子どもの語学留学
英語教育

子どもの英語力が身に付いたら短期留学?期待される効果や費用を解説

オンライン英会話である程度の英語力が身に付いたら、次のステップとして留学を考える保護者の方もいるのではないでしょうか。英語のみならず言語習得には膨大な時間を必要とします。私たちが普通に話す日本語も膨大な時間をかけて習得したものです。

その時間を確保するために、日常的に英語が使用されている地域に住むということは理にかなっています。したがって今も昔も言語習得のベストな方法はやはり語学留学です。

たとえ短期留学であっても英語で生活するため、毎日が英語漬けになるのは間違いありません。この記事では短期留学が英語力向上にもたらす効果、その他気になる費用などについて解説していきます。

 

小学生で短期留学する子どもが増えている

英語検定試験の多様化やTOEICなどの資格を求める企業の増加などからも分かるように、日本ではグローバル化が進んでいます。実際に2020年からは小学生から英語の授業が導入されており、小学校3・4年生で年間35単位時間(週1コマ)の外国語活動、5・6年生で年間70単位時間(週2コマ)の教科授業が組み込まれています。

「早いうちから子どもに実践的な英語力を身に付けてほしい」と考える保護者が増えているようですが、昨今のグローバル化の流れを考えるとそれは不思議ではないでしょう。

このような背景から、小学生の時期から海外留学させたいという方も増えているようです。しかし、子どもに本格的な留学をさせるのは難しい時期でもあります。

そこでおすすめなのが学校の夏休み・春休みなどを利用した短期留学です。特に2週間程度の短期留学が人気を集めています。

 

英語力向上のための短期留学は主に4種類

親子でオンライン英会勉強

 

一言で留学といっても子どもの留学にはいくつかの種類があり、目的に応じて選べます。ここではその中でも主な4種類を紹介します。それぞれの特徴・メリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

語学留学

語学留学とは文字どおり語学習得のために留学することで、現地の語学学校などの教育機関で語学を学ぶことです。一般的な留学と聞いてイメージするのがこの語学留学ではないでしょうか。

語学留学と聞くと、1年以上の長期のものを想像する人もいるかもしれません。しかし最近では、1週間程度の短期留学プログラムを用意している留学エージェントも増えています。

語学習得に特化しているため英語力向上が期待できますが、小学校4年生以下の低学年にはややレベルが高いともいえます。

 

サマースクール

サマースクールとは夏休みを利用した1~2週間程度の学生用留学プログラムです。語学の勉強だけでなく異文化交流などが目的のプログラムで、英語の授業だけでなくアクティビティが盛り込まれています。

異文化に触れる・英語の楽しさを体験するという意味では小学生の留学に最適のプログラムといえるでしょう。

主に1~2週間程度の短期留学プログラムであるため、英語力の向上という意味では大きな効果を期待するのは難しいかもしれません。それよりも異文化や英語への興味を持たせることに重点を置いたプログラムといえます。

英語への関心を強めることで今後、英語を習得する効率のアップが期待できます。

ホームステイ

渡航先でホームステイを請け負っている一般家庭に滞在するのがホームステイです。これも海外留学と聞いて真っ先にイメージできるものの一つではないでしょうか。ホームステイのメリットは、現地のリアルな生活を体験できることです。

そこから日常生活を通して語学を学べます。またホームステイ先でアクティビティに参加する場合もあるでしょう。昨今は短期のプログラムも用意されています。その意味では一般的な語学留学とサマースクールのメリットを合わせた留学プログラムといえます。

デメリットは費用が高額になってしまう傾向にある点です。渡航先にもよりますが10日間程度の滞在でも数十万円は必要になります。またステイ先の家族と相性が合わないといった点も考えられます。

ホームステイにも種類があるため、予算などを考慮した入念な計画を立てることが大切です。

親子留学

小学生低学年頃からの留学が増加しているのに伴い、親子留学を選択する人も増えています。親子留学とは文字どおり親子で留学することです。留学させたいけどまだ小さくて子ども1人での留学は不安という方におすすめの留学プログラムです。

メリットは子どもだけでなく同伴する大人も一緒に英語が学べるという点、そして安心であるという点です。デメリットとしては留学するのが2人分になるわけですからその分の費用が発生するということです。また親が一緒にいる分、完全に英語漬けになるという点では語学習得の効果が薄れる可能性があります。

