GLOBAL CROWN先生インタビュー:キョウコ先生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外の滞在経験と現地でのエピソードを教えてください

私の海外デビューは、小学6年生の夏休みに参加した2週間のイギリスでのホームステイでした。家族全員海外渡航経験がなく、英語もまったくしゃべれない私が一人でイギリスに行ったことは、今となっては自分でも驚きですが、そのとき見たバッキンガム宮殿の壮大な雰囲気、英語ができないなりにホストファミリーとジェスチャーでがんばって会話したこと、などは鮮明に覚えています。大学卒業後、オーストラリアのメルボルンに一年間ワーキングホリデービザで滞在していました。大学卒業後すぐに渡航したため、資金があまりなかったこともあり、現地では語学学校に通えませんでした。しかし語学学校に通えない分、家探しや仕事探しの際はエージェントに頼らずにネイティブがいる環境でがんばろうと思い、オーストラリア人の女の子2人とハウスシェアをしたり、オーストラリア人経営のカフェで働いたりすることができました。現在はドイツに住んでおり、滞在2年目です。

どのように英語を習得しましたか?

高校生までは読み書き中心の英語しか勉強していなかったので、大学に入学してからは、様々な国から来る交換留学生と英語で会話をするように努めました。しゃべれるようになりたいという気持ちが強かったので、読み書きはひとまず置いといて、ひたすら英語で会話することに集中しました。高校時代からスピーキングテストは点数が高い方でしたが、自分の好きな海外ドラマや洋画を英語字幕を付けて見たり、シャドーイング(台詞を真似して言う)したりすることで発音により磨きをかけました。その甲斐あってか、荒削りではありましたが、ある程度英語で日常会話をすることができた状態でオーストラリアへ渡航することができました。

英語を勉強していて苦労したことはありますか?

高校卒業するまで、英語は大学に合格するために勉強するものだったので、いざ大学に入って英語で会話しようとすると言葉が全然出てこなくて悔しい思いをしました。受験英語のやり方を引きずったまま凝り固まった考え方で英語を話そうとするあまり、文法や単語はわかっているのになかなか出てこない時期が続きました。しかし交換留学生たちの英語をよく聞いてみると、出身国によってアクセントや発音の違いがあったり、少々文法のミスがあったりしていて、頭で考えるのをやめて口からどんどん出していくように努めました。とにかく間違えることを恐れずに会話を楽しむことを重視しました。オーストラリアに行ってからも、独特のオーストラリア訛りやネイティブが使うイディオムに苦戦しましたが、わかったふりをしないでシェアメイトにどんどん聞いて自分で使えるようにしていきました。私の場合は、しゃべれないことが恥ずかしいという気持ちを捨ててから格段に英語力が上がったと思います。

英語を話せて良かったエピソードを教えてください

オーストラリアにいたときよりも、ドイツに来てからのほうが英語が話せてよかったと感じることは多いです。オーストラリアでは、すべての注意書きや説明はもちろん英語で書いてあり、英語でどう言えばいいのかわからないときも英語の読み書きに頼って乗り越えられた経験は多々ありました。しかし、私はドイツ語が何もできない状態でドイツに住むことになったので、スーパーに行っても野菜や果物の名前が読めずに値段がわからなかったり、電車の遅延や乗り換えの変更情報が読めなくて間違ったホームで待っていたりしたこともありました。そんな時にドイツ人に英語で話しかけると多くの人が気さくに英語で答えてくれて、書かれているドイツ語を英語に通訳してくれたり、それがきっかけで仲良くなれたりすることもありました。オーストラリアにいた時のように読み書きに頼れなくなった今だからこそ、英語が話せるメリットを痛感しています。

なぜGLOBAL CROWNの先生を始めたかを教えてください

昔から英語を使った職業に就きたいという気持ちは大きく、大学で英語講師のアルバイトを経験して英語を教えることの楽しさを知りました。当時は受験生を対象にセンター試験対策など読み書き中心の英語を教えていました。しかし、オーストラリアやドイツでの海外生活が長引くにつれて会話中心の英語を教えてみたいという気持ちが強くなりました。ドイツに住んでいることもあり、ドイツ語ができないと英語講師として働くことはできなかったので、諦めかけていましたが、どこに住んでいてもオンラインで英語が教えられるというGLOBAL CROWNを見つけて先生を始めることを決めました。また、レッスンがある時間帯は時差の関係でドイツは朝なので、ドイツ語の語学学校に通っている私にとって働く時間を選べるところも魅力の一つでした。

GLOBAL CROWNの先生をしていてやりがいを感じるのはどのようなときですか?

