英語で言ってみよう!海外の代表的な観光スポット
親子で英会話

英語で言ってみよう!海外の代表的な観光スポット

こんにちは!お家時間が増えているなか、旅行にいきたくなる気持ちも散々ありますよね…!💦

自由に旅行ができない今、我慢している方も多いのではないでしょうか。

今回は、海外の代表的な観光スポットの英語の言い方を紹介していきます!少しでも海外旅行気分を味わいながら、ぜひお子さまと一緒に覚えてみてください!✈️🌏


1. 万里の長城 The Great Wall of China英語で言ってみよう万里の長城

万里の長城は、1987年にユネスコの世界遺産に登録されており、2007年には新・世界七不思議にも選ばれています。主要部分だけでも約3000kmに達し、明代以前の戦国時代から築かれた部分も含めると総延長1万2000kmにも及びます。参照

気になる英語の言い方を見てみましょう:

「グレイト・ウォール・オブ・チャイナ」

英語で言ってみようエッフェル塔

2. エッフェル塔 Eiffel Tower

エッフェル塔は、フランスの首都パリの象徴的な名所となっている塔です。エッフェル塔は、1889年にフランス革命100周年を記念してパリで開催された第4回万国博覧会のために、ギュスターヴ・エッフェルによって建てられました。建設当時の高さはおよそ300mと、世界一高い建造物でした。参照

英語の言い方は日本語と違っていて、以下のように言います:

「アイフォル・タァゥア」

「タァゥア」は東京タワーの「タワー」と一緒なので、とても覚えやすいと思います!

英語で言ってみようコロッセオ

3. コロッセオ The Colosseum

コロッセオは、ローマに存在する巨大な円形闘技場です。コロッセオは、建設当時の正式名は「フラウィウス円形闘技場」といいましたが、皇帝ネロの巨像(コロッスス)が側にあったため、コロッセオと呼ばれるようになったともいわれています。コロッセオは、長径188m、短径156mの楕円形をしており、外周は527m、高さは48mあります。5万人を収容できたといいます。参照

英語の言い方はこちらです:

「コロッセウム」

これも日本語とは少し違っていて、最後は「セオ」ではなく、「セウム」と発音します!

4. 自由の女神 Statue of Liberty

英語で言ってみよう自由の女神

自由の女神像は、アメリカ独立100周年を記念しフランス人のエドワール・ド・ラブライエが建設を提案し、寄付を募集しました。設計にはフレデリク・バルトルディとギュスターヴ・エッフェルが関わりました。

女神像は右手にたいまつを持ち、左手にはアメリカ独立記念日(1776年7月4日)とフランス革命が勃発した日(1789年7月14日)が刻まれた独立宣言書を持っています。参照

英語の言い方を見てみましょう:

「スタチュー・オブ・リバァティー」

直訳をすると Statue は「立像」、 Liberty は「自由」という意味になります。


 

いかがでしょうか?日本語と全く違う発音をする観光名所もありましたね✨

GLOBAL CROWNのレッスンでは、行ってみたい国や観光地について話す生徒さまが多いようです!お子さまに英語を楽しく学んで頂くために、バイリンガル講師も積極的に会話を進めています♪

ぜひ、上記の観光名所を英語で覚えて、発音してみてください!💕

現在、GLOBAL CROWNでは無料体験レッスン実施中です!詳しくは公式ホームページをチェックしてください!🌻⭐️

GLOBAL CROWN公式HP

公式 Instagram

公式 Facebook

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...