子どもの感性を豊かにする方法とは?おすすめは音楽・英語?
英語教育

子どもの感性を豊かにする方法とは?おすすめは音楽・英語?

子どもを育てるうえで、将来は表現力が豊かな人になってほしいと考えている保護者の方は多いでしょう。しかし具体的にどのようにすれば子どもの感性が育まれるのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。

本記事では子どもの感性を育むためのさまざまな方法、保護者ができるサポートを解説します。感性を鈍らせてしまう親の行動もあわせて紹介するので、参考にしてみてください。

 

 

そもそも感性とは

女の子笑う楽しい笑顔ピンク

感性とは、誰かに押し付けられるものではなく、周囲からの刺激や印象によって沸き上がる自分らしい感情のことです。生まれつき備える本能の一つで、感受性ともいいます。感性が豊かだと物事の印象を心で深く受け止めて他人を思いやったり、想像力を発揮したりできる人になるでしょう。

子どもは自由な発想で常識や固定概念がないため、感性を秘めています。日々の生活のなかで出会ったものに素直に心を動かされ、さまざまな体験を通じて豊かな心が育っていきます。

 

子どもの感性を鈍らせる親の行動とは

子どものためを思って日々接していても、残念ながら親の行動が子どもの感性を鈍らせてしまうことがあります。

前述のとおり、子どもは固定観念を持たず自由な発想を行い、常識にとらわれずに物事を捉えることができます。この延長で、好奇心を持ってさまざまな行動をすることがあるでしょう。

しかし固定観念や経験値のある大人は、子どもがやろうとしていることに口を出したくなってしまうことがあります。まだ挑戦していないのに禁止したり、「無理だ」と告げたりすると、子どもの感性を鈍らせてしまうので注意が必要です。

もちろん他人に危害を加える行為など社会的に許されないことは、厳しくしつける必要があります。一方、他人に迷惑をかけない範囲で子どもが挑戦しようとしていることは、寛容に対応する必要があります。

子どもと接する際は親の考えを押し付けてしまうのではなく、子どもの意見や考えに耳を傾けてみましょう。大人に話を聞いてもらえなかった子どもは、「何をしても反対される」と考えるようになり、自分自身の自由な発想を閉じ込めてしまう懸念があります。最終的には許容できない事柄でも、子どもと対話して納得してもらえるように心がけましょう。

また些細なことを注意する習慣がつくと、子どもはすぐに諦めてしまうようになり感性が鈍っていきます。子どもとの関わりにおいては、なるべく否定的な表現を使わないようにするなどの工夫が必要です。

 

子どもの感性を育てる方法・ポイントとは

子どもの感性を育てるためには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、子どもの感性を育てるための方法やポイントなどを6点ご紹介します。

 

子どもの自由な発想を大切に、プロセスを認める

子どもは固定観念がなく、自由な発想を持っています。子どもならではの価値観を大切にしてあげると、感性が育ち表現力につながっていきます。感性はそれぞれ異なるものなので、個性を認めて温かく見守ってあげることが重要です。

また感性には、模範解答や答えがありません。子どもの行動に興味を持って理解を示しながら、感性を豊かにしていくプロセスを認めてあげることも大切です。大人の価値観ですぐに否定したり注意したりせず、子どもが感じていることに耳を傾けてあげましょう。

 

たくさん会話する

身の回りで起こる全ての出来事が、子どもにとっては興味深く大きな刺激です。子どもの目線で周囲を観察し、子どもと一緒に会話すると喜んでくれるでしょう。自分の発想や気持ちを少しずつ言葉で表現する力が身に付き、感性が研ぎ澄まされていきます。大人に話を聞いてもらうことで、自信やさらなる探求心につながりやすくなります。

子どもは周囲の反応や動きに敏感です。そして大人の会話が全て理解できなくても、自分に興味を持って話を聞いてくれたり話しかけてくれたりすることに喜びを感じます。感性の豊かな子どもが発する言葉は、大人にとっても新しい発見があります。

 

他の子どもに触れられる機会を作る

大人と会話することも大切ですが、他の子どもと触れ合う機会を作ることも感性を育むことに影響します。感性の高い子ども同士が一緒に遊んだり何かに取り組んだりすることで、お互い刺激を与え合うことができます。同じ年代の子ども同士でお互いに吸収し合い、感性や表現を豊かにしていけるでしょう。

必要に応じて道具や素材を用意する

子どもがさまざまな経験を積んで感性を豊かにしていけるように、必要に応じて道具や素材などを用意してあげると効果的です。例えば折り紙や色紙などを子どもに与えると、イメージを膨らませてアイデアを形にしようとします。

またさまざまなリズム、楽器の音楽を聞かせてあげると、新たな刺激を受けて自分でも表現しようとすることがあります。できる範囲でさまざまなツールを準備してあげると、自由に感性を育んでくれるでしょう。

 

本を読み聞かせる

子どもは本の世界からも、たくさんの刺激を受けます。本の読み聞かせをしてあげると、親子でコミュニケーションが取れるだけでなく、子どもの脳が活性化して感性が豊かになると考えられています。絵本のなかの表現やストーリー展開に着目しながら、子どもと一緒に世界観を楽しみましょう。日常生活では出会えない世界に触れることができ、想像力も高まります。

いろいろな体験を用意する

子どもが小さいうちから、いろいろな体験をさせてあげるのも感性を育む助けになります。異なる文化や自然のなかで、五感を刺激する体験をさせてあげましょう。子どもが興味を持ったことややりたいと意志を示したことは、積極的に経験させていくと好奇心旺盛に育っていきます。

