英語教育 親子で英会話

子どもの英語教育が大事な理由は?0歳・1歳・2歳のタブーはこれ!

グローバル化、小学校での英語の必修化など、これからの子どもたちにとって英会話スキルは絶対欠かせない時代になってきました。今の大人たちも英語を話せないのに子どもたちにどうやって英語を習得させればいいのでしょうか?

 

「留学させれば何とかなる」では手遅れ?

私たち親世代で英語を話せるのは留学経験者や帰国子女ばかり。会社に入ってからの海外駐在で苦労して身につけたという人が多いですね。

最近の高校や大学では1年間の交換留学を制度として導入しているところも増えてきました。これらの経験をしていると「大人になってから1年間海外に行ければなんとかなる」と言っている人もいますが、本当にそれでいいのでしょうか?

 

10歳までが英語学習の“黄金期”

「英語教育は早いほうがいい」というのはもはや定説のようになっていますが、その理由はご存知でしょうか?

これは脳科学的な観点から証明されています。 アメリカの人類学者 R.スキャモンが提唱した人体各器官の発育過程を曲線で表したものです。「脳・神経」の曲線を見ると、5歳までに80%、10歳でほぼ100%になっていることが分かります。つまり、10歳で言語の感受性期が終わってしまうので、吸収力の高い10歳くらいまで英語学習をしっかりしておくことが大切です。

また、10歳までに継続的に英語学習をしていれば、その後に頻度が落ちたとしてもあまり衰えません。

出典

0721_4

子どものうちにやるべき英語学習はたった2つ

それでは、10歳までの英語学習は何をするべきなのでしょうか? 英会話のスキルには「聞く(Listening)・話す(Speaking)・読む(Reading)・書く(Writing)」の4つのスキルがあります。これらは4技能とも呼ばれています。

今の親世代は、教科書を読み、文法を学んで、英文を書くということを繰り返してきました。結果、話せるようにはなりませんでした。 では、一方でみなさんはどのように日本語を習得しましたか?親の言葉を聞いて真似て話し始めた人がほとんどだと思います。

つまり、4技能には伸ばす順番というものがあり、「聞く・話す」が最初のステップで、「読む・書く」はその次で十分なのです。

英語も同じく、10歳までの間に「聞く・話す」に集中して学習をさせてあげることが大切です。

 

0歳・1歳・2歳の英語学習でタブーなこと

日本語を習得中の子どもに同時に英語を教えてバイリンガルにさせよう!」と意気込んで幼児期から日本語と英語と同時に教えている親がいますがこれは要注意です。
「ダブルリミテッド」という言葉を聞いたことはありますか?ダブルリミテッドとは、母国語と第2外国語のどちらも年齢相応の言語能力がついていない状態のことをいいます。

日本語の意味も分からないまま「Yammy!」や「Good night!」などを言わせてもその先何につながるのでしょうか?英語をコミュニケーションツールとして身につけるためには、まず日本語の習得が先決。意味を理解させたり、会話の中で使わせるのは日本語の土台ができてからにするべきです。

それでも、「0歳・1歳・2歳のうちに何か始めておきたい!」と思う方は、「英語の音を聞かせる」のみにしましょう。

 

3歳・4歳・5歳の小学校入学前が一番の成長期!

3歳を過ぎると日本語習得が早い子はどんどん話すようになります。日本語と英語の違いもしっかり認識ができていれば英語教育の始めどきです。冒頭に述べた発育課程の曲線を見ても5歳までに80%成長していきます。
また、小学生になると、国語や算数などの学校の勉強が始めるため、英語学習に時間を使うのが難しくなってしまいます。
英語学習には頻度や継続性が最も大切なので、生活リズムが安定して英語を習慣化しやすい小学校入学前が特におすすめです。

まず、「英語の音を聞かせる」ことから始めるべきですが、話すことが好きであれば「聞く・話す」は同時にスタートしてもかまいません。きれいな発音を聞きながら真似をして話すことを繰り返してください。

この年齢で注意をすべきことは英語嫌いにさせないことです。
自我が芽生えてくる年齢なので、嫌いになってしまうと学習効果は半減します。発音を何度も言い直させる、無理に勉強させるなどはやめましょう。当たり前ですが、「英語って楽しい!おもしろい!」と子どもの吸収力が高まるように促すことが必要です。

今は、集団の英会話教室、マンツーマン英会話、家庭用教材、オンライン英会話などたくさんの方法があります。
子どもの性格も、おしゃべりだったり恥ずかしがり屋だったり様々です。ほとんどの英会話教室や英語教材は無料で試せるものが多いので、子どものタイプやレベルに一番合う方法をぜひ試してみてください。

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...