子どもが英語の絵本を読む
英語教育

子どもの英語がいつでもたっても上達しない理由とは|特徴や対処法を解説

子ども将来のことを考えて、幼いうちから英語を習わせている親が増えています。しかし、英語教育を施しても子どもの英語が上達せず、悩んでいる人も多いでしょう。子どもの英語が上達しない理由や対処法についてご紹介します。

子どもが楽しく効果的に英語を学んでいけるように、参考にしてみてください。

子どもの英語がいつでもたっても上達しない理由とは|特徴や対処法を解説

子どもがアルファベットのパズルで遊んでいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども将来のことを考えて、幼いうちから英語を習わせている親が増えています。しかし、英語教育を施しても子どもの英語が上達せず、悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、子どもの英語が上達しない理由や対処法についてご紹介します。子どもが楽しく効果的に英語を学んでいけるように、参考にしてみてください。

前提として、英語の上達には時間がかかることを理解しておこう

子どもが地球儀で遊んでいる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金をかけて英語を習わせても、効果が感じられないと「子どもに才能がないのではないか」と不安になることがあります。

しかし、前提として英語の上達には時間が必要であることを理解しておきましょう。子どもでも大人でも英語の習得にはある程度の時間がかかるため、忍耐力が必要です。時間をかけて子どもの英語学習を見守りながらサポートしてあげることが大切です

子どもの英語が上達しない場合に考えられる理由とは

ここでは、英語教育を施しても子どもの英語がなかなか上達しない場合に考えられる原因を紹介します。

上達しない理由1:英語に興味がない

子どもに学習意欲や英語への興味が不足していると、なかなか勉強した内容が身にならないことがあります。親の気持ちだけで習い事を始めても、レッスンを受ける本人の気持ちが乗らないと上達を見込むのは難しいでしょう。

子どもは敏感なので、押し付けられている雰囲気を感じてやる気が出ないこともあります。先生や授業内容によって、子どもの意識が変わるケースもめずらしくありません。しかし、時間をかけてもやる気を出してくれない場合は、英語事態に興味がないか、勉強方法が適していないのかを見極める必要があるでしょう。

上達しない理由2:英単語などの記憶が苦手

語学の勉強は、単語を理解して覚えることから始まります。英語は単語を知っていれば片言でもコミュニケーションをとれるので、楽しみが増えるでしょう。

しかし、単語を覚えること自体が苦手だと、会話や文法の理解も難しくなります。このため、できるだけ多くの単語を習得する方法を模索する必要があります。暗記作業が嫌になって英語が嫌いになってしまう場合があるので、機械的な暗記ではなく、子どもが楽しみながらモチベーションを保ちながら単語を習得していける方法を見つけましょう。

また、せっかく覚えた単語を定着させるためには、記憶が定着するためのフォローアップも大切です。

上達しない理由3:勉強時間が少ない

英語教室やレッスンなど、週に数回の限られた時間でしか英語を勉強しない場合は、全体として学習時間の不足が懸念されます。

例えば、インターナショナルスクールは、こどもが英語に触れる時間が格段に多くなり英語が上達しやすい環境です。日常的に英語で考えて英語で表現する機会が多く、子どもの英語力が自然と鍛えられていきます。

普通の学校に通う子どもが英語力を身に着けるには、英語を学ぶ機会を頻繁に設けたり、家庭内でも英語で会話するなど英語を使える体制を整えたりする必要があるでしょう。

上達しない理由4:アウトプットする機会が少ない

努力して単語を暗記しても、英語学習においてアウトプットする機会がないとすぐに忘れてしまうという悩みもあります。記憶を定着させるためには、アウトプットの機会を習慣的に設けてあげるなどの工夫も必要です。

英語学習におけるアウトプットとは、英語で自分の気持ちを他者に伝えたり、外国の人と英語で会話したりすることを指します。子どもが小さいうちからこうしたアウトプットに慣れておくことで、英語のスピーキングに抵抗感が少なくなるでしょう。

子どもの年齢や性格、英語のレベルに合わせたアウトプットの場を設けることが大切です。

上達しない理由5:英語が子どもの性格に合っていない

子どもの性格が消極的であったり、コミュニケーションが苦手で話すのが好きではなかったりすると、英語学習があまり合わないことがあります。

また、完璧主義で失敗やミスを恐れてしまうと、小さなことを気にしてしまい、なかなか英語でのコミュニケーションが上達しない場合があるでしょう。

母国語でも話すのが苦手なタイプだと、言語が英語になったからといって急に社交的になることはありません。子どもが無理しているようであれば、英語の勉強を思い切って少し休むのも1つの方法です。

 

英語が上達しない場合におすすめの対処法とは

英語がうまくならないときには、どのような解決方法があるのでしょうか。ここからは、英語の上達に悩む場合におすすめの対策を紹介します。

目標を設定する

子ども英語学習においても、英語を学ぶための目標を設定してあげるとやる気が出やすくなります。また、目標を達成するまでにはどのような環境を準備してあげることが必要かといった、最適な学習方法を把握しやすくなるでしょう。

子どもの場合は、英語で簡単な読み書きや短いフレーズで話す・聞くのコミュニケーションがとれるようになると、自分でも英語が話せると実感しやすいです。英語を学ぶことが楽しみになる、適切な目標を設定するのが理想的です。

