フォニックスとは。子どもの英語学習方法を紹介
英語教育

フォニックスとは。子どもの英語学習方法を紹介

フォニックスとは。子どもの英語学習方法を紹介

フォニックスとは。子どもの英語学習方法を紹介

子どもの英語学習をスタートさせたくても、どのような方法が適しているのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。もし適切な英語学習方法がわからなければ、フォニックスを試してみてください。フォニックスは英語学習方法の一つです。上達スピードが向上したり、正しい発音を身につけられたりなどメリットが豊富です。

本記事では、子どもの英語学習にうってつけのフォニックスについて解説します。具体的な勉強方法も含めて説明するので、ぜひ役立ててください。

 

そもそもフォニックスとは

英会話教師と一緒に英語の発音練習

まずは、フォニックスとはいったい何なのかを説明します。フォニックスとは英語の読み書きに欠かせない、スペルと発音の関係性・ルールから学んでいく英語学習法です。その特徴は、フォニックス表という発音表を使って学ぶことです。少しずつ難易度を上げながら、正しい単語の読み書きを身に着けるために必要な土台をつくっていきます。

フォニックスはすでに、アメリカやイギリスなどの英語圏では定番の英語学習方法として浸透しています。日本でも英語を学ぶ子どもは増えていますが、まだ一般的ではないため、知らない人が多い学習方法かもしれません。

 

フォニックスのメリット

フォニックスはスペルと発音の関係性・ルールを理解する英語学習法のため、知らない単語でも正しい発音を耳で聞けばスペルを想像できるようになります。初めて目にした単語も正しく発音できるようになるでしょう。英語の読み書きを学ぶために必要な土台づくりができるのは、大きなメリットです。

また、フォニックスは正しい発音の習得にもつながる学習方法です。日本人特有のカタカナ英語ではなく、ネイティブのように英語を身に付けられます。単語の読みを一つずつカタカナで暗記する必要もなくなります。

さらに、子どもの英語に対する興味関心を膨らませ、英語学習の定着にも効果的です。フォニックスは幼い子どもが楽しめるような、工夫された教材を取り入れて学べます。ゲーム感覚でたくさんの音を聞き、聞き分けられる単語が増えればより英語学習を楽しめるようになるでしょう。

このように、子どもの英語学習方法としてフォニックスを取り入れることには豊富なメリットがあります。英語学習における、聞く・話す・書く・読むすべてのスキルアップにつながり、上達スピードも格段に向上するはずです。

 

フォニックスによる英語学習は7歳頃までに開始する

フォニックスを検討する上で、気を付けなければならないことがあります。それは、子どもが7歳になるまでに開始することです。耳が良い小学校低学年くらいまでに開始すれば、耳で聞き取った音を真似することで正しい発音を理解しやすいでしょう。

また、英語に対して苦手意識を持つ前にフォニックスを開始すると、正しい発音を素直に受け入れやすく望ましいと言えます。7歳頃までに、子どもの英語学習のスタートとして取り入れるのがおすすめです。

 

フォニックスの一覧表

フォニックスについて理解したところで、次はフォニックスの一覧表を見ていきましょう。

a

b

c

d

ドゥ

e

f

フッ

g

h

i

j

ジュ

k

l

m

n

o

p

q

r

ゥル

s

t

トゥ

u

v

w

ゥワ

x

クス

y

ィヤ

z

 

この一覧表を見てみると、フォニックスは日本の学校で習うアルファベット読みとは異なることがわかります。例えば、aはアルファベット読みでエーと発音しますが、ここではア。すでにアルファベット読みで英語を勉強していると、混乱するかもしれません。

アルファベット読みとこの一覧表の読み方を組み合わせて単語を読むと、カタカナ英語ではなくネイティブのような発音が身に着けられます。他にも、eaやeeはイーと読んだり、発音しないスペルの組み合わせがあったりするなど、フォニックスにはさまざまなルールがあります。まずはこの一覧表を理解してから、より複雑なスペルと発音の関係性・ルールを理解していきましょう。

 

子どもが自宅でフォニックスを学ぶ方法とは

次に、子どもが自宅でフォニックスを学ぶ方法を解説します。学習の流れやポイントも含めて解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

YouTubeを活用する

YouTubeには、子ども向けのさまざまな英語動画がアップロードされています。なかにはフォニックス向けの動画もあります。

YouTubeを活用して子どもとフォニックスを学ぶなら、かわいらしい歌やキャラクターを取り入れた動画がおすすめです。アニメを見る感覚、飽きずに楽しくフォニックスを学べます。踊ったり手をたたいたりして、身体で覚えられる動画もおすすめです。

なお、フォニックス向けの動画にはすべて英語で説明するものが多いですが、なかには日本語解説付きの動画もあります。

 

Webサイトで学ぶ

自宅でフォニックスを学ぶなら、Webサイトを活用したいところです。近年では日本の子ども向けのフォニックス教材に特化したWebサイトも増えてきています。四コマ漫画で説明したり、かわいいイラストがたくさん使われていたりすると、子どもが楽しく学習できるでしょう。

また、フォニックスにWebサイトを活用するなら、サイト上で発音を再生できるものがおすすめ。フォニックスには正しい発音を理解するのが必要不可欠なため、子どもに正しく発音を教えられない場合に重宝します。

 

