アルファベットを持つ子どもたち
オンライン英会話 英語教育

英会話を子どもに習わせる時の注意点。オンラインなら何に気をつける?

英会話を子どもに習わせる時の注意点

「英会話ができるに越したことはない」
きっとみなさんそう思っていると思います。

グローバル化がどんどん進み、やはり英語を話せたほうが仕事や職種の選択肢も広がります。

間違った英会話の勉強方法や無理に英語を勉強させて
英語嫌いになってしまったりすると大変です。

子どもに英会話を習わせるなら、どんなことに注意をすべきかポイントをまとめさせていただきます。

 

子どものモチベーションを引き出す。

勉強にしても、スポーツにしても、やはり子ども自信にやる気が出ないかかぎりは吸収力は低くなってしまいます。
無理やり英語を言わせたり、教材を与えるのではなく
まずは興味を引くようなコミュニケーションをしてみましょう。

では、具体的にはどんな方法があるでしょうか?

電球を持つ人

1.英語のDVD、おもちゃ、絵本などを活用する

小さいときには遊びながらできるものがいいですね。
アニメのDVDなどはよく売られていますし手軽です。

しかし、最初は英語に切り替えて見せていたものの、
子どもも大きくなると「日本語で見たい!」と言い出すとも良く聞きます。

また、絵本の読み聞かせの場合に注意すべきは、
親がカタカナ英語で語り掛けないことです。
発音の吸収力が高い幼児期は音をそのままインプットしてしまうので、
「アップル」や「アッポー」で教えてしまうとそのまま覚えてしまいます。

できれば、ネイティブの発音が出る絵本やおもちゃがよいです。

 

ネイティブの発音が出る絵本

音でまなべるえほんずかん みんなのおうち
音でまなべるえほんずかん みんなのおうち

 

音でまなべるえほんずかん みんなのからだ
音でまなべるえほんずかん みんなのからだ

 

英語で読み聞かせができるアプリ

Who Stole The Moon?

英語でも日本語でも楽しめるしかけ絵本アプリ『Who Stole The Moon?』

 

他にも「英語の 絵本アプリ 」 はここに一覧がまとまっていましたので参考までに。

 

2.英語の歌を聞かせる

子ども向けの歌でもいいですし、大人が聞いている洋楽でもいいですが、
同じフレーズを繰り返し聞かせ、音を真似ることによって効果が出てくるので、
できれば、真似して歌えるようなゆっくりテンポのものがよいです。

子どもが英語に親しむYouTubeの歌5選(歌詞付き)

以前の記事で、大人も聞き覚えがあり歌いやすいテンポのYouTubeの曲をピックアップしたのでぜひ使ってください。

歌を活用した英語の勉強方法では「チャンツ」というのが有名です。
「チャンツ」はリズムに乗せて言葉を表現するものです。
「言葉あそび」のようにで、リズムに乗せて覚えていくとインプットが容易になる、というものです。
日本の575の俳句なども似たようなものですが、音に乗せると覚えやすかったりします。

 

3.海外旅行や外国人との楽しい交流の経験をさせる

家族みんなで出かけると高くはなりますが、せっかく遠出するなら思い切って海外に行ってみてはいかがでしょうか?

いきなりの外国人はびっくりするかもしれませんが、
家族旅行の楽しい記憶と一緒に、海外や外国は面白いところだという印象がつきます。
また、日本人旅行客にフレンドリーな国を選べば一気に外国人への印象もよくなるでしょう。

もし、海外に行くのがハードルが高ければ日本国内でも同じような機会をつくることができます。
会社に外国籍の同僚がいたら思い切って家族ぐるみで遊んだり、
グローバルな交流の場にみんなで遊びに行ってみましょう。

もっと手軽に、、という方は、英語教材などの会社が企画している単発のイベントもあります。
少しの時間でも「楽しかった!もっと遊びかった!」と思ってもらうことで、
その後すぐに英語に対して興味を持つようになります。

 

親が英語を好きになる。

親が英語が苦手だから、、と外国人を避けていては意味がありません。
親が好きになるものは子どもも好きになります。
逆に言えば、親が避けているものは子どももずっと慣れません。

街中に困っている外国人旅行客を見つけたら積極的に話しかける、など、
子どもと一緒に楽しく交流をするように心がけてみてください。

また、子どもの英語の勉強に興味を持ってあげることも大事です。
送り迎えをしているだけでどんなレッスンをしているのかに関心がないと、
子どもの変化や成長に気づけず褒める機会を逃してしまいます。

やはり、親に褒められるという経験はとてもやる気がでることなので、
ぜひちょっとした成長も見逃さずに褒めてあげてください。

男の子とお母さん

 

では、オンライン英会話を選んだときにはどこに注意をすればいいでしょうか?

送り迎えがない分、レッスン内容に興味をもって!

送り迎えがなくレッスンを受けられるのが最大の魅力ですが、
だからといってレッスンの様子に興味がないと子どものやる気はなくなってしまいます。
ぜひどんなことが言えたのかをチェックしながら必要に応じて褒めてあげましょう。

 

手軽だからこそレッスン時間を忘れないで!

いつでもどこでも受けられるのも特徴のひとつです。
1回のレッスンは20~25分なので少しの遅刻でレッスン時間は減ってしまいます。
忙しく子育てをするママですが、ぜひレッスンの予定をチェックしておきましょう。

 

先生は子どものレベルや性格に合っている?

グローバルクラウンの先生はバイリンガルですが、他のオンライン英会話はフィリピン人がほとんどです。
日本語が話せなくても大丈夫なのか、は最初にチェックすべきところです。
もし、親のフォローありきで全部英語でレッスンができたとしても、子どもとの会話の相性がいいかもぜひ見てあげてください。

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン )の先生紹介

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...