オンライン勉強する女の子、早期英語教育のメリットとデメリット
英語教育

幼児期の英語教育は必要?早期英語教育のメリット・デメリットを解説

幼児期の英語教育は必要?早期英語教育のメリット・デメリットを解説

小学校の英語必修化によって、幼児期から英語を学ばせる早期英語教育が注目されています。小学生になる前の幼児期から英語を勉強させることにはどのような効果があるのでしょうか。

この記事では幼児期に英語教育をはじめることのメリットとデメリット、英語教育の方法について解説します。これから子どもの英語教育をはじめようとお考えの方は参考にしてください。

 

幼児期に英語教育をするメリット赤ちゃんがお母さんと一緒に絵本を読む

最近では早期英語教育が注目されていますが、幼児期に英語教育をすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは主なメリット3つについて解説します。

英語に対する抵抗がなくなる

幼児期から日常的に英語に触れていると英語のある生活が当たり前になり、英語に対する抵抗感がなくなることが期待できるでしょう。

特に幼児期の英語教育は遊びを交えて行うことが多いため、英語を「やらされている」とは認識しません。2020年から小学校の英語学習が必修化されたこともあり、英語を「勉強」として認識すると「やらされている」という意識が働き、英語を嫌がることが予想できます。英語を嫌がる原因を減らすためにも勉強として英語を学びはじめる前から触れておくことは大切です。

 

英語を聞き取る力(英語耳)が身につくヘッドフォンで音を聞く子ども

言語の習得には臨界期があり、幼児期がそれにあたります。生後6ヶ月から外国語を学ぶ力があるとされていて、言語の習得に最適な幼児期に早期英語教育を行うことで英語を習得する土台である聞き取る力(英語耳)が身につくのです。例えば発音の聞き分けを挙げると、「R」と「L」の音は日本人になじみがないため、早期英語教育によって身につける必要があります。

 

英語を英語として理解する力(英語脳)が育つ

英語脳とは英語を英語として理解して、話すときには英語で考えることを指します。英語脳は早期英語教育によって育つとされていて、聞いた英語を英語で返すときに日本語に直す必要がないため、スムーズなコミュニケーションが可能です。日本語と英語では単語や文法が大きく異なるため、英語脳は大人になってからでは習得は難しいもの。その英語脳が育つ幼児期の英語教育には大きなメリットがあるといえます。

 

幼児期に英語教育をするデメリット

幼児期の英語教育には大人になってからでは身につけることの難しい能力を身につけられるというメリットがありました。メリットを見るとはじめた方がよいと思われるかもしれませんが、実際にはじめる前に早期英語教育のデメリットについても理解しておきましょう。ここでは幼児期に英語教育をはじめるデメリットを解説します。

 

論理的思考能力が十分に発達しない勉強する男の子

言語は論理的思考に重要な要素です。幼児期に英語教育をはじめたことにより日本語と英語のどちらも日常会話レベルにしか習得できないことがあります。このような複数の言語を話せるけれど、年齢に見合ったレベルに達していないことをダブルリミテッドといいます。

ダブルリミテッドは、コミュニケーションは問題なく取れたとしても、将来的には論理的な思考をする力が身につかないといわれています。ダブルリミテッドの状態を避けるためにはメインとして使っていく言語を優先して覚えるように促すことです。しかし子どもに英語教育をしていても、日本在住で親が日本語を使っている場合にはダブルリミテッドになる可能性は低いとされています。

ダブルリミテッドにならないように注意が必要な環境としては、帰国子女や長期留学、親が日本語と外国語を話すなどです。これらの環境の場合にはメインの言語のサポートを意識して行いましょう。

 

日本の文化・習慣・慣習が理解できない日本文化着物着てる女の子

日本よりも外国の文化や考え方に触れる機会が多い場合、日本の文化・習慣・慣習が理解できないことがあります。これは家庭環境の影響が大きく、日常的に日本語と日本文化を大切にする家庭であれば問題ないでしょう。

むしろ外国の文化に触れることで日本文化との違いがわかり、日本の文化を大切にする場合もあるようです。また小さい頃からプリスクールなどで外国人と接する機会が多く、日本人と接する機会の少なかった子どもが日本の社会に入ったときに文化や習慣の違いを感じることもあります。そのため日頃から家庭で日本の文化について学ぶ機会を増やすことが大切です。

 

親による英語教育の強要で子どもに負担がかかる

子どもの英語教育をはじめるのは親です。親が良かれと思ってはじめた英語教育を子ども自身は望んでいない場合があります。幼児期の英語教育は子どもに強要することがないように気をつけましょう。子どもに負担をかけてしまうと、英語への抵抗感が強まってしまう可能性があります。

 