親子や家族で一緒に体験することで、お互いに刺激し合い楽しい思い出を作っていけるでしょう。

 

習い事で子どもの感性を育てるのもおすすめ

ここからは子どもの感性を育てられる習い事を紹介します。子どもに何か習い事をさせたいと思っている場合は、参考にしてみましょう。

 

音楽

ピアノやバイオリン、フルートなどの楽器を習うと、さまざまな作曲家の感性に触れることができます。実際に自分で楽器に触れて演奏することで、感性だけでなく表現力も磨いていくことができるでしょう。音楽のなかでも特に人気のあるピアノは、教室の数も多く習い事として始めやすいのもメリットです。

 

また、楽器だけでなく、合唱や歌を習うのもおすすめです。同年代の子どもと一緒に音楽に触れることで、感性を豊かにしていけるでしょう。楽しく音楽に触れながら基礎的な音楽能力を養っていけるリトミックは、生後数カ月から始められます。音楽に合わせて体を動かしながら、リズム感や音感などを身に付けられます。

 

英語

英語は、保護者の間で人気の習い事です。学校に入ると英語は勉強というイメージがありますが、小さい子どもを対象にしている英会話スクールでは、アーティスティックな活動を通して楽しく英語の力を身に付けていくことに重点を置いていることも多いでしょう。

各教室によって目標やレッスン内容はさまざまです。代表的なレッスン内容としては、子どもが楽しみながら英語に触れられるように、英語の音楽に合わせてダンスをしたり歌を歌ったりすることがあります。

子どもの教育に特化した教室では、発達段階に合わせて知的好奇心を上手に刺激しながらレッスンを展開してくれるでしょう。教材を通して異文化の世界観に触れられるのもメリットです。

 

自宅で学べるオンライン英会話

自宅から気軽に受講できるオンライン英会話サービスには、子どもに特化してレッスンを提供しているスクールもあります。

オンライン英会話では、スクールまでの送り迎えが必要ないため両親も家事や仕事と両立しやすいのがメリットです。また月額料金は通学型のスクールより安く、好きな日時を選んでレッスンできることが多いです。

デメリットは静かな場所を確保しないと、レッスン中に兄弟が邪魔をしたり雑音が入ったりしてしまう点です。さらに通信状況が不安定だと、音を聞き取りにくいこともあるでしょう。インターネットで勉強できる環境さえ整えられれば、手軽な習い事となります。

 

アート

デッサンや絵画、工作など、アート系の習い事も感性を育むために有効です。テクニックを学ぶだけでなく、表現することで人間性を形成していくことに役立つと考えられています。知識をインプットしていくだけでなく、自ら発想してクリエイティブに表現していく力が身に付くでしょう。

またアート系の習い事をしていると、同じく表現活動をする先生や友達の作品を見る機会も多く、さまざまな世界観に触れることができるのも魅力です。小さいうちからアートに関心のある人たちに囲まれていることで、感性が研ぎ澄まされていくでしょう。

 

運動

体操やサッカー、野球、水泳などの習い事も人気です。子どものうちから定期的に運動に慣れ親しんでいると怪我や病気に強い体を作ったり、体幹やバランス感覚、柔軟性を培ったりすることができます。

また筋力や体力など身体的な能力だけでなく、チームメイトと関わっていくなかで感性を養っていけます。特に勝ち負けのある団体競技では、協調性や努力することなど、練習を通して結果だけが全てではないことを子どもなりに経験しながら学んでいけるでしょう。

 

プログラミング

これからのAI時代を担っていく子どもたちのために、テクノロジー系の習い事をさせる保護者も増えています。なかでもプログラミングは人気の習い事で、2020年から小学校でも必修化されていることもあり注目されています。

小学校入学前からプログラミングを習える教室もあり、テクノロジーの世界に触れながら感性を育んでいけるでしょう。テクノロジー系の習い事ではスキルの習得も大切ですが、「プログラミングによって何を実現するか」や、「なぜそれが必要なのか」などと試行錯誤することが重要です。創造力を膨らませて新しいものを生み出す力を培っていけるでしょう。

 

まとめ

子どもたち楽しい男の子女の子

子どもの感性を育てていくには、自宅でのアクティビティや習い事などさまざまな方法があります。子どもの個性や興味・関心に合わせて選んであげることが大切です。子どもと付き合っていくうえでは、大人の価値観や常識で自由な発想を否定してしまわないように気を付けましょう。

子どものうちから英語を学習していると、言語や歌、生活習慣など異文化に触れることができます。子ども用オンライン英会話のGLOBAL CROWNでは、子どもが飽きずに楽しく英語を学べるようにさまざまな工夫が施されているので、英語でコミュニケーションを取りながら、豊かな感性を育んでいけます。

子どもと相性の良い先生をマッチングし、マンツーマンで英語を学べるのも魅力です。

 

子どものためのオンライン英会話GLOBAL CROWNの無料体験レッスンの詳細はこちら>>

また、公式SNSでもレッスンの風景や英語にまつわる豆知識など、たくさんの情報を配信しています。

キャンペーン情報もございますので、ぜひチェックしてみてください!

公式 Instagram

公式 Facebook

The following two tabs change content below.

Hugcome

株式会社ハグカムは<子どもの「夢中の力」を信じる>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

おすすめ