子ども英会話勉強女の子
英語教育

早期英語教育のメリットとは|デメリットを抑えて幼少期から学習を進める方法

早期英語教育のメリットとは|デメリットを抑えて幼少期から学習を進める方法

子どもが母親と一緒にアルファベットのブロックで遊んでいる

 

 

 

 

 

 

グローバル化が進む今日では、子どもが小さいうちから英語教育を施したいと思っている人も多いでしょう。小学校でも英語教育が実施されており、学校教育でも英語の重要性が認められています。子どもは吸収力が高いため、英語教育を早くから始めることで英語の上達が期待できます。

一方で、幼い子供に英語を習わせて大丈夫なのかと疑問に思っている人もいるでしょう。そこで今回は、早期英語教育のメリットやデメリット、デメリットに対する改善方法などを解説します。

 

そもそも早期英語教育とは

家族で英語の勉強をしている

 

 

 

 

 

 

早期英語教育は、中学入学前の子どもに英語の教育を施すことです。小学校で必修として導入された英語教育も、早期英語教育の一環として考えられます。早くて就学前の子どもや幼児、赤ちゃんにも英語教育が行われることもあるでしょう。

早期英語教育が注目されている背景として、グローバル化が進む中で英語を使って活躍できる人材のニーズが高まっていることがあげられます。幼いうちから英語に触れることで高い英語力が身につくという効果を期待して、英語教育の早期化が進められています。

 

早期英語教育を行うメリットを解説

ここでは、早期英語教育を行うメリットについてご説明します。

 

幼いころの方が物事を吸収しやすい

子どもは胎児の時点でさまざまな能力をもつと考えられており、特に誕生後は速いスピードで脳が発達します。幼少期は吸収力が高く、音楽やスポーツなどの習い事を開始するのも良いと考えられています。

親や周囲の人などの真似をしながらさまざまなことを学ぶ習性があるため、早くから才能が開花する可能性があるかもしれません。周囲の世界から得る情報を脳内に取り入れ、将来的には自分なりに論理を組み立てながら知識や能力を蓄えていけるでしょう。

 

また、日本語の基礎が固まっていない時期から英語教育を始めると、子どもは英語そのものをダイレクトに受け止めて脳内で処理しようとします。日本語を習得した後に英語を学ぶ場合は、自然と母国語である日本語を介して英語を理解する必要が出てくるため、上達のスピードが遅くなるでしょう。

 

英語ならではの発音が身につきやすい

子どもは、周囲の人の真似をしながら耳や口、目を駆使して発音を覚えていきます。幼いうちに英語を習うことで、先生の真似をしながらナチュラルな発音を身につけたり、聞き分けたりできるようになるでしょう。

英語は、日本語と異なる発音やイントネーションを伴う言語です。日本人の英語学習において、発音が大きな課題となることも多いでしょう。例えば、日本語が身についた上で英語を学習する大人は、英語をローマ字読みに変換してしまったり、イントネーションの強弱がつけられなかったりなどの課題に直面しやすいです。

幼児から英語を始めると、言語に対する固定観念ができていません。そのため、     音に集中して耳に入ってきた言葉や目に入った口の動きを真似することで、英語を     習得しやすいと考えられています。    

 

勉強の意識なく、英語を習得できる

就学してから英語を習い始めると、英語が教科の1つとして捉えられ、勉強として身構えてしまうことがあります。しかし、小さいころから英語と触れ合っていると、英語が身近な存在になり学習することに対して抵抗感を抱きにくいのがメリットです。

勉強しなければならない科目としての英語ではなく、コミュニケーションを重視した歌や遊びを通した英語に触れあっておくことで、子どもは成長後も英語を好きでいてくれる可能性があります。

 

イマージョン英語教育で学習を進められる

子どもが効率的に英語を習得するには、英語のみでコミュニケーションをとる「イマ―ジョン教育」が望ましいと考えられています。イマ―ジョン教育では英語環境に浸れるため、より実用的で応用力の高い英語を身につけられるでしょう。

子どもに適した英語学習法と大人に適した英語学習法には違いがあります。子どもは論理に基づいた説明よりも、音やイメージ、行動パターンなどから直感的に英語を習得するのが得意です。

基本的な英語でのコミュニケーション方法を習得し、将来に役立つ英語の確かな基礎を築けます。また、イマ―ジョン教育では双方向のコミュニケーションを重ねる中で英語で考える力や話す力を身につけられる点も大きな強みです。

 

早期英語教育によるデメリットは?

