アスリートを目指す子どもにおすすめ!英会話の学習方法
英語教育

アスリートを目指す子どもにおすすめ!英会話の学習方法を紹介

アスリートを目指す子どもにおすすめ!英会話の学習方法を紹介

子どもにスポーツの才能がある場合、将来はトップアスリートになってもらいたいと願う保護者が多いでしょう。アスリートを目指す子どもは、国際的に活躍することも考えて英会話のスキルを身に付けておく必要があります。実際に、海外で活躍する選手を見ると、スラスラと英語を自然に話している姿を目にすることも多いでしょう。

そこで今回は、アスリートを目指す子どもが英会話のスキルを身に付ける重要性や効率よく学習できる方法を解説します。スポーツが得意な子を持つ保護者は、是非参考にしてみてください。

アスリート目指す子どもに英会話が必要な理由とは

子どもたち

英会話スキルの有無は、選手生命にも大きく関わります。英語を話せるとアスリートとして得をすることも多いでしょう。ここでは、将来アスリートとして活躍したいと思う子どもに英会話の学習が必要な理由をご紹介します。

 

五郎丸選手は英会話力不足で控えになった?

福岡市出身の元ラグビー選手の五郎丸歩氏は、ラグビーワールドカップの日本代表として活躍するほどの実力者でした。シーズン得点王を獲得するなど高い成績を収めましたが、海外のスーパーリーグのレッズに所属していた際には、ベンチで控えに回されてしまいほとんど出番がありませんでした。

監督によると、その1番の原因が英会話スキルの不足だったそうです。実力があっても英会話ができないとコミュニケーションに支障が出てキャリアに支障が出てしまうことがあります。

 

英会話のスキルがあれば一流アスリートを目指しやすい?

英会話のスキルがないまま海外のチームに行くと、意思疎通ができず現地で苦労しやすくなります。言葉が通じなければ、海外での生活にストレスを感ずることが予想されます。練習やプレイに集中できず、影響が出てしまう恐れもあるでしょう。

一流のアスリートとして国際的に活躍することを目指すのであれば、子どものうちから英会話学習を始めておくのがおすすめです。早い段階で英語に慣れ親しんでおくことで、後の勉強の負担が減ります。英会話を始めるのが遅いと、大事な時期に練習時間との折り合いがつかず苦労することもあります。

英語ができるとコーチやチームメイトと意思疎通がスムーズになり、練習や本番にも集中できるでしょう。

 

英会話が得意なアスリート選手一覧

アスリート界には、英会話が得意な選手が多くいます。ここでは、英会話を得意とするアスリート選手の一例をご紹介します。

錦織圭選手

テニスの錦織圭さんは、世界ランキング自己最高位がシングルス4位という実力の持ち主で、国際試合で活躍しています。英語を得意としており、海外のメディアに出演して流暢な英語で受け答えできるスキルの持ち主です。愛嬌のあるキャラクターで、自分でコミュニケーションができるため、世界中のファンから好かれています。

若い頃から海外に出て英語を習得してきたため、ネイティブに近い発音やイントネーションが身に付いています。

 

石川遼選手

プロゴルファーの石川遼さんはデビュー当時に「ハニカミ王子」のニックネームで有名になり、人気を博したアスリートです。男子ツアー世界最年少優勝や日本での最年少賞金王記録保持者という実力者です。

英語が得意なことでも知られており、通訳を介さずに自分で海外のインタビューに答えられます。英語力があると言いたいことを自分の言葉で表現できるため、メディアにも気持ちが伝わりやすくなるでしょう。英語力が認められ、英会話教材の広告塔を務めたこともあります。

 

宮里藍選手

元女子プロゴルファーとして有名な宮里藍さんは、4歳から競技を始めて2003年に「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で優勝したことをきっかけにプロに転向しました。2006年からは米国で活躍し、海外を舞台に輝かしい成績を残してきたアスリートです。

海外のメディアには流暢な英語でインタビューに答えられることでも有名です。ネイティブのようなナチュラルなスピードに対応でき、関係者やメディアと自らコミュニケーションを取ることができます。

 

室伏広治選手

ハンマー投げの室伏広治さんは、日本人の父親とルーマニア人の母親を持ち、世界的に活躍するアスリートです。幼いころから水泳や野球、ゴルフ、テニスなどさまざまなスポーツを経験し、最終的に陸上競技に落ち着きます。

2004年のアテネオリンピックで金メダル、2012年のロンドンオリンピックで銅メダル、その他にも世界陸上選手権やアジア大会でも多数のメダルを獲得した選手です。日本生まれの日本育ちですが、流暢な英語を話します。

 

川島永嗣選手

サッカーの川島永嗣さんは、日本代表のゴールキーパーとしての印象を持つ人が多いでしょう。大宮アルディージャや名古屋グランパス、川崎フロンターレなどJリーグで活躍し、以降は海外のさまざまなリーグで実績を重ねています。

語学力に長けており、英語だけでなくイタリア語やスペイン語、ポルトガル語、オランダ語なども使いこなせるといわれています。チームのメンバーとストレスなくコミュニケーションできることがプレイにもプラスになっていることでしょう。

 

本田圭祐選手

サッカーの本田圭佑さんは利き足の左足を使ってドリブルやパス、シュートをこなし、世界でもトップレベルの実力を持つといわれています。海外のリーグで活躍していることに加え、実業家や投資家としての活動にも取り組んでいます。

