子ども向け英会話のアウトプットにおすすめの方法
英語教育

【子ども向け】英会話のアウトプットにおすすめの方法は?

【子ども向け】英会話のアウトプットにおすすめの方法は?

女の子子ども英会話勉強

子どもが英語学習をしている場合、インプット学習はできてもアウトプットがなかなかできないと悩むことがあります。英語学習では新しい知識を吸収することも大切ですが、アウトプットによって発言や行動に移し、知識を定着させたり英語力をアップしたりすることも重要です。

今回は、子どもの英会話のアプトプットの練習方法や機会などにをご紹介します。子どもの英語教育のサポートにぜひお役立てください。

そもそも英会話のアウトプットとは

アウトプットとは、経験や学習などによって吸収した知識を頭で処理したあとに、行動や発言などに反映させることです。例えば、英会話ではリスニングやリーディングなどの学習がインプットにあたります。一方、インプットした情報を脳内で理解し、スピーキングやライティングなどの形で外に発信することがアウトプットにあたります。

アウトプットをして自分から情報を発信したり、表現したりするためには、インプットによる知識の積み重ねが大切です。単語や文法、フレーズなどの知識を身に付けることで、意味を理解しながら自分の言葉にして書いたり、話したりできるようになるでしょう。

英会話をアウトプットする重要性とは

英語学習では、スピーキングやライティングなどのアウトプットが重視されています。その理由として、アウトプットの作業によって自分が理解している点や反対に理解できていない点などを明らかにしやすいことがあげられます。

インプットで幅広い分野を学んでいるつもりでも、実際の会話で言いたいことが表現できないことがあるでしょう。つまり、定期的にアウトプットを行えば、子どもがカバーできていない単語に気付くきっかけになります。

また、アウトプットを繰り返すことで言葉や表現が自分のものとなり、自動的に口に出せるようになってきます。母国語でない英語を話すには頭を使いますが、アウトプットに慣れてくると自然と英語が口から出てくるようになるでしょう。

日本ではインプットのための学習方法が多く用いられていますが、実践的な英語を身に付けるには、アウトプットにもフォーカスして英語力を高めていくことが大切です。

もちろんインプットも必要

アウトプットによって英会話力を効率的に身に付けるためには、前提としてインプットによる知識の習得が不可欠です。

英語で書いたり話したりするためには、大量のインプットによって単語や文法などの情報を理解しなければいけません。インプットで得た知識を子どもが自分で自在にアレンジしながら、スムーズにアウトプットできるのが理想的です。リスニングやリーディングによるインプットも怠らないでバランスよく学習を進めましょう。

子どもの英語教育に関しては、無理に英会話をインプットさせようとすると英語を嫌いになってしまう可能性があるため注意が必要です。レベルに合わない学習方法で英語のインプットを押し付けないように気を付けましょう。問題集や本だけでなく、動画や歌などの楽しいインプット学習法を取り入れるのがポイントです。

英会話上達のためにインプットするメリット

インプット学習が英会話上達のために役立つ理由として、英語の体型的な知識を身に付けることで次に来る単語や文章を予測しやすくなる点が挙げられます。英文を読むときや聞くときに予測文法の力があると、内容をスムーズに理解しやすくなります。

また、インプットで大量の情報を得ていると、スピーキングのときにも使える表現が増えるのも利点です。知っている言葉が多ければ、言いたいことをより的確に表現したり、バラエティに富んだ言い方をしたりできます。

インプット・アウトプットのトレーニングを繰り返していくことで、英語のセンスが磨かれていくので、両者に力をいれていくことが英会話上達への近道です。

【子ども向け】上手に英会話をアウトプットする方法とは

大人と子どもでは適した英語学習の方法が異なることをご存じでしょうか。ここからは、子どもが上手に英会話をアウトプットする方法を6つご紹介します。

英語の絵本を使う

家庭で英語学習をする際は、英語の絵本の読み聞かせを行うことが多いでしょう。読み聞かせによってインプット学習の効果を期待できますが、絵本はアウトプットにも使えます。絵本を読み進めている途中や読み終わったあとに、内容に関するシンプルな質問をしてみましょう。

「What is ~?」(~は何?)や「Where is ~?」(~はどこ?)、「Who is ~?」(~は誰?)など、指差しなどで答えられる質問からスタートし、次第に「What is the boy doing ?」(その男の子は何をしているの?)などフレーズで答える質問を入れていくのがおすすめです。

保護者が英語に苦手意識のある場合でも、日本語と英語の両方で書かれたバイリンガル絵本を利用すれば問題なく実践できるでしょう。

フラッシュカードで英会話をアウトプットする

フラッシュカードは英単語や絵などが書かれたカードのことで、記載された英単語などを読み上げながら素早くでめくっていくゲームのような英語のトレーニング方法です。

高速でカードをめくっていくことで、視覚理解が得意な右脳に優先的に訴えかけ情報処理が行われ、無意識に英単語がインプットされていくため、語彙力や表現力、理解力の強化につながります。ゲーム感覚で楽しく参加する子どもが多いでしょう。

フラッシュカードは記憶用にも使えますが、アウトプットにも活用できるツールです。すでに学習したカードを見せながら、子どもに「What’s this?」(これは何?)と聞いてあげましょう。すると、子どもは覚えた英語の単語を自分で発音する練習になります。保護者や友達とお互いに質問し合うのも効果的です。