早期英語教育にはメリットが複数ありますが、一部では反対する声もあがっています。ここでは、早期英語教育によるデメリットをご紹介します。

 

セミリンガルになる可能性がある

早期英語教育の懸念として、子どもがバイリンガルではなくセミリンガルになってしまう可能性があげられます。セミリンガルとは、2つの言語を学ぶことで、結果的に両方の言語の習得が不十分になってしまう状態を指します。

どちらの言語も習得が中途半端で、年齢相応の言語能力を持ち合わせない状況になってしまうと、学校で授業についていくのが難しくなることがあるでしょう。また、2カ国語で簡単なコミュニケーションができても、思考の基盤となる言語が未熟な状態になるため論理的な思考力が発達しにくい可能性も否定できません。

セミリンガルを防ぐには、家族とは日本語、先生とは英語など、一貫したルールを用いて学習する環境を整えてあげることが大切です。

 

日本独特のアイデンティティが身につかないケースがある

幼いころから異文化の環境に慣れ親しむことは重要です。しかし、日本の文化や習慣などの学習も意識して取り入れないと、日本人としてのアイデンティティが身につけられない場合があります。

自己理解を深めるアイデンティティは、誰もが必要とするものです。国際社会で活躍するには、人種や国籍で分け隔てなく共存していくバランス感覚が大切になるでしょう。自分が何者かを理解して他人を敬うことのできる人間になるためには、アイデンティティを育むことも重要です。

子育ての方針や子どもを育てる環境にもよりますが、早期英語教育を行いながらも積極的に地域の文化行事に参加させたり習い事をさせたりすることで、日本の文化や習慣にも慣れ親しみアイデンティティを育んでいくと良いでしょう。

 

英語だけの環境だと日本の常識を学びにくい

日本には独特の文化があり、海外と多くの違いがあります。グローバルな社会で生きることも重要ですが、日本国内で重視される常識やマナーを身につけておかないと日本で暮らすうえで困ってしまうことがあるでしょう。

日本のマナーとして、会釈や「いただきます」「ごちそうさまでした」など食事の前後の挨拶などがあげられます。常識や習慣は幼いうちから学ぶことで、自然な立ち振る舞いができるようになります。

英語だけの環境で育ってしまうと、こうした日本特有の常識やマナーを身につけるのが難しくなるかもしれません。

 

子どもにプレッシャーを与えかねない

親が英語教育に熱心になりすぎて子どもがプレッシャーを感じてしまうと、英語に対して嫌悪感を持ってしまうこともあります。子どもは気分に波があるため、やる気がでないときもあるでしょう。

子どもの気持ちを尊重せずに早期英語教育を進めてしまうと、かえって逆効果になってしまうので注意が必要です。英語学習の頻度を多くしすぎたり機嫌の悪いときに無理をして勉強させたりするのは避けたほうが良いでしょう。

 

早期英語教育の問題解決に有効な方法とは

早期英語教育で起こり得る問題を解決するには、どのような対策があるのでしょうか。ここでは、早期英語教育によるデメリットを解消する方法を解説します。

 

家庭で日本語・英語のバランスを調整する

セミリンガルになるのを防ぐには、英語と同時に母語である日本語の言語能力も確実に伸ばす工夫が必要です。

家庭では、日本語と英語をバランスよく使わせると良いでしょう。お母さんとは常に日本語で話し先生とは英語だけで会話するなど、明確なルールを設けて2つの言語に触れさせると子どもも理解して言語を使い分けられます。