親子留学にもいくつかの種類があるため、子どもの年齢や予算など考慮して最適なものを選ぶと良いでしょう。

 

子どもの英語力における短期留学のメリット・デメリットとは

子どもの短期留学を検討する場合は当然そのメリットだけでなくデメリットも熟知しておく必要があります。短期留学のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

メリット

メリットとしては以下のような点が挙げられます。

・実用的な英語力を身に付けられる

私たちの話す日本語が都度正しい文法で話されていないのと同じように現地で話される英語も会話です。英語の授業で習うものとは大きくかけ離れています。換言すればそれは、学校の授業で習うものよりもより実用的な英語を身に付けられます。

 

・異文化に触れることで、国際感覚が育成される

言語を学ぶことは言い換えれば、それはその国の文化を理解することでもあります。異文化を理解するのは、その言語を習得するのと同じくらい重要です。子どもの頃から国際感覚を身に付けておけば、大人になってからも役に立つでしょう。

 

・コミュニケーション能力が向上する

コミュニケーション能力を養うことは勉強と同様に重要です。言葉が通じない海外であれば、なおさら努力しなければならないでしょう。その経験からコミュニケーション能力の向上が期待できます。

 

デメリット

デメリットについては以下の点が挙げられます。

・治安が不安

最も気になるのはその滞在先の治安ではないでしょうか。比較的にどこでも治安が良い日本と比べて、海外は地域によって治安が大きく異なる傾向にあります。その点は懸念材料となりえます。

 

1人で留学させる場合は留学エージェントに相談し、何かあった際の対応など十分に準備するようにしましょう。

 

・子どもだけの留学の場合、ホームシックになる恐れがある

年齢が幼い場合ホームシックになる恐れがある点は否めません。事前に子どもの意思を確認する。渡航先でもすぐに連絡が取れる状況を作っておくなどの対策が必要です。

 

・家族で留学する場合、費用が高額になる

上記の不安がある場合は親子留学もおすすめです。しかしその場合はやはり費用が高額になってしまいます。予算を考慮した留学計画が必要です。

 

子どもの英語力を上げる短期留学の費用の目安は?

短期留学を考える際一番気になるのはやはりその費用です。留学のプログラムによってその費用は以下の様に異なります。

 

留学プラン 費用目安(円)
短期語学留学(1週間) 10~40万
サマースクール 15~70万
親子留学 40~120万

 

上記は目安です。渡航先やプログラムの内容によって料金は異なります。イギリス・米国などよりもフィリピンのような物価が安い国の方が費用は安くなります。またオーストラリアやニュージーランドなどオセアニア地域も物価が安くおすすめです。

 

渡航先やプログラムの内容などいくつかの留学エージェントで見積もって比較すると良いでしょう。

 

小学生の子どもを受け入れてくれる国

家族で英語勉強

小学生を留学生として受け入れている国を紹介します。留学先をどこにするかは重要な要素です。それぞれ国によって特色がありますので参考にしてみてください。

 

・ハワイ

ハワイは日本人の観光客も多く、街自体が日本人にフレンドリーにデザインされています。そのため日本語が通じる割合も多く、トラブルなどを懸念している方にはおすすめの渡航先といえるでしょう。観光業が盛んな国であるため、短期留学の思い出作りとしても最高のロケーションです。

 

ただしハワイは日本よりも物価が高い傾向にあるので、十分な費用を用意しておく必要があります。

 

・オーストラリア

オーストラリアは治安も良く物価も安いため、留学先として長年に渡り人気のある国です。もちろん子どもの留学先としてもおすすめです。大自然に囲まれたオーストラリアは、ハワイと同様観光地としても人気が高く短期の留学に適しています。

 

・ニュージーランド

ニュージーランドもオーストラリア同様に大自然に囲まれた国で物価も安く、留学先としては常に人気の高い国となっています。またニュージーランドは教育レベルが高いことでも有名で、子どもの留学先としておすすめです。

 

・フィリピン

留学先として昨今人気が高まっているのがフィリピンです。その理由は何といっても物価の安さといえます。1週間の学費と滞在費の目安は5~20万円と他の国と比べると格段にリーズナブルです。

 

治安が気になるという方もいるかもしれませんが、語学留学で有名な場所セブ島は語学学校も多数あり治安も良くなっています。リーズナブルな価格で留学できるフィリピンは親子留学にもおすすめの場所です。

 

子どもの短期留学に関するよくあるQ&A

ここからは子どもの留学に関してよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

 

留学先で病気になった場合は?