スマホアプリで英語学習を進める

Webサイトだけでなく、スマホアプリで英語学習を進めるのも一つの方法です。子ども自らスマートフォンをタッチしたり、音声を聞いたりなどして、サクサクと英語学習が進められます。中には子どものレベルに合わせて、大人が細かく内容をカスタマイズできるものもあります。上達スピードに合わせて、幼児から小学校低学年まで活用しやすいと言えるでしょう。

なお、スマホアプリには有料のものもありますが、まずは無料のものから気軽に活用してみるのがおすすめです。

 

英語学習用のカードを購入する

ゲーム感覚で楽しくフォニックスを学ぶなら、英語学習用のカードを購入しましょう。一枚ずつアルファベットが書かれたカードを持っていれば、さまざまな種類の学習ゲームに活用できます。

例えばランダムにカードを並べ、フォニックスで読まれたアルファベットカードを取ってその枚数を競う、かるたのようなゲーム。複数人で学ぶ場合にも便利です。英語学習用のカードは店頭や通販で購入できますが、Webサイトからカードの素材を印刷して使うのもおすすめです

 

フォニックス以外にも子どもにおすすめの英語学習方法がある

子どもにおすすめの英語学習方法は、フォニックスだけではありません。下記では、フォニックス以外のおすすめ学習方法を、メリットやデメリットも含めて解説していきます。

 

オンライン英会話

インターネット環境が整っていれば、オンライン英会話がおすすめです。自宅で気軽にレッスンを受けられるため、子どもの送り迎えの手間がかかりません。共働きで忙しい家庭にも重宝するでしょう。

サービス内容にもよりますが、英会話教室に通うより費用がリーズナブルです。定額でレッスン回数が無制限のサービスも登場しています。お得な価格ながら、基本的にレッスンはマンツーマンで行われます。周囲に他の子どもがいないため、シャイな子どももレッスンに集中しやすいでしょう。

加えてマンツーマンレッスンであれば、子どものレベルにあわせてレッスン内容やカリキュラムをカスタマイズしてもらえます。楽しみながら、効率よく短時間でレベルアップが実現できるでしょう。予算の都合で英会話教室でのマンツーマンレッスンをあきらめていた人にもおすすめです。

さらに、先生を自由に選択できるのはオンライン英会話の大きな魅力です。子どもと先生の相性が悪いと、英語に苦手意識を持ってしまうケースも考えられます。年齢・国籍さまざまな先生の中から、相性の良い先生を見つけやすいでしょう。

ただし、インターネット環境によっては音声が途切れたり雑音が入ったりするトラブルも起こり得ます。本格的利用する前に、自宅の接続環境を整えること必要がありますが、オンライン英会話はメリットの大きな英語学習法です。

 

英会話教室

英語学習の方法として、真っ先に英会話教室を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。子ども向けの英会話教室は、ゲームやダンスを通して楽しみながら英語学習できるのがメリットです。

他の子どもたちと一緒にレッスンを受けることで、友達づくりの場になるでしょう。レッスンの場以外でも、英会話教室でできた友達同士で英語を使って会話すれば、レッスンの復習に。英語学習に必要な高いモチベーションを保つのに効果的です。

また、外国人講師の在籍している英会話教室であれば、レッスンが外国人とためらいなくコミュニケーションを取る練習にもなります。早いうちから国際感覚を身に着けるためにも役立つでしょう。外国人講師と直接英語で話せる機会は、子どもにとって貴重な財産になるはずです。

しかし、家の近所に英会話教室がない場合は通い続けるハードルが高いかもしれません。親にとっては、送迎や月謝などの負担があります。

さらに、英会話教室はマンツーマンレッスンではなくグループレッスンが基本のため、他の子どもとの相性も気になります。子どもの英語学習について不安があれば、その都度相談できる体制が整った英語教室だと安心して通いやすいでしょう。

 

自宅学習

英語は自宅での学習も可能。「英会話教室やオンライン英会話を使うほどではないけれど、なにか対策をしておきたい」という人におすすめです。Webサイトやアプリ、YouTubeなど教材を駆使して自宅学習を進めましょう。英会話教室やオンライン英会話と並行して取り入れて、上達を目指すのも一つの方法です。

しかし、自宅学習ではレッスンのように英語を教えてくれる先生がいません。まだ英語を理解できていない子どもが自力で学習を進めるのは非常に困難なため、親も根気強く付き合う必要があります。

また、親が英語を理解していないと、子どもから質問があってもうまく答えられず、子どもの英語に対する苦手意識につながってしまうケースが考えられます。忙しい共働きの家庭には、自宅学習だけで英語を学ぶのは難しいかもしれません。

 

まとめ

 

地球儀を持った小学生

フォニックスは子どもの英語学習に取り入れると、たくさんのメリットを感じられます。子どもが7歳になる頃までにフォニックスを開始することで、効率よく英語学習を進めることが大切です。

なお子どもの英語学習を考えているなら、株式会社ハグカムのGLOBAL CROWNがおすすめです。GLOBAL CROWNには、子どもが英語学習を楽しく続けられるメソッドが取り入れられています。

レッスンを担当する先生は全員、日本語・英語がネイティブレベルのバイリンガルです。その中から、子どもと相性が良い先生をマッチングしてくれます。さらに、専用アプリで自習やレベルアップテストも可能です。子どもに合うかどうか、まずは無料体験レッスンを受けてみませんか。

GLOBAL CROWN公式HP

公式 Instagram

公式 Facebook

おすすめ