英語教育

子どもの英語熱を高めるならハロウィンがおすすめ

すっかりに日本でも定着したハロウィン。

若者たちが華やかに仮装して街に繰り出す様子は毎年ワイドショーをにぎわせていますが、
子どもたちの英語への関心度を高めるにも実はハロウィンはもってこいのイベントです。

 

海外の文化を知る

当たり前ですが、ハロウィンは外国の文化です。
普段海外や外国に触れる機会がない子でも「海外ではこんな文化があるんだよ」と教え、
興味関心度を高めるよいチャンスになります。

 

ハロウィンの由来は?

意外と知られていないので、子どもに言えるようにしっかりと覚えておきましょう。

昔、ケルト人という民族がいました。
秋になると食べ物がたくさん採れるので、その時期の収穫を感謝するお祭りに起源があります。
当時、ケルト人たちの1年の終わりは10月31日と定められていて、

また、この夜は死んだ人たちの霊が家族や親戚の元を尋ねてきて、それが悪霊だと畑の作物を荒らしてしまう、と信じられていました。

このふたつのことから、秋の収穫をお祝いし、また悪霊を追い出す祭りが行われるようになったのが今のハロウィンです。
なので、子どもたちがおばけの仮装をして、近所の家をめぐり、
その代わり「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」なんていうイベントに発展しています。

1年の終わりに感謝祭をしたりするのは日本の大晦日のようなものですし、
「死んだ人の霊がその時期に家族の元に戻ってくる」なんていうのは、日本のお盆みたいです。
大晦日とお盆の掛け合わせだと説明すると覚えやすいかもしれません。

 

Pumpkin、Ghostなど子どもたちが好きな英単語が満載

ちょっと見た目は怖いですが、ハロウィンには独特のグッズやキャラクターがたくさん登場します。
英単語を覚える言いきっかけにもなるはずです。

参考までにハロウィンに関連する簡単な英単語をピックアップっせていただきました。

pumpkin(カボチャ)
spider(クモ)
wizard(魔法使い)
witch(魔女)
broom(ホウキ)
zombie(ゾンビ)
vampire(吸血鬼)
ghost(お化け)
bat(コウモリ)
bone(骨)
pirate(海賊)
candy(キャンディー)
wolf(オオカミ)
mummy(ミイラ)

Colorful Halloween performance
Colorful Halloween performance

Trick or Treat!で英語が「言えた!」「伝わった!」体験を

Trick or treat!(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ!)
これをと言うと大人たちからお菓子をもらえます。

これも立派な英語のフレーズです。
大きな声で言ってもらって、いえたことを褒めた上でご褒美のお菓子をあげてください。

ついでに、ドアをノックして「Excuse me.(ごめんください)」も教えてしまってもいいかもしれません。

 

子どもの仮装で気分を高める

海外では、おばけやドラキュラなどに仮装するのが一般的ですが、
日本のハロウィンはまさに仮装大会のようなもの。

子ども向けの仮装グッズもたくさんあってどれもキュートです。

コスプレグッズが盛りだくさん!ドンキホーテの仮装特設ページ
http://www.donkimall.com/shop/products/list.php?category_id=2378

ユニクロUTでおばけの仮装をDIY!
https://utme.uniqlo.com/tips/2730/

 

ハロウィンゲームで盛り上がる

ハロウィンにちなんだゲームを家族や友達とやってみてはどうでしょうか?

アップルボビング(りんご取り)

<遊び方>
1、たらいやバケツに水を入れ、中にりんごを浮かべます。
2、手を使わずに、口だけでりんごを取ります。
3、かかった時間を測り、早くリンゴを取れた人が勝ちです。

「りんご取り(アップルボビンぐ)」はハロウィンの夜に昔から欧米で行われている伝統的なゲームです。
日本で言うとパン食い競争のようなものです。
りんごは適度な大きさがいいですね。また、水を使うとびしょびしょになってしまうので、
かごにいれたり、色んなフルーツを使ったりちょっとアレンジしてみましょう。

 

ミイラ作りゲーム

<遊び方>
1、4~5人のチームに分かれます。チーム対抗戦です。
2、チームの中から1人「ミイラ役」を決めます。
3、1チームに1つずつトイレットペーパーを渡します。
4、「ヨーイドン」でトイレットペーパーをミイラ役に巻き付けていき、早く巻き終えたチームが優勝です。
5、もしくはトイレットペーパーを切らずにキレイに巻いたチームが優勝でも構いません。そこら辺は自由に変更してOKですよ。

(参考)http://asukainfo.com/halloween-game

 

これらに、英語の要素を入れてみてもいいと思います。

アップルボビングだったら、色んなフルーツを使って、
チームのところに持ってきたときにその英単語を言わないとゴールにならない、とか。

ミイラ作りゲームだったら、「Hurry!」とか掛け声を英語のみに絞ったり、アイディアしだいです。

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...