英語では精密さに欠けるところもありますが、意思疎通は問題なく行えているようです。また、持ち前の哲学や精神力で影響力のある発言を英語で行うことができ、海外のメディアに自ら対応しています。

 

羽生結弦選手

フィギュアスケートの羽生結弦さんは、オリンピックや世界選手権など大きな大会で多数のメダルを獲得しており、日本を代表するアスリートです。2018国民栄誉賞を最年少で受賞するなど、影響力の大きい選手です。

国際大会に出場するため世界を飛び回っており、インタビューやスピーチでも自身の想いを正確に伝えられます。英会話でのマナーや言葉遣いも素晴らしく、努力家である羽生選手らしさが英語からも感じられます。

 

イチロー選手

日本人初の野手としてメジャーリーグに移籍し実力を発揮したイチロー選手は、野球界でさまざまな記録を突破して活躍してきました。公の場で英語を話さないスタイルは良く知られており、現役時代のインタビューは言いたいことが正しく伝わるようにプロの通訳を介して行われてきたそうです。

ところが、現役を45歳で引退した際には英語のスピーチを自身で行い、多くの人から感動の声があがりました。アメリカのアクセントで完璧なイントネーションの英語力です。

 

アスリートを目指す子どもは英会話の学習時間を確保しにくい

将来アスリートを目指す子どもたちは、スポーツの練習時間を確保することが重要です。英語学習を早くから始めることも大切ですが、英会話スクールに通うと移動時間で練習時間が削られてしまう恐れがあります。

そこで、インターネットを介して自宅からレッスンを受けられるオンライン英会話サービスを利用するのがおすすめです。インターネット環境さえあれば場所を選ばず受講できるため、練習と英語学習を両立しやすいでしょう。

 

オンライン英会話を受講するメリットを解説

オンライン英会話を受講したことがない場合は、どのようなメリットがあるのか気になるでしょう。ここからは、子どもがオンライン英会話を受講するメリットをご紹介します。

価格が安い

オンライン英会話は、英会話スクールに比べて安いレッスン料金で運営されています。オンラインによる運営で世界各地から講師を集め、人件費抑えられます。格安でも質の良いレッスンを受講できるのが特徴です。運営側にとっては施設を賃貸する必要がないので、コストを抑えられます。

レッスン料金が安いと、保護者に大きな負担をかけずに英語学習を継続しやすいでしょう。また、学習意欲が出てきたらレッスン回数の頻度を増やしてあげられるのも嬉しい点です。

 

マンツーマンレッスンが多い

オンライン英会話のレッスンは、基本的にマンツーマンで行われます。マンツーマンレッスンの強みは、レッスン時間中に話す機会が多いことです。スピーキングの経験を積み重ねていくことで、日本人が苦手としやすい発音やイントネーション、表現力などを養っていけます。

また、1対1のレッスンは、内容を子どものレベルや理解度に合わせやすいのもポイントです。講師は子どもの反応を見ながら、適切なスピードや教え方でレッスンを展開できます。

 

直前予約に対応しているサービスが多い

アスリートを目指す子どもは、トレーニングや練習で忙しいことが多いでしょう。練習時間や試合が予定より延びてしまうこともあります。スケジュールが変わりやすく、いつ空き時間ができるかわからない場合もあります。

オンライン英会話では、直前に予約できることが多いのが便利です。通常の英会話スクールと異なり柔軟に予定を組めるため、ストレスなくスポーツと英語を両立しやすいでしょう。

 

場所を選ばず利用できる

オンライン英会話に必要なのは、基本的にインターネット環境とスマートフォンやパソコンなどのデバイスのみです。英会話スクールのように決められた場所に通わずに済むので、保護者は送迎の必要がありません。

インターネット環境さえあればどこでも受講できるため、自宅はもちろん、試合の遠征などで移動中でもレッスンを続けられるのが便利です。子どもも保護者もスケジュールを制約されにくいでしょう。

 

練習の合間にも英会話スキルを身に付けやすい「GLOBAL CROWN」

子ども向けのオンライン英会話GLOBAL CLOWNでは、アプリで自由教材をダウンロードできるので練習の合間にコツコツと英会話スキルを身につけられます。また、レベルアップテストを受けられるので、学習の効果や理解度を確認しながら学習を進められるのもポイントです。アプリにはレッスンノートが届くので、復習に活用できます。

レッスンは1カ月につき10回までの振替が可能です。GLOBAL CROWNなら、トレーニングや練習と両立しながら、楽しく英語を学習していけるでしょう。

まとめ

勉強する女子学生 オンライン授業 eラーニング

アスリートを目指す子どもにとって英語学習が必要な理由や、英語が得意なアスリートをご紹介しました。世界的に活躍するアスリートを目指すには、小さい頃から英語学習を積み重ねておくと役に立ちます。また、スポーツと英語学習を両立させるには、オンライン英会話の利用が最適です。

子ども向けのオンライン英会話GLOBAL CROWNでは、子どもに相性が良い先生をマッチングしてくれるため、英語を楽しく学習できます。子どもが飽きずないようにレッスンが構成されており、イラストやシチュエーショントークなどを取り入れて効果的に知識を身につけられるでしょう。無料体験レッスンを2回まで受けられるため、まずは試しに受講させて子どもの様子を見てみてはいかがでしょうか。

GLOBAL CROWNの無料体験レッスンの詳細はこちら>

公式 Instagram

公式 Facebook

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...