女の子英語 CLIL(クリル)とは
英語教育

【英語学習法】CLIL(クリル)とは。メリットや採用している英会話スクールを紹介

【英語学習法】CLIL(クリル)とは

さまざまな種類の英語学習法がありますが、世界で浸透し近年は日本でも注目されつつあるのが「CLIL(クリル)」です。学習効果やメリットが評価されています。しかし、名前は聞いたことがあっても、具体的にどのような方法なのかわからないという人は多いでしょう。

本記事では、CLIL(クリル)の概要やメリット・デメリットを解説します。英語学習法CLIL(クリル)を取り入れているスクールもあわせて紹介するので、子どもの英語教育の参考にしてみてください。

次世代の英語学習方法である「CLIL(クリル)」とは

子どもの英語教室

次世代型の学習方法と呼ばれるCLIL(クリル)は「Content and Language Integrated Learning」のイニシャルを取って略されたもので、内容言語統治型学習と訳されます。習得した言語を使って他のテーマを学ぶ方法で、実践的な言語力が身に付くと考えられています。時事問題や数学、音楽、社会などの教科を学ぶ際に、ツールとして言語を用いる学習方法です。

CLIL(クリル)の発祥地はヨーロッパで、複数言語を習得する際にも効果的とされています。諸外国で効果的な言語習得アプローチとして導入が進められ、日本でもここ数年で大きな注目を集めています。思考力やコミュニケーション能力の向上、異文化理解などさまざまな効果が期待できるのも特徴です。

CLIL(クリル)の学習理論「4つのC」とは

他のテーマを英語などの外国語で学ぶだけでなく、CLIL(クリル)では、Content(内容)、Communication(言語)、Cognition(思考)、Culture/Communication(文化・協同)の「4つのC」と呼ばれる学習理念が掲げられ重要視されています。

1つのテーマについてこれらの理念を統合しながら、ライティング、スピーキング、リーディング、リスニングの4技能を駆使して学習を進めていきます。

また、Cognition(思考)は4つのなかでも特に重視されると考えられているのも興味深い点です。単に教科書に沿って学ぶのではなく、日常的に更新されている新聞やインターネット記事などを使うことも推奨されています。

CLIL(クリル)には10原則がある

CLIL(クリル)の学習方法では、テーマに関する学習と言語習得のバランスが重要です。学習を進めるうえで、下記の10原則が重要視されています。

 

・内容学習と語学学習の比重を同等にする

・新聞や雑誌、ウェブサイトなどのオーセンティック素材を優先的に使用する

・文字に加えて、イメージや音声、数字、映像などの情報を使用する

・暗記や理解、応用、分析、評価、想像などのさまざまな思考力を活用する

・多くのタスクを与える

・ペアやグループなどの協同学習を重要視する

・異文化理解や国際問題などの要素を取り入れる

・内容の学習と言語の習得の両面で学習の手助け用意する

・語学の4技能(スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング)をバランスよく統合する

・学習スキルについて指導を行う

 

英語学習法CLIL(クリル)を用いるメリットとは

ここからは、子どもの英語教育にCLIL(クリル)を用いるメリットをご紹介します。

4技能をリンクさせながら英語を学習できる

子どもの英語教育でCLIL(クリル)を実践すると、英語の4技能であるスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングをリンクさせながら学習を進められます。

言語学習の専門教材を使うと習得できる技能が偏ってしまうことがありますが、CLIL(クリル)ではオーセンティック素材を使用して4技能をバランスよくシンクさせながら習得できるでしょう。

統合的動機が生まれる

CLIL(クリル)では語学に特化した勉強ではなく、数学や社会、理科、音楽などのテーマヲ通して学習が進められます。このため、ただ暗記したり文法ルールを繰り返したりするだけの語学学習と異なり、総合的動機が生まれやすくなります。

テーマから学ぶことも多く、自分の興味と結び付けたり知的好奇心を高めたりできるでしょう。頭で思考することによって、総合的動機を高めながら英語やその分野の知識を習得できます。

英語が定着しやすい

思考力を重視して学習をすすめるCLIL(クリル)では、英語を使って思考する癖がつき語学が定着しやすいのがメリットです。暗記学習では言語のニュアンスを理解するのが難しく、覚えても忘れてしまうことがあるでしょう。思考力を駆使しながら学習するCLIL(クリル)では、学習過程で覚えた言語をテーマや文脈の中で体系的に理解できるため、記憶に定着しやすくなります。

さまざまな分野を習得できる

CLIL(クリル)では学習の過程で音楽や理科、社会などさまざまな分野を学べます。異文化理解や時事問題などを含めた幅広い分野を扱うことで、子どもの知的好奇心を高められるでしょう。題材として取り扱うテーマから新たに関心を持つ分野が出てくる可能性もあるのがCLIL(クリル)のメリットです。

英語学習法CLIL(クリル)のデメリットとは

CLIL(クリル)を導入する際には、デメリットにも気を付けておく必要があります。ここでは、CLIL(クリル)で英語を学習する際のデメリットをご紹介します。

全体の学習効率が低くなりやすい

CLIL(クリル)では母国語でない言語で他のテーマを学ぶ必要があるため、理解するのに時間がかかってしまうことがあります。英語で他の分野を学習できるのは一石二鳥でもありますが、慣れるまでは学習効率が悪いと感じてしまう場合があるでしょう。できれば、初期の段階では既に学習者が知っているテーマを選ぶことが大切です。

