海外留学必要な英語力
英語教育

海外留学に必要な英語力は?

皆さん、こんにちは!

将来のことも考えて、早くから子どもに英語を習わせる親が増えています。この先、海外留学を考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、海外留学に必要な英語力や資格についてご紹介します。ぜひ、これからの子どもの英語学習にお役立てください。😄✨


留学タイプと資格について学生海外留学勉強

留学タイプによって求められる英語力が異となります。また、それぞれの試験に必要スコアは出願先の大学により異なりますので、詳細は出願先の大学ウェブサイト等をご確認いただく必要があります!

4年制大学

→ IELTS OA5.5〜6.5、TOEFL iBT70〜80点

2年制大学・コミュニティカレッジ*

→ IELTS OA4.5〜5.5、TOEFL iBT45点

*コミュニティカレッジは日本の短期大学と同様に2年制をとっていますが、基本的に公立であり、そのコミュニティ(地域)の人にできるだけ安価で大学教育と職業訓練を提供するのがコミュニティカレッジの主な役割です。学費が比較的安価で、入学難易度も低めであることが特徴で、コミュニティカレッジを卒業後、4年制大学に編入学することもできます!英語勉強学生

IELTS & TOEFL

ここからはIELTSとTOEFLの違いを解釈したいと思います。IELTSもTOEFLも、国内で実施されている数ある英語民間試験のひとつです。どちらもグローバルスタンダードな試験であり、かつ4技能「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」の英語力を証明できます。(それぞれ試験の流れや問題数は各公式サイトでご確認くださいね✨)

IELTS(International English Language Testing System)

IELTSはイギリスで誕生した英語試験であり、イギリス英語を基本としています。試験時間は合計約3時間で、目的別にアカデミックモジュールとジェネラルモジュールの種2類があります。留学を目的として受験する場合は、アカデミックモジュールを受験しましょう!

また、IELTSにはコンピューター版とペーパー版テストがあります。

コンピューター版は2020年9月から始まった受験方法で、試験日は平日、土日から選ぶことが可能です。特徴としては、ライティングとリーディングに於いて、解答をコンピューターにタイピングすることができますので、タイピングが得意な人には有利でしょう。試験結果は、試験後3~5営業日後に発表されます。

ペーパー版は問題用紙にメモなどを書き込むことができ、特にリスニングに於いては解答を転記する時間が別途設けられていますので、リスニングに集中することができます。試験結果は、試験日から13日後に発表されます。タイピングが苦手な方は、紙と鉛筆でライティングを行うペーパー版の方をおすすめします。

 

TOEFL iBT(Test of English as a Foreign Language)パスポートと英語が書かれた勉強ノート

TOEFL iBTはアメリカで誕生した英語試験であり、アメリカ英語を基本としています。試験時間は合計約3時間で、対コンピューターでの試験です。試験結果は、テスト日から約6日後に発表されます。

TOEFLは対コンピューターでの試験であり、IELTSは受験方法に関わらずスピーキングテストは対面で行います。IELTSは面接官との自然な会話力を見られる一方、TOEFLは回答時間にも制限があり、よりテストに特化した対策が必要と言えるでしょう。


また、IELTSやTOEFLのようにスピーキング力を採点される試験は、十分な対策が必要になります。より豊かで正確な表現力を身に付けるためには、オンライン英会話がおすすめです。😊

子どものための英会話レッスンを提供するGLOBAL CROWNでは、英語も日本語もネイティブレベルで話せるバイリンガル先生が楽しく英語を教えてくれます。子ども専用のオンライン英会話が気になっている人は、GLOBAL CROWNの無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。✨

GLOBAL CROWN公式HP

公式 Instagram

公式 Facebook

参照

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...