしょう。学校で授業が始まってからも、英語の音に慣れていると身構えることなく英語を学べます。

また、幼児期には学習時間を確保しやすいのもメリットです。学校に入ると習いごとや宿題で忙しくなりますが、就学前は余裕があり継続して学べるでしょう。さらに、英語教材や先生との英会話を通して異文化に触れることで、国際的な感覚を自然に身につけられるのも大きな利点です。

幼児期に英語教育を行う場合の注意点

幼児期に英語教育を行う場合には、どのようなことに気を付けておくべきでしょうか。ここでは、注意点をご紹介します。

無理な英語教育は避ける

子どもが嫌がっている場合は、無理に英語教育を行わないようにしましょう。英語を学びたくないのに無理をさせると、英語に対して嫌悪感を抱いてしまう可能性があります。子どもは気分に波もあるため、タイミングが悪く英語を始めるのに適さない時期もあるでしょう。

歌やダンス、絵本など、子どもが自分から興味を示すものを通して英語に触れるきっかけをつくっていくことが重要です。英語に興味を示さないからといって強い口調で注意したり押し付けたりするのは逆効果になるので避けましょう。

すぐに英語教育の成果が出るわけではない

幼児期には、日本語の基盤もまだ固まっていません。吸収力が高い時期だからといってすぐに英語を習得できるわけではないことを頭に入れておきましょう。発音や聞き取りなどには比較的早く慣れていきますが、頭の中で論理的に意味を理解するにはまだ時間が必要です。

目的意識を持って論理的な思考で英語学習をする大人でも、英語を習得するにはかなりの時間を費やします。幼児の英語教育では、楽しみながら英語に慣れ親しむ機会を与えて気長に見守ってあげましょう。

日本の文化・習慣もしっかり伝える

英語教育だけに力を入れるのではなく、日本語や日本の文化、習慣なども伝えていく工夫が必要です。早期英語教育のデメリットとして、母国の風習や文化についての学習がおろそかになってしまう点があげられます。

日本には、欧米諸国と比べて独特の文化や習わしがあります。日本人としてのアイデンティティをはぐくむためにも、日本語の絵本を読み聞かせたり文化行事を経験させたりするなどの工夫が必要です。

 

幼児におすすめの英語教育の方法を解説

幼児に英語を学習させるには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、幼児におすすめの英語教育法をご紹介します。

 

英語の歌で楽しみながら勉強する

幼児期は、歌を歌うのが好きな子が多いでしょう。子どもは、音楽を聴くと自然に真似して口ずさんだり、体の動きをリズムに合わせたりします。そのため、英語の歌を流すと、英語独特のリズム感や発音を楽しく学べる可能性が高いです。

英語の歌には子ども向けの歌もたくさんあり、お気に入りの曲を何度も繰り返しているうちに発音が上達するでしょう。

 

英語を使ったゲームで学ぶ

ゲームを使って英語を習得するのも効果的な方法です。ゲームに集中しているうちに、使われている英語の発音や意味を理解できるようになります。また、英語でコミュニケーションをとりながら、先生や友達と楽しい時間を過ごせます。

学んだ英語をゲームの中で繰り返し使うことで、頭の中に定着させていく学習方法も有効です。

 

ダンスをしながら英語を身につける

英語の音楽に合わせてダンスをしながら、英語を習得する方法もあります。この方法なら、子どもが「英語は楽しい」というイメージをもち、その後の英語学習も意欲的に進められるでしょう。
また、体を動かすことで脳に刺激を与えながら英語を身につけられます。音楽や動画を流せば自宅でも簡単にダンスができるため、毎日の習慣にするのもおすすめです。

 

フォニックスで英語を学習する

フォニックスとは、スペルや発音の間にあるルールを学び英語の正確な読み方をマスターする学習方法です。英語圏の子どもたちもフォニックスをうまく活用することで、英語を習得してできます。

幼少期からフォニックスで学びを進めることで、英語特有の発音方法を身につけられるでしょう。発音方法が理解できると、スペルやリスニングの力も向上します。ネイティブスピーカーと同じ学習ステップを踏むことで、よりナチュラルな発音方法を習得できる可能性が高いです。

 

英語の絵本を読み聞かせる

簡単な英語の本を読み聞かせるのも、子どもが楽しく英語を身につけられる方法の1つです。子どもが好きな絵や物語を選んで読み聞かせてあげると、興味を示してくれるでしょう。
一方的に読み聞かせるのではなく、英語で質問をしながら相互にコミュニケーションをとりながら読み進めていくのが効果的な学習のポイントです。

 

英語教材をうまく活用する

子どもに英語教育を施す場合は、レベルや年齢に適した教材を選んであげるのがポイントです。CDやDVDによってアクティビティが豊富な教材だと、飽きずに興味を示してくれる可能性が高いでしょう。

また、英語教材によって効果的に英語を習得させるには、教材を預けて子どもを1人に放っておくのではなく、なるべく親子で一緒に見たり問題を解いたりすると良いでしょう。CDやDVDが付属した教材だと、先生がそばについていなくても正しい発音を学べます。

 

英語の動画・アニメを見せる

英語の動画は、YouTubeなどの動画サイトで数多く公開されています。登場人物が英語を使っている子ども向けのアニメシリーズなどを見せると、英語をインプットする機会を増やしていけます。何度も繰り返し見る中で、単語やフレーズなどをストーリーと一緒に覚えられるでしょう。