英語教育教材・方法を選ぶポイント

子どもに英語学習をさせるときにはどの教材や学習方法を選ぶか悩む方もいるでしょう。ここでは教材や学習方法を選ぶときのポイントをご紹介します。

子どもが楽しく取り組めることアルファベットを持つ子どもたち楽しい

幼児期から英語学習をはじめさせるには子どもが楽しんで取り組んでいるかが重要です。子どもは楽しいことであれば「もっとやりたい」と思って自分から進んで取り組みます。嫌がることを無理やりさせると英語に対して抵抗感を持ってしまい、英語が嫌いになる可能性があります。英語を勉強させるときには子どもが興味を持って積極的に学べる教材選びを心掛けてください。

 

親子で一緒に英語を楽しめること親子がオンラインで英語勉強する

子どもは親と一緒に遊ぶことを楽しいと感じるため、幼児期の英語学習は親子で楽しめることを選ぶと子どもは進んで取り組んでくれるでしょう。例えば絵本の読み聞かせや歌、ダンスなどは一緒に英語を使いながら楽しく学ぶことができます。

このときも子どもが「やりたい」「楽しい」と思っているかが大切です。親が絵本の読み聞かせをしようとしたときに、子どもが歌やダンスがしたいと言うのであれば、歌やダンスに変更しましょう。

長期的に続けられること

早期英語教育で重要なのは長期的に続けられることです。幼児期は英語に対する抵抗感がなく英語を学ぶのに適していますが、触れなくなれば覚えたことを忘れてしまいます。子どもが成長するにつれて時間の確保が難しかったり、金銭面で継続が難しくなることも考えられるため、早期英語教育をはじめるときには将来のことも見据えて、継続して英語学習が行えるかも考えましょう。

 

英語教育を受ける方法と各々の特徴

英語教育を受ける方法は様々な種類がありますが、今回は「英会話教室」「英語教室」「プリスクール」の3つの特徴についてご紹介します。教材や学習方法を選ぶポイントを意識しながら確認してみてください。

英会話教室教室で勉強する子どもたち

英会話教室とは英語を聞いて話す「英会話」を学ぶことのできる教室を指します。学習内容は子どもが「楽しい」と感じることを主としていて、歌やダンス、ゲームを取り入れていることが多いです。子どもも遊びに行くような感覚で楽しく通うことができるでしょう。しかし書く勉強はしないことが多いのでアルファベットを書いたり、文法を理解したりというのには向いていません。

しかしなかには通常のレッスンとは別にレッスンを設けて、英語検定対策レッスンなどを行っていることもあります。また先生は日本人の場合もあれば外国人の場合もあり、それぞれにメリットがあります。日本人先生の場合は日本人の子どもを理解し、寄り添って英語学習を進めてくれることが期待できますし、外国人先生であれば、子どもが小さい頃から外国の文化に触れることができるでしょう。教室によって学習内容や先生、費用が異なるため、複数の英会話教室を比較して選ぶことをおすすめします。

また子どもに合う教室を選ぶことも重要です。無料体験を行っているところもあるので、活用しながら教室を探しましょう。

英語教室

英語教室は英語の「文法」を学べるのが特徴です。早いうちから英文法を学ぶことで将来的には中学英語にも対応する力が身につくことが期待できます。また英語検定などの資格取得にも有利です。しかし勉強が中心になるので英会話力はつきにくい面があります。また英会話教室のような楽しさに特化したレッスンではないため、楽しめずに飽きてしまう子どももいるでしょう。

 

プリスクールクレヨンでお絵描きする子ども

プリスクールは1歳~小学校入学前までの幼児が対象の学校のことです。日本人の保育士と外国人の英語教師が英語で保育を行っています。保育園や幼稚園と似たような施設ですが、日常会話が英語で行われているため、普通に過ごしているだけでも自然と英語で会話する力がつくでしょう。

ほかにもプリスクールに通わせることで外国の文化への理解が深まるという利点が挙げられます。似ているものにインターナショナルスクールがありますが、こちらは英語が母国語の子どもを対象にしている学校のことです。プリスクールは費用の幅が広いため、長く通い続けられるかどうか費用面も比較して検討する必要があります。

 

幼児英語教育は楽しく続けられることが重要

幼児英語教育には大人になってからでは習得の難しい英語耳や英語脳が身についたり、英語への抵抗がなくなったりとメリットが多くあります。幼児期の英語教育のポイントは「子どもが楽しんでいること」と「継続できること」です。

一時的に英語教育を取り入れても英語の習得は難しいでしょう。英会話教室などに通わせるときには子どもの意志や金銭面で継続ができるかどうか、はじめる前に確認が必要です。またどの教室に通わせるかを迷ったときは「なぜ通わせるのか」「そこで何を得たいのか」を考えましょう。教室ごとに力を入れている分野は異なるので、目的に合った教室やスクールを選ぶことも大切です。

 


楽しい子ども向けオンライン英会話「GLOBAL CROWN」はこちら>

 

また、インスタグラムの公式アカウントでは英語で遊べるゲームなどもご紹介しています。ぜひご覧ください。

GLOBAL CROWN公式インスタグラム>

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...