教える側の負担は大きい

外国語で他の分野を学ぶことは生徒にとって簡単なことではありませんが、授業を行う先生の負担も大きくなります。生徒が理解できたり積極的に発言したりできるようにサポートしてあげるのはもちろん、適切なテーマの選択が求められるでしょう。授業の準備に通常の語学学習より手間や工夫が必要です。

また複数の生徒がいる場合は、各自がバランスよく4技能を伸ばせるように1人1人に気を配ってあげることが大切です。

モチベーションの維持が難しいケースがある

初心者の場合は、英語によって理解できる情報がかなり限られるため、「どこが理解できないのかもわからない」という状況に陥ってしまうことがあります。この状態で他の分野を学ぶのはハードルが高く、モチベーションを維持するのが難しいケースもあります。

またスピーキングやライティングなどのアウトプット練習を行うのも難しいでしょう。積極的に授業やレッスンに参加できず、学習効果が見込めなくなってしまうこともあります。

CLIL(クリル)を活用した英語学習の流れとは

CLIL(クリル)の学習は、写真やイラスト、音楽、動画などを見ながらクイズや説明を行い、これから取り扱う分野に興味を持ってもらうことから始まります。英文を聞きながら質疑を行い、テーマについての理解を深めていきます。

ある程度まとまった量の英文を聞いた後は、内容について自分で感じたことや考えたことを発表する時間を設けると効果的です。ペアワークやグループワークなどを挟み、各自が意見を言えるように誘導します。

またグローバルな視野を育むために、異文化に関するトピックを取り上げて意見を交換し合います。例えば「世界の子どもたちが学校でどのような1日を送るのか」など、答えのないオープンな質問を皆で調べたり学んだりして意見を発表し合うと思考力が育つでしょう。

子どもがCLIL(クリル)で英語を学べる場所は?

CLIL(クリル)は新しい英語学習法なので、どこでもレッスンを受けられるほど広まっていないのが現状です。ここでは、子どもがCLILで英語を学べる場所をご紹介します。

GLOBAL CROWN

子どものためのオンライン英会話GLOBAL CROWNでは、バイリンガル先生によって英語でレッスンが進められます。イラストを使ってテーマを理解しながら英語を楽しく学習できます。

子ども専門のサービスなので、子どもに好かれる先生を採用しており、英語が初めての子でも飽きずにモチベーションを維持できるでしょう。リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの英語4技能をバランスよく伸ばせるようにカリキュラムが組まれています。

TOKYO GLOBAL GATEWAY

TOKYO GLOBAL GATEWAYは、子どもが興味・関心を持つ分野を英語で学べるプログラムを提供する新しいタイプの体験型英語学習施設です。いつもと違う環境の中で、楽しみながら世界を体験できます。

国内留学プランを始めさまざまな体験型のプログラムが用意されており、日本にいながら英語を体験できる施設です。英語が飛び交う環境に飛び込んでさまざまなアクティビティに参加し、実践的な英語を身につけられるでしょう。

TNGダンスアカデミー

カナダのダンススクールTNGダンスアカデミーでは、ネイティブのインストラクターによるダンスレッスンが行われます。ダンスの指導がすべて英語で行われるので、体を動かして好きな踊りながら英語に慣れ親しめるでしょう。

またダンスだけでなく英語によるコミュニケーションスキルの向上を目指せるプログラムも用意されています。

グローバルアスリート

スポーツが好きな子におすすめなのが、スポーツを通して英語を学べるユニークなプロジェクト、グローバルアスリートです。幼児や小学生がサッカーやチアリーディングを通して楽しく英語を学習できます。

体を動かしながら語学を習得することで、高い学習効果が見込めるでしょう。子どもにとって英語は勉強というイメージがなくなり、英語学習のモチベーションが高くなることが期待できます。

ECCジュニア

英語スクールのECCジュニアでは、CLIL(クリル)による英語学習が行われています。発達段階に合わせたテーマやトピックを取り扱い、内容学習と言語学習の比重が等しくなるように考えてプログラムが組まれています。

またグローバルな視点が育めるように、多様なテーマやトピックを用意しているのも頼もしい点です。クラスメイトと意見を交換しながら、思考力を使いながら英語を習得していけるでしょう。

まとめ

英会話教室に通う子供とお母さん

ライティング、スピーキング、リーディング、リスニングの4技能を駆使して学習方法であるCLIL(クリル)なら、子どもも楽しく英語を習得できる可能性が高いです。

子どものためのオンライン英会話GLOBAL CROWNでは、子どもに好かれるバイリンガル先生によって飽きずに楽しいレッスンが展開されます。子どもと相性が良い先生をマッチングしてくれるため、モチベーションを保ちながら英語学習を続けていけるでしょう。

また先生がバイリンガルなので、英語が初めてという子どもでも理解度や様子をチェックしながら適切なサポートをしてもらえます。

専用アプリによって、レッスンの復習やレベルアップテストの受験が可能です。効果を測りながら英語のレッスンを続けていけるでしょう。無料体験レッスンは、2回まで受けることができます。

GLOBAL CROWNの無料体験レッスンの詳細はこちら>

公式 Instagram

公式 Facebook

HugCome,Inc.

株式会社ハグカムは<子どもの「できた!」を育む。>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

You may also like...