また、日本人の子ども向けに英語の動画・アニメが作られていることもあります。年齢や英語の理解度に合わせて作成されているものだと順序を追って英語を学べるため、活用してみるのも手です。レベルが高すぎて難しいと、子どもが興味を示さない可能性もあります。

 

 親自身も英語学習を進める

子どもの英会話と一緒に親も英語学習を進めれば、親子で一緒に英語を楽しめるでしょう。ダンスや歌、絵本読みを一緒にやってもらえると、子どもは自分でも英語を話したいと思うようになります。また、簡単な質問のやり取りなど、英語でコミュニケーションをしてあげると子どもは喜びます。

 

英会話教室に通わせる

英会話教室に通うと、先生や他の生徒と直接英語で会話でき、英語の上達が早くなります。また、グループレッスンで友達ができると、教室に行くモチベーションが高まります。地域の英会話スクールでは、マンツーマンレッスンやグループレッスンを選べるところが多いでしょう。英語のレベルや目的に合わせてコースを選ぶと効果的です。

マンツーマンで専属トレーナーがつく英語コーチングスクールは、短期間で集中して英語力を高められます。英会話教室よりは割高になりますが、英語学習のスタイルをカスタマイズして実力を伸ばすサポートをしてくれます。

その他、自宅から通信機器を通してマンツーマンでレッスンを受けられるオンライン英会話も人気のレッスン形態です。

 

オンライン英会話のメリットとは

オンライン英会話は、インターネットとパソコンやタブレットなどの通信デバイスさえあれば自宅でレッスンの受講が可能です。子どもの送迎がいらないためスケジュールを調整しやすく、気軽にレッスンを受けさせられます。

また、オンライン英会話のメリットは、通常の英会話教室に比べて費用が安い点です。先生も移動の必要がないため、外国人講師やバイリンガルの先生からクオリティの高いレッスンを格安で受けられます。

また、目の届くところで子どもがレッスンを受けられるため、子どもがレッスンを楽しんでいるか様子を逐一確認できます。子どもも親のそばで安心してレッスンに臨めるでしょう。 

 

子ども向けのオンライン英会話もある!

オンライン英会話にはさまざまなスクールがありますが、子どもに特化したオンライン英会話もあります。大人向けのオンライン英会話だと、子ども向けのレッスンに慣れていない場合があります。

しかし、子ども専用のオンライン英会話では先生も子どもの扱いが得意なことも多くマンツーマンで細かくフォローしてくれます。子どものレベルに適したレッスンが受けられるでしょう。レッスンの対象年齢が設定されていることが多いので、前もって確認しておく必要があります。

子ども向けのオンライン英会話のGLOBAL CROWNNでは、レッスンの時間が固定なので生活リズムが安定しやすい点が魅力です。英語を学ぶ習慣を取り入れやすくなります。また、子どもと相性の良い先生をマッチングしてくれるため、子どもがレッスンを楽しく受けられるでしょう。先生はバイリンガルなので、全く英語ができない子どもでも日本語でフォローしてくれます。

 

幼児の英語教育で保護者ができることとは

幼児期の英語学習は、保護者のサポートが必要不可欠です。具体的な学習方法を理解しておくだけでなく、子どもを継続的にサポートするコツも押さえておきましょう。

 

子どもの頑張りを確認する

子どもが英語学習を頑張っていることを逐一確認しておくことは重要です。特に、幼児期では学校のテストなどがないため、学習の成果を客観的に判断しにくいでしょう。親がレッスンの内容に興味を持ち、どのくらい子どもが頑張っているのか、どの程度上達したのかをチェックする必要があります。

スクールによってはアプリや教材によって幼児でもレベルチェックや自習ができる場合があるので、活用してみると良いでしょう。

 

褒めることを忘れない

子どもは褒められることで嬉しくなり、ますますモチベーションを高められます。英語学習においても、褒めることが重要です。

幼児期では、すぐに英語習得の成果が見えない場合もあります。しかし、短いフレーズが言えるようになったり、意味を理解できるようになったりした場合に英語で褒めてあげるなどの工夫をすると良いでしょう。

子どもは親や先生から褒められると、レッスンで英語を学び新しい言葉を覚えることが楽しくなります。

 

 

まとめ

英語を勉強する親子

今回は、幼児期に英語教育を行うメリットや進め方、コツなどについてご紹介しました。新しいことを吸収する能力が高い幼児期の間に英語に触れさせておくことで、英語のコミュニケーションが得意になったり英語が好きになったりするでしょう。

子供向けのオンライン英会話GLOBAL CROWNでは、子どもが飽きずに楽しく英語学習を続けられるように工夫してレッスンが行われます。子どもと相性のよいバイリンガル先生をマッチングしてくれるため、英語が初めての場合でも安心してレッスンを受けられるでしょう。幼児向けの英語教育が気になる方は、GLOBAL CROWNを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 


子どものためのオンライン英会話「GLOBAL CROWN」はこちら>

 

また、インスタグラムの公式アカウントでは英語で遊べるゲームなどもご紹介しています。ぜひご覧ください。

GLOBAL CROWN公式インスタグラム>

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...