また、子どもの英語のレベルが上がってきたら、手持ちのカードを使って簡単な文章やストーリーを作るなどの勉強方法もいいでしょう。

フラッシュカードは、インプット・アウトプットの両方に使える教材としておすすめです。

英語の歌でアウトプットするのもおすすめ

英語のCDや動画を利用して音楽を聴き、子どもに興味を持ってもらうのもおすすめです。活発な性格の子には、歌やダンスなどを交えて英語に触れさせましょう。手持ちの教材がなくても、YouTubeなどの動画投稿サイトには無料で視聴できる英語の歌が多数アップされているので活用してみましょう。

歌や音楽が好きな子であれば、楽しみながら歌を覚えることができ、自分で歌うことで発音や英会話のアウトプットの練習になります。

お気に入りの歌を見つけたら歌詞が覚えられるまで練習し、単語の意味を教えてあげましょう。お風呂の時間に子どもと一緒に歌ったり、車で移動中に音楽を流して一緒に口ずさんだりすると効果的です。ポイントはよく歌えたら褒めてあげたり、歌詞の意味を教えてあげたりして保護者がこまめにサポートしてあげることです。

英語のイベントに参加する

地域で開催されている英語のイベントや外国人が参加するイベントに積極的に参加して英語を話す機会を作りましょう。イベント専門の会社が開催している場合もあれば、英会話スクールが主催している場合もあります。スクールに通っていなくても参加できることが多いため、気軽に参加してみるのがおすすめです。

また、定期的に開催しているイベントに参加すると、英会話のアウトプットを継続していくことが可能です。開催頻度などにも注意して探してみましょう。クッキングやクラフトなどの活動を通して外国人とコミュニケーションできるイベントもあるため、子どもの趣向に合わせて選ぶといいでしょう。

アウトプットに力を入れている英会話教室に通う

子どもの英語教育でアウトプットに力を入れる場合は、英会話教室に通わせると効果的です。

子どもに特化した英会話教室も増えているため、成長段階やレベルに合った方法で英語を身に付けていけるでしょう。英会話教室では発言する機会が多く、英語の使い方が誤っていると直してもらえます。正しい発音やイントネーションなど、家庭内の学習では手の届きにくいところも客観的なアドバイスを受けられます。

また、英会話教室で同年代の友達ができれば楽しく通うことができ、保護者も他の保護者と知り合うことができ、英語教育の情報交換をする機会が増えるでしょう。毎週のレッスンで英語学習を習慣化でき、体系的なカリキュラムをこなせます。学校にはカウンセラーがいることもあり、学習に関して悩みや疑問が生じた場合は相談できるのもメリットです。

例えば、ECCやBenesse、Aeon Kidsなど実績のあるスクールでは講師の指導力が高い点も期待できるでしょう。

オンライン英会話を利用する

スマートフォンやタブレット、パソコンなどを利用してオンラインで英会話レッスンを受ける方法もアウトプットに最適です。専用のアプリなどをダウンロードし、自宅からレッスンを受けられるケースも増えています。

オンライン英会話ならリアルタイムで世界各地にいる英語教師から指導を受けられるため、ニーズが高まっている学習方法の1つでもあります。

最近では子どもに特化したオンライン英会話も増えており、ゲームの要素やダンス、歌などを盛り込んで子どもが楽しく英語を学べる工夫が施されていることが多いでしょう。子どもと大人では効果的な学習方法が異なるため、子ども向けにトレーニングされた講師がいる教室がおすすめです。

また、子どもにオンライン英会話を習わせる場合は送迎が要らないため、保護者に負担がかかりません。受講料も通常の英会話スクールに比べて安い傾向にあり、気軽に始められるのがうれしい点です。多くのスクールではレッスンスケジュールの変更を簡単に行えることが多く、他の習い事やイベントとの両立もできます。

ただし、子どもの集中力は長く続かない傾向にあります。オンライン英会話のレッスンは遠隔でのレッスンになるため子どもの関心を引くためのハードルも高いです。そのため、子どもが飽きてしまわないように、1コマの時間が短めに設定されているスクールや内容が工夫されているスクールを選ぶようにしましょう。

まとめ

オンライン英会話子ども

英語学習で知識のインプットが重要であることはよく知られていますが、発言や行動などを通してアウトプットのトレーニングも大切です。アウトプットを繰り返すことで表現の幅が広がり、英語の発信力やコミュニケーション力が上がります。子どものうちからアウトプットに慣れておくと、将来も役に立つ英語力を培っていけるでしょう。

オンライン英会話のGLOBAL CROWNでは、日本語と英語のバイリンガル先生が子どもの英会話力を高めてくれます。1レッスン20分でカリキュラムが組まれているため、子どもの集中力を切らさずに効率的に学習できます。自習教材も充実しているため、レッスン以外の時間は家庭でインプット学習を進められるでしょう。

オンライン英会話が気になっている場合は、GLOBAL CROWNの無料体験レッスンがおすすめです。

GLOBAL CROWNの無料体験レッスンの詳細はこちら>

公式 Instagram

公式 Facebook

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...