子供の英語表現を豊かにする英会話フレーズ
親子で英会話

子どもの英語表現を豊かにするには?家庭で使える英会話フレーズを紹介

子どもの英語表現を豊かにするには?家庭で使える英会話フレーズを紹介

英会話勉強子ども達

グローバル化や小学校での英語教育の必修化などの流れを受けて、早くから子どもに英語を習わせる親が増えています。英語教育

によってアルファベットや単語など基礎的な知識は身に付けられても、英語表現をもっと豊かにする方法はないかと悩む親も多いではないでしょうか。

そこで今回は、子どもの英語表現を増やしていけるように、家庭で実践できる英会話フレーズをご紹介します。ぜひ、子どもの英語学習にお役立てください。

子どもの英語表現を豊かにするコツとは

英語遊ぶ勉強子ども

子どもの英語表現を豊かにするには、教室のレッスン以外でも工夫できることがあります。ここでは、英語表現のバリエーションを増やすコツをご紹介します。

学習を習慣化させ、継続する

子どもを英語教室に通わせるのも効果的ですが、英語学習を習慣化して英語を身近に感じてもらうことが何よりも大切です。週1回の頻度でスクールに通っても、レッスンの日以外は英語に触れない生活だと覚えたことをすぐに忘れてしまう可能性があります。

家庭でもちょっとした英会話を取り入れるなど、断片的な学習だけでなく継続的に学べる環境を用意してあげると効果的です。

毎日少しずつ取り組むことで抵抗感をなくす

英語の学習を楽しんでもらうためには、毎日少しずつ英会話に取り組むことが重要です。母国語の日本語とは違う言語でも少しずつの学習であれば子どもに負担がかかりにくく、ジョジョに意味を理解し始めて楽しいを思えるようになります。

英語は日本語とは全く異なる言語なので、わからないことばかりだと英語に嫌悪感を抱いてしまう子もいるでしょう。急いで英語学習を詰め込むのではなく、スロースタートで子どもの気分やモチベーションに合わせて英語学習を進めるのがポイントです。

家庭でも英語表現を取り入れる

家庭内でも英語表現を取り入れて、日常生活の中で少しずつ英語に触れていく機会を増やしていくのがおすすめです。

1日1つのフレーズを学ぶだけでも、1年後には積み重なって365個のフレーズを習得していることになります。家庭で英語学習をサポートしてあげることで子どもの表現力が高まり、将来も使える英語のレパートリーが増えていくでしょう。

家庭で取り入れやすい!子ども向けの英語表現を紹介

子どもの英語学習は家庭でも実践すると効果的です。ここからは、家庭で取り入れられる英語表現をご紹介します。

毎日使いたい簡単な英語表現

「Thank you.」(ありがとう)は軽く感謝の気持ちを伝えるために、さまざまなシーンで使えます。お手伝いをしてくれたり、両親や兄弟に優しくしてくれたりしたときに使ってみましょう。「Thanks a lot !」(どうもありがとう)もカジュアルに感謝の気持ちを伝える際に役立ちます。

また、お手伝いなど何かを頼むときには「Please」(お願い)が便利です。慣れてきたら、子どもでも簡単に発音して使えるでしょう。

日常の愛情表現には、「I love you.」(大好きだよ)というフレーズを家族間で用いることができます。

朝におすすめの英語表現

朝は、「Good morning!」(おはよう)やカジュアル化した「Morning !」(おはよう)の挨拶から始まります。英語に慣れるためには、簡単に「Hi, 〇〇(子どもの名前).」(おはよう、〇〇)から始めるのもおすすめです。子どもが自分でなかなか起きられない場合は、「It’s time to get up !」(起きる時間だよ)と声を掛けてあげましょう。

「Did you have a good sleep ?」や「Did you sleep well ?」(よく眠れた?)と聞くと、子どもは「Yes」や「No」などと簡単に返答できます。

自分で身支度できる子には、「Go wash your face.」(顔を洗ってきなさい)や「Brush your hair.」(髪をブラッシングしてね)などの表現が便利です。

「Let’s get dressed.」(着替えましょう)や「Take off your pajamas.」(パジャマを脱いで)も朝のルーティンで使える英語表現です。学校や幼稚園に出かける子どもには、「Do you have everything?」(忘れ物はない?)と聞いてあげましょう。出かける時間が近づいたら、「It’s time to go.」(出かける時間よ)と呼びかけてください。

昼におすすめの英語表現

お昼寝をする際にも使える英語表現があります。

子どもが眠そうなときは、「Are you tired?」(疲れた?)や「Are you sleepy ?」(眠いかな?)といったフレーズが役に立ちます。お昼寝をしたがっているときは、「Do you want to sleep?」(眠りたい?)や「Do you want to take a nap?」(お昼寝したい?)と聞いてあげましょう。