表現の豊かな日本語は、大人になってから習得するのが困難です。母語の日本語も家庭内で教えてあげるように心がけましょう。

 

日本文化と外国文化の良いとこどりをする

英語教育に力を入れるあまり、日本文化に触れる機会が少なくなってしまうこともあるでしょう。日本文化を知っていると、国際社会でも話題性があり会話がはずむことがあります。外国文化だけに偏らず、日本文化と異文化の良いとこどりをするように工夫しましょう。

例えば、折り紙やけん玉、紙飛行機などは、遊びを通して日本の文化を学べます。また、英語で日本の生活習慣や文化を紹介するなどのアクティビティも取り入れるのもおすすめです。

 

子どもに楽しく英語を学ばせる

子どもは動きや変化のあるもの、新しいものに対しては好奇心が旺盛ですが、座学の英語教育では飽きて退屈に感じてしまう場合があります。英語学習に嫌悪感を抱いてしまうと、早期英語教育が逆効果になります。

例えば、外国人講師と会話したり一緒に遊んだりすることで、楽しみながら英語へのモチベーションを自然に高めてもらうことが大切です。

 

子どもに早期英語教育をする場合に、親ができることとは

子どもに早期英語教育をする場合に、親としては何ができるでしょうか。早期英語教育の方法についてご紹介します。

 

日常的に英語を学べる場を用意する

子どもに早期英語教育を行うには、日常的に英語に触れて学べる環境を整えてあげる必要があります。例えば、家庭では英語の動画を見せたり、絵本を読んであげたりすると良いでしょう。

親では教えられる範囲に限界があるという場合は、英会話スクールに通ったりオンラインで英会話のレッスンを受けたりする方法があります。外国人講師がいるスクールだと、現地の発音を覚えやすいため英語の早期上達につながりやすいでしょう。

 

オンライン英会話のメリット・デメリット

オンライン英会話のメリットとして、下記の点があげられます。

 

・自宅から気軽にレッスンを受けられる

・スクールへの送り迎えが必要ない

・スクールに比べてレッスン料が安い

・外国人講師のレッスンを受けられる

・頻繁にレッスンを受けられる

 

オンライン英会話を利用すると自宅から気軽にレッスンを受けさせられます。また、日時や場所が指定されているスクールに比べて日時を自由に決められたり送り迎えが必要なかったりするため、親の負担も軽減できます。

外国人講師からレッスンを受けられることも多く、英語のみをつかったイマ―ジョン教育を施せるのもメリットです。小さいうちから英語での会話に慣れて英語を話すことへの恐怖心や恥ずかしさがなくなるでしょう。

 

デメリットは下記の通りです。

 

・講師の質がスクールに比べて劣る場合がある

・スケジュールに融通が利くため、モチベーションがないと継続が困難

・予習や復習などは自宅で学習する必要がある

 

講師が合わない場合は、講師を変えてもらえる場合があります。オンライン英会話では外国人講師と会話できるのが強みですが、レッスンの予習や復習などは自宅で親がサポートしてあげる必要があるでしょう。

 

まとめ

子どもが外国人講師とオンライン英会話を受講している

 

 

 

 

 

 

今回は、早期英語教育のメリットやデメリット、問題の解決策などについてご紹介しました。子どもは吸収力が高く頭が柔軟なため、早く英語を始めると正しい発音や聞き取り、コミュニケーション能力などを効果的に身につけられます。

 

子どもに早期英語教育を施す方法の1つとしておすすめなのが、自宅からレッスンを受けられるオンライン英会話です。オンライン英会話のGLOBAL CROWNでは、子どもと相性の良い先生をマッチングしてくれるため、楽しんで英語を学んでくれるでしょう。

 

無料体験レッスンを2回まで受けられるため、子どもが飽きずに楽しめるかどうか体験してみるのもおすすめです。

 

GLOBAL CROWN公式HP

公式インスタグラム

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...