海外傷害保険に加入していれば診療科は保障対象となります。クレジットカードの保険の場合、場合によっては診察費用が請求される場合があります。また日本人旅行者や留学生が多い地域では日本語に対応した病院もあります。事前に合わせて確認しておきましょう。

 

現地の食事に不安がある場合は?

現地の食事が合わないということはしばしば起こることです。高校生や大学生などある程度の年齢の人がどんなに長期滞在しても慣れないものです。ましてや子どもとなると難しいかもしれません。

事前に日本食を販売しているスーパーマーケットやレストランなどをチェックしておくのがおすすめです。1~2週間程度の短期滞在であるため、物価の安い地域なら食費もそこまで高くはならないでしょう。

 

短期留学に必要な英語力は子ども向けのオンライン英会話で身に付ける!

本格的な短期留学の準備としてある程度の英語力は身に付けたいもの。そんな方におすすめなのがオンライン英会話です。ここからはオンライン英会話の魅力について解説します。

 

子ども向けのオンライン英会話とは

一般的な英会話教室と同様に、オンライン英会話にも大人向けと子ども向けがあります。子ども向けのオンライン英会話ではアルファベットや発音、文法だけでなく楽しく学べるような子ども専用のカリキュラムが組まれています。

オンライン英会話教室GLOBAL CROWNでは日本語と英語を話せるバイリンガル講師からのレッスンを受けられるのが特徴です。幼い子どもでも安心して楽しく英語の勉強ができる環境を提供しています。

 

オンライン英会話の魅力

今オンライン英会話の人気が高まっています。その理由は以下のような点が挙げられます。

 

・場所を選ばずに受講できる

オンラインですから、インターネット回線とパソコンやタブレットのような端末があればどこでも受講できます。英会話教室との最大の違いの一つといえるでしょう。

 

・送迎不要

教室に行くわけではありませんので移動する必要がありません。忙しいビジネスマンや主婦、お母さんにとっては移動時間を省ける点は大きなメリットとなります。

 

・価格が安い

オンライン英会話は提供する側も都合の良い場所を選ぶことができます。それはコストの削減につながり、結果としてサービス自体の価格を一般の英会話教室よりもリーズナブルな価格で提供することを可能にします。

 

・ネイティブ講師によるマンツーマンレッスン

英会話スクールのマンツーマンレッスンはどうしても高額になりがちです。それに比べてオンライン英会話の場合はマンツーマンレッスンでも比較的価格が安くなっています。またロケーションを問わないため講師の選択肢も豊富。相性の良い先生を見つけて継続してレッスンが可能です。

 

・復習しやすい など

機器によってはレッスンの録画が可能です。レッスンそのままを復習できます。まさにオンライン英会話だからこそできることです。

 

まとめ

昨今の英語教育事情から、子どもの頃からの英語教育というものが今後ますます必要とされる時代になるでしょう。小学生からの短期留学も当たり前の時代になるかもしれません。

そのためには事前の準備が重要です。特に子どもの英語教育においては、何よりもまず英語への興味をわかせる必要があります。

GLOBAL CROWNはそんな子どものためのオンライン英会話です。子どもと相性が良い先生とマッチングしてくれる、飽きずに楽しく続けられるように工夫されている、専用アプリで自習・レベルアップテストができるなど、子どもの英語への関心を失わずに勉強を継続できるシステムを用意しています。

また今なら、無料体験レッスンを2回受講の特典もあります。まずは一度GLOBAL CROWNの体験レッスンを受けてみてください。

子どものためのオンライン英会話GLOBAL CROWN公式HP

公式 Instagram

公式 Facebook

The following two tabs change content below.

Hugcome

株式会社ハグカムは<子どもの「夢中の力」を信じる>を理念に、オンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」運営しています。できなかったことが「できた!」、分からなかったことが「分かった!」という経験を積んでいけるような学びの機会を提供したいと考えています。

おすすめ