学習教材・方法を絞る

親が力を入れて多くの教材を用意してあげるのは喜ばしいことですが、学習教材がたくさんありすぎるとどれも極められずに終わってしまうことがあります。

子どもの英語を上達させるには、教材や勉強方法を絞って達成感を与えてあげることも必要です。一度で内容をこなすのが難しくても、何度も繰り返し練習することで上達するでしょう。

フラッシュトレーニングを行う

フラッシュトレーニングとは、子どもの目の前でフラッシュカードを1秒以内の短い時間に見せ、内容を記憶させていくものです。

短い時間で絵を見て単語やフレーズを言い当てるトレーニングを反復していくことで、瞬時に英語が口から出てくるようになります。イラストを使えば、子どもはゲームのように楽しく単語を記憶できるでしょう。

ただし、フラッシュトレーニングは受け身のトレーニングです。そのため、英語力を上達させるには英会話や読み書きなど他のアクティビティと組み合わせ、総合的な英語力を養っていく必要があります。

英語で話を続ける練習をする

英語で話を続ける練習をすると、使える語彙やフレーズが増えて英語の上達につながります。

短いフレーズでも今日あった出来事などを英語で説明するなどの工夫をしてみると、子どもは英語で考える習慣がつくでしょう。言葉が足りないときは、周りの家族がサポートしてあげることで子どもは話を続けられます。

最初は同じ文章の繰り返しでも、毎日続けていくことで作文する力が鍛えられるので継続的に取り組むことが大切です。このトレーニング方法は読み書きと違って自分で発信する能力がつくため、英会話での応用がきき上達を感じられるでしょう。

反復学習で単語を体に定着させる

努力して覚えた単語でも、繰り返し練習しないとすぐに忘れてしまいます。そのため、反復学習によって単語を体に定着させる必要があります。例えば、単語を使った例文をいくつも作ってみたり、覚えた単語を取り入れてその日の出来事を説明してみたりすると記憶に残りやすいでしょう。

また、目で見るだけでなく、声に出して読み上げることも効果的です。例文を読んだり、家族と会話の練習をしたりするといつの間にかスラスラと単語が出てくるようになるでしょう。その日覚えた単語を使って、レッスンの後に家族が英語で簡単な質問をしてあげるのもおすすめです。

シャドーイングを行う

英文の録音などを聞きながらそれを真似して発音する「シャドーイング」は大人の英語勉強法として重要視されていますが、子どもにも効果のある訓練方法です。聞くことと発音することを同時に行うのでコツがいりますが、頭が柔軟な子どもは習得できることもあります。

シャドーイングでは、ネイティブスピーカーの発音やイントネーション、英語のリズムを身に着けやすいです。聞く耳を鍛えることで、スピーキング力も強化できるでしょう。教材で使われている単語を子どもにもわかるように説明してあげると、語彙も増えるので試してみてください。

 

英語で日記をつける

英語で日記をつけると、書く力と話す力のレベルアップにつながります。自分の気持ちや今日の出来事などを自分の言葉で記すことで、新しく学んだり調べたりした単語が脳に定着する仕組みです。短いフレーズでよいので、知っている単語を使って作文してみましょう。

英会話教室に通ったりレッスンを受けたりしている場合は、書いた日記を先生に添削してもらうとさらに正確な英語を身に着けられます。また、家族以外の人に見てもらえば、で子どものモチベーションが上がる可能性もあるでしょう。

 

英語を話す機会を作る

積極的に英語を話す機会を設けると、覚えた英語をアウトプットできるため記憶が定着しやすくなります。

また、せっかく努力しても英語を使う機会がないと何のために勉強しているのかわからなくなってしまうことがあるでしょう。こうした場合は、英語を話すことで言葉が通じる嬉しさや会話の楽しさを実感できれば、意欲の向上や英語力の更なる上達が見込めます。

身の回りに外国出身の友達がいない場合は、オンライン英会話などを活用して英語を話す習慣を生活に取り入れるのがおすすめです。

自宅でGLOBAL CROWNを活用する

子どものためのオンライン英会話に特化したGLOBAL CROWNでは、自宅にいながら英会話レッスンを受けられます。スクールまでの送迎はいりませんし、スケジュール調整も不要です。そのため、気軽に英会話レッスンを受けさせられるのがポイントです。

GLOBAL CROWNでは先生の採用時に「子どもにモテること」を重視しており、楽しい英会話レッスンを提供しています。先生と話すのが楽しいという環境を作り、子どもを英語好きにシフトするのが狙いです。

日本語と英語が堪能なバイリンガルの先生が担当してくれるので、GLOBAL CROWNなら十分なフォローアップが期待できます。

 

まとめ

単語帳と英語が書かれているノート

英語を身につけるためには、ある程度の時間が必要です。しかし、どれだけ時間を割いても子どもの英語力が育たない場合もあります。こうした場合は、今回紹介した勉強方法を試して様子を見てみましょう。

おうち英会話のGLOBAL CROWNでは、子どもに相性のよい先生をマッチングし、楽しく続けられる英会話レッスンを提供しています。専用アプリのレベルアップテストで自宅学習ができるのもポイントです。

無料体験レッスンを2回まで受けられるので、ぜひこの機会に興味がある方はご連絡ください。

詳しくは下記ホームページをチェックしてみてくださいね♪

GLOBAL CROWN公式HP

インスタグラムの投稿では、グローバルクラウンの先生紹介や英語のゲームも紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

公式インスタグラム

 

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...