英語教育

子どもの英会話をマンツーマンにするといくらかかる?

英語の勉強方法は色んなやり方があります。
今の時代に、学校だけで、、という方はさすがに少ないのではないでしょうか?

ジャンル別に分けてみると、
・英会話教室
・オンライン英会話
・英語教材(DVDや本など)
・留学
というのが思い浮かぶと思います。

さらに、子ども向けには、
・インターナショナルスクール、プリスクール
・親子留学
なども挙げられますね。

 

学校以外の習い事で最も選択されやすいのが英会話教室です。
予備校などでも「個別指導」がブームになっているように、英会話も同様です。
今の時代には、子どものレベルに合わせてマンツーマンレッスンを受けさせたほうが効果的だと考えられています。

オンライン英会話は、マンツーマンが当たり前ですが、一般的な英会話教室は4~5人ぐらいの集団授業が多いです。

 

でも、実際には生徒によってレベルにばらつきがあったり、恥ずかしがり屋の子はなかなか発言できなかったりしませんか?

それでは、もし英会話教室をマンツーマンにしたらいくらぐらいになるのか、を調べてみましょう。

 

55f9aa0aefd9708beea4bb2f9fac8239

料金が分かりやすく出ていたのは、Gaba kidsでした。

7aff554adb8a14f1ccc9dbca8c46cb3b

1レッスン:40分間
料金 1レッスン=約¥5,000 ※購入回数によって前後します。

とあります。チケットをまとめて購入する方法のようですね。

 

参考例として、

小学校2年生 女の子
目標:文章で会話できるようになりたい

受講回数:60回
受講期間:1年3ヶ月

→1ヶ月につき4回の計算なので、週1回のペースということになります。

 

詳しいチケット回数による金額が見つけられませんでしたが、
60回分をまとめて買うと、327,240円(税込)とあったので、1回あたり5,454円となります。

 

1ヶ月の月謝は、2万超え・・・

もし、これを週2回ペースでやると月8回なので、月謝が4万を超えてしまいます。

 

ECCにもマンツーマンレッスンのコースがあるようですが、

学習目的やレベルにより学習プランが異なりますので
詳しくはお問い合わせください。

と記載がありました。それ以外の月謝の金額と見てもGabaと同じぐらいの金額感になりそうです。

http://www.kids.ecc.jp/price/index.html

 

月2~4万円と考えると高く感じますが、
一方で大学生になってから留学で英語を学んだ人は、留学費も高くかかります。
留学先にもよりますが、渡航費や生活費含めて100万ぐらいは見込んでおいた方がいいのを考えると、
Gaba kidsの30万ぐらいは少し安くは感じるかもしれません。

 

小さいうちにしっかりと続けていくか・・・
大人になってから一気にやるか・・・
となりますが、60回分のチケットを勝って途中で子どものやる気がでなくなったら!?と思うとやっぱり勇気が要りますね。

 

このような方のために、オンライン英会話はやはり利便性が高いと思われます。

参考までにグローバルクラウンの週2回、週4回コースとマンツーマンの英会話教室を比較してみました。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e6%af%94%e8%bc%83

1回のレッスン時間が異なるので、頻度を合わせて計算してみています。

<マンツーマン英会話教室>
■週1回
1回40分×月4回:1ヶ月160分
1ヶ月の月謝:21,816円

■週2回
1回40分×月8回:1ヶ月320分
1ヶ月の月謝:43,632円

<オンライン英会話>
■週2回
1回20分×月8回:1ヶ月160分
1ヶ月の月謝:12,800円

■週4回
1回20分×月16回:1ヶ月320分
1ヶ月の月謝:17,800円

 

マンツーマン英会話は、1回20分に換算しなおすと2,727円となります。
グローバルクラウンのオンライン英会話なら週4回コースだと1,112円、週2回コースでも1,600円なので、非常に安くマンツーマンレッスンを受けられます。

自宅でのレッスンなので、送り迎えや、電車で通ったりする不安もありません。
金額や利便性を考えるととても効率的だと思いませんか?

 

実際に会った方がいい!と頑なに思う方は仕方ないですが、オンライン英会話もぜひ試してみていただきたいです。

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...