「楽しくて20分間があっという間だった!」「また先生とレッスンしたいな」など子どもたちからメッセージをもらえるととても嬉しくて、もっと楽しいレッスンにしようという気持ちになります。最初は一つの英文を区切りながらゆっくりリピートしてもらっていたのが、次のレッスンではリピートもなしで、ひといきでさらっと言えるようになっていたりするので、子どもたちのポテンシャルの高さに驚かされることも多々あります。前のレッスンでは難しかったことが、次のレッスンではできるようになっている成長を一人一人見られることも私のやりがいの一つです。また、ドイツに住んでいることで英語という言葉のレッスンだけではなく、日本と違う文化や習慣に興味を持ってもらえることもとても嬉しいです。

生徒とレッスンをするときに意識・工夫していくことはありますか?

英語の勉強や授業という堅いイメージではなく、子どもたちが英語で会話を楽しめるようなレッスンづくりを意識しています。たとえば、英語を使ったゲームで点数を競ったり、子どもたちの好きなことや今流行っていることなどを聞いて、それらをレッスンに取り入れてみたりしています。英語は会話のツールのひとつなので、いつも友達や家族と日本語で話しているような身近なことを英語で話してみるつもりでレッスンをすすめています。あとは、子どもたちにも「どっちをやりたい?」「どれが好き?」というようにその日にやってみたい単語や英語のゲームを選んでもらうことで、私一人でレッスンをつくっていくのではなく、子どもたちと協力してつくりあげていけるようなレッスンを心がけています。

これから英語を始める子供たちにメッセージをお願いします!

英語はとっても難しい!英語がしゃべれないから外国人に話しかけられると困る!今となっては英語の先生として働いている私もそんな風に思ったことが何度もあります。でも、英語をちょっと話せるようになるとアメリカやイギリスだけじゃなくて世界中の人とおしゃべりができて、日本では見られないいろいろなニュースや今まで知らなかった他の国の文化を知ることができます。英語はどんな国に行っても通じる魔法の言葉なので、一緒に魔法の言葉を使ってお話ししてみましょう!!

 

GLOBAL CROWNには明るく楽しいバイリンガル講師が在籍しています。まずは無料体験をお試しください!

無料体験レッスンを予約する

GLOBAL CROWNとは?

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしている子ども向けオンライン英会話サービスです。子どもが楽しく、飽きずに英会話を続けられるように先生は全員がネイティブレベルの英語力に加え日本語も話せるバイリンガル。レッスンは、スマートフォンやタブレットのアプリを使ってインターネットを使って行いますので送り迎えの必要がありません。ご自宅で安心してレッスンを受けられます。

GLOBAL CROWNの特徴

■明るく楽しいバイリンガル講師

日本語でのフォローができるので、英語が初めての子どもでも安心。先生とのマンツーマンのコミュニケーションを通じて英語を好きになっていくことを大切にしています。

■送り迎え・予約が不要

アプリとインターネットを使ったビデオ通話でのレッスンなので、毎日忙しいご両親でも安心して始めることができます。また、レッスンの曜日、時間はあらかじめ決めるため、面倒な予約も必要ありません。無理なく英会話レッスンを続けることができます。

■アプリで簡単レッスン

時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定や事前準備はありません。レッスン教材もすべてアプリで見ることができるので、簡単にレッスンをスタートできます。

無料体験レッスンのご案内

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、バイリンガル講師によるマンツーマンレッスンです。アプリをダウンロードするだけで、おうちで安心して英会話レッスンが受けられます。
・対象年齢:3~12歳
・初めての英会話も安心
・「聞く・話す」に特化したカリキュラム
・使いやすいアプリ
今の英語学習で満足していない方も、これから英会話を始めたい方もぜひ一度お試しください!

無料体験レッスンを申込む