お昼寝時間がいつも決まっている場合は、「It’s time to take a nap.」(お昼寝の時間よ)と教えてあげるのも手です。

おやつの時間には、「Do you want a snack?」(おやつ欲しい?)と声を掛けてあげましょう。軽食やおやつ全般は「snack」で表現できます。

学校に通っている子には、「Do you have homework today?」(今日は宿題ある?)と確認することも大切です。「How was your test?」(テストはどうだった?)や「Did you eat all of your lunch?」(ランチは全部食べた?)など学校での様子を聞いてみましょう。

夜におすすめの英語表現

1日の終わりには、「How was your day today?」(今日はどのような日だった?)や「What did you do at school today?」(今日は学校で何をしたの?)と質問してみましょう。絵本などの読み聞かせを行う場合は、「Do you want me to read you a book?」(本を読んでほしい?)と聞いてあげます。

布団に入る時間がきたら、「It’s time to go to bed.」(寝る時間よ)と教えてあげましょう。「寝なさい」と強めに指示する場合は、「Go to sleep.」というフレーズが使えます。

その他にも、「Brush your teeth.」(歯を磨きなさい)や「Let’s get ready for tomorrow.」(明日の準備をしましょう)という表現も役に立ちます。寝る前には「Good night and sweet dreams.」(おやすみ、いい夢を見てね)と優しく声を掛けてあげましょう。

食事中におすすめの英語表現

食事の時間には、「Dinner is ready!」(夕飯できたわよ)や「Lunch will be ready soon!」(もうすぐランチができるわよ)と呼びかけましょう。「Wash your hands before eating.」(食べる前に手洗いしてね)というフレーズも覚えておくと便利です。

育ち盛りの子どもには、「Do you want more rice?」(ごはんをおかわりしたい?)という表現も役に立つでしょう。食事中にお行儀などのしつけをする場合は、「Sit up please!」(きちんと座って)や「Don’t eat with your mouth open.」(口を開けたまま食べないでね)と注意してあげます。ある程度マナーが身に付いてきた子には、「Don’t make that sound when you eat.」(食べているときに音を立てないでね)と教えてあげるのもよいでしょう。「Do you like it?」(おいしい?)と感想を聞くのも重要です。

食事が終わったら、「Can you clean up the table?」(テーブルの上を片付けてくれる?)と話しかけてあげると、お手伝いを促すことができます。

お出かけにおすすめの英語表現

お出かけする場合は、「Let’s go out!」(出かけよう)や「Let’s take a train.」(電車に乗ろう)などの表現が使えます。車が多くて危ない場合は、「Watch out for cars!」(車に気を付けなさい)や「Give me your hand.」(手をつないで)と注意を促します。

また、雨が降っているときは「Take your umbrella.」(傘を持って行きなさい)というのを忘れないようにしましょう。日差しが強い場合には、「Put on your hat.」(帽子をかぶりなさい)という声かけが使えます。

送り出す際には、「See you later.」(またあとでね)や「Take care.」(気を付けてね)と声を掛けてあげましょう。

英語には「おかえりなさい」という言葉がないため、友達と遊んで帰ってきたら「Did you have a good time?」(楽しかった?)や「How was your day?」(今日はどうだった?)というフレーズが役に立つでしょう。

お風呂でおすすめの英語表現

お風呂の時間は、「It’s time to take a bath.」(お風呂に入る時間よ)と声を掛けて教えてあげます。「Can you take a bath by yourself ?」(自分でお風呂に入れる?)と聞いてみましょう。1人で入るのが難しい場合は、「Take your clothes off.」(お洋服脱いでね)と誘導します。

お風呂の中で数字を数える場合は、「Let’s count to ten!」(10まで数えようね!)といって一緒に英語で数えるのもおすすめです。お風呂から出たら、風邪をひかないように「Dry yourself well.」(体をよく拭いてね)と声を掛けましょう。

英語表現を豊かにするならオンライン英会話がおすすめ

家庭内で毎日少しずつ英語のフレーズを教えることで、子どもは英語を身に付けられるでしょう。

さらにナチュラルで豊かな英語表現を養っていきたい場合は、オンライン英会話の利用がおすすめです。講師の前で自分の思いを言葉にして意味が通じると、英語がますます楽しくなるでしょう。

オンライン英会話なら、ネイティブの講師に教えてもらいながら子どもが自分らしさを表現できる英語を身に付けられるため、将来の糧になります。

まとめ

オンライン英会話子ども親子

子どもの英語表現を豊かにするためには、家庭内でも英語で話しかけてあげるのが効果的です。今回ご紹介した日常生活の中で使えるフレーズを参考にして、親子で英語を話す習慣を作ってみるとよいでしょう。

また、より豊かで正確な表現力を身に付けるためには、オンライン英会話がおすすめです。

子どものための英会話レッスンを提供するGLOBAL CROWNでは、英語も日本語もネイティブレベルで話せるバイリンガル先生が楽しく英語を教えてくれます。子ども専用のオンライン英会話が気になっている人は、GLOBAL CROWNの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

GLOBAL CROWNの無料体験レッスンの詳細はこちら>

公式Instagram

公式